ドライバーの飛距離と理想のドライバースイング

松山英樹

ゴルフメーカーのイメージ戦略

ホンマゴルフ

もっとドライバーを飛ばしたい!!と考えている多くのアマチュアゴルファーは有名メーカーの人気ドライバーを使っていると思います。
松山選手が使っているスリクソンや石川選手が使っているキャロウェイ、その他にもタイトリストやテーラーメイド、ブリヂストンなどトッププロたちが使うブランドはアマチュアゴルファーにとっても憧れであり、とても人気があります。
そういう私もドライバーはスリクソンを愛用しています。
テレビのコマーシャルで見かければ、ついつい欲しくなってしまいますし、ゴルフ雑誌を見ても有名メーカーの広告やインプレッション記事などで溢れています。
それを読めば、思わず買いたくなってしまうのもやむを得ないかもしれません。
有名ゴルフクラブメーカーは、それだけ広告費を投下して、認知度を高めているのです。

また、プロに大金を支払って、自社ブランドのクラブを使ってもらっています。
それはひとえに「アマチュアゴルファーにゴルフクラブを買ってほしいから」に他なりません。
つまり、ブランディングですね。
ゴルフメーカーもビジネスですから多くのアマチュアゴルファーにドライバーやアイアンを買ってもらうことで商売を成立させているのです。
そのためには、プロが使っているブランドとして、認知してもらい、「自分もプロと同じようにスイングしたい!」「ナイスショットを連発してスコア縮めたい!」と憧れてもらうこと。
そのプライドをくすぐることで購買につなげているのです。

これは、最近のホンマの戦略からも見て取れます。
イ・ボミや谷原秀人など、国内男女トッププロと契約し、アスリートゴルファーのイメージを強く打ち出そうとしています。
一度、経営が悪化した本間ゴルフが再起を図るために取った方法は、やはり「イメージ戦略」による販売拡大だったのです。
アマチュアゴルファーは「プロが使っている」というイメージに弱い。
憧れのあのプロのようにプレーしたい!と思ってしまうものなのです。

ゴルフクラブ製造はすべて外注

ゴルフクラブ工場

しかし、大手のゴルフクラブメーカーといえども、実は工場を持っていない場合があります。
メーカーと言いながら、自社では作らず、製造はすべて外注化しているのです。
国内で有名なゴルフクラブ製造地域といえば、まずは新潟が思い浮かぶのではないでしょうか。
近年では、コスト圧縮のために中国を中心とした海外で製造するメーカーも増えているといいます。
実際に自社工場で製造しているゴルフメーカーはごく少数であり、現実にはほとんどが外注化されているのです。
新潟県は金属加工業者が多く集積しているため、ゴルフクラブ製造が盛んです。
中でも遠藤製作所は上場しており、国内有数のゴルフクラブ製造工場です。
その他の地域では、兵庫県神崎郡にもゴルフクラブ製造業者が集積しています。
鍛造、製造、メッキ、研磨、組み立て、メンテンナス、卸売まで、一貫した製造~販売ラインが完成しています。

 企業名  住所  電話番号 業種 
 共栄ゴルフ工業(株)  兵庫県神崎郡市川町西川辺5  0790-26-2211  ゴルフ器具製造
(株)共和ゴルフ  兵庫県神崎郡市川町西川辺707  0790-26-0577  ゴルフ器具製造
(株)東邦ゴルフ  兵庫県神崎郡市川町西川辺677  0790-26-1135  ゴルフ器具製造
 堀江製作所  兵庫県神崎郡市川町西川辺662  0790-26-2405  ゴルフ器具組立メンテナンス
ゴルフテック叡智  兵庫県神崎郡市川町西川辺707  0790-26-1881  ゴルフ器具研磨加工
シモサキゴルフ  兵庫県神崎郡市川町西川辺648  0790-26-1919  ゴルフ器具研磨加工
 (有)藤本技工  兵庫県神崎郡市川町上田中133-1  0790-26-0297  ゴルフ器具製造
サカモトゴルフ製作所  兵庫県神崎郡市川町上田中123  0790-26-2486  ゴルフ用具卸販売
 光栄ゴルフ製作所  兵庫県神崎郡市川町甘地567-3  0790-26-0100  ゴルフ器具研磨加工
(株)多田鍛工所  兵庫県神崎郡市川町甘地880-1  0790-26-0495  鍛造
 (株)三浦技研  兵庫県神崎郡市川町小谷字東野257  0790-26-0773  ゴルフ器具製造
 オカモトゴルフ  兵庫県神崎郡市川町沢946-2  0790-28-1351  ゴルフ器具研磨加工
 井内ゴルフヘッド工業  兵庫県神崎郡市川町神崎130-1  0790-28-0375  ゴルフ器具研磨加工
 (有)共伸プレーティング  兵庫県神崎郡市川町甘地426  0790-26-2525  ゴルフ器具メッキ加工
岩木ゴルフ  兵庫県神崎郡市川町西川辺638  090-9717-1265  ゴルフ器具研磨加工
 ゴルフ工房タブチ  兵庫県神崎郡市川町小谷77-1  0790-26-4043  ゴルフ器具研磨加工

ゴルフクラブの製造はなかなか難しいビジネスだと言われています。
特にゴルフ競技者の高齢化が進み、昔ほどゴルフクラブが売れない時代になってきているのでメーカーの苦悩はさらに深くなっているでしょう。
そのためコスト削減は至上命題で、近年ではブランドの改廃なども頻繁に行われています。
例えばブリヂストンです。
依然はツアーステージというアスリート向けのブランドがありましたが、現在では廃止され、ブリヂストンブランドに統一されています。
これもコスト削減の一環なのです。
このように大手ゴルフメーカーであっても厳しい経営環境にあるため、どうしても自社で工場を持つことができず、製造部門は外注化してしまうということが起こるのです。

しかし、そこは大手メーカーです。
大手であれば市場占有率も高く、人気プロが使うブランドであれば一定量の販売が見込めます。
当然、大量生産の発注が可能になるので、製造単価を安くすることができます。
ある程度の販売量が見込める上に、製造コストを抑えることができれば採算ラインに乗ってくるのです。
製造の外注化で黒字化できるのであれば、自社で製造ラインを持つ必要はなくなってきます。
生産ラインを維持することで発生する様々な問題からも開放されます。
つまり、製造は完全に外注化してしまった方が安く上がるというのが、現代のゴルフ業界の実体なのです。

このように、一流メーカーのゴルフクラブも実は自社で製造していないのです。
もしかするとスリクソンのドライバーとブリヂストンのドライバーは同じ工場で生産されているかもしれません。
そうなると、メーカーによるドライバーの違いとは一体何なのかということになります。
もちろん設計に違いがありますが、製造に違いがないのであれば、ほとんど差がないのかもしれません。
たくさんの広告費を使ってゴルファーの目に触れる機会の多いドライバーはなんとなく飛ぶような気がしますが、実は決してそんなことはないのです。
むしろ、その広告費が商品代金に上乗せされているので、むしろ高いドライバーを買わされていると解釈することもできます。
大手のメーカーといえども自社の工場で作っているわけではなく、製造は外注化しているのですから、本当は、どのメーカーであってもそんなに飛距離は変わらないのかもしれません。

プロ使用ドライバーの裏話

ツアーバス

大手メーカーは、プロが使っていることを全面に出し、そのブランド力で販売を拡大しようとする戦略ですが、裏の事情はちょっと違います。
この事実はどのゴルフ雑誌にも書いていません。
当然です。
書けないのです。
ゴルフ雑誌はゴルフメーカーからの広告が大きな収益の柱になっていますので、メーカーの意に反することはタブーです。
なので、これから書くことはゴルフ業界内では、よく知られていても、一般のゴルファーには届けられない情報なのです。

実はプロが使っているドライバー、外観はそっくりでも、市販されているドライバーとはまったく別物の場合があるのです。
デザインは一緒にしていますので、一見しただけではわかりませんが、市販品とは似て非なるものなのです。
本当のトッププロは、細かいリクエストを出し、自分好みの専用ヘッドを作ってもらっています。
もちろん、デザインは市販品と一緒ですから、一般ゴルファーからすると、プロも同じモデルを使っていると信じてしまいますが、中身はまったく別物。
プロ専用モデルと言ってもいいものなのです。

以前、モデルチェンジ後の最新ドライバーがどうしても合わないというプロがいました。
そのプロは広告モデルを務めるメーカーの最重要プロのひとりでしたから、寄せられたリクエスト(クレーム)は無視できません。
それに、合わないドライバーを使わせて成績が落ちてしまえば、自社のブランドにキズが付いてしまいます。
決して放置できる問題ではありませんでした。
そこでとった手段は、外観は最新モデルのデザインにして、中身は旧モデルというドライバーを特別につくることでした。
それであれば、プロのリクエストにも応えられ、一般ゴルファーへのブランド訴求もできる。
仕方ない選択だったのかもしれませんが、裏では一般ゴルファーを欺くようなことをしているのが実体なのです。

自分に合ったドライバーを選ぶ必要性

つまり、有名ブランドのドライバーが必ず飛ぶわけではないということです。
このことをまず理解する必要があります。
実際、多く露出されている広告に触れると、すごく飛ぶようなイメージを持ってしまいますが、それはメーカーのイメージ戦略の賜物。
ブランドのキャラクターになっているプロも実際は似て非なるドライバーを使っているのです。
これが現実なのです。
憧れのプロが使っているからといって、市販されているモデルが飛ぶとは限りません。
そして、さらに言えば、大手ゴルフメーカー同士の比較もあまり意味がないかもしれません。
なぜなら、製造工場が一緒かもしれないからです。
設計に多少の違いはあっても、素材も製造技術も一緒であれば、それほど飛距離に差が出ないというのが実情ではないでしょうか。
広告のイメージで「あのドライバーは飛びそう」と思ってしまいがちですが、残念ながら、実際はそんなことないのです。

地クラブとは?!

このように、大手メーカーの広告に騙されてしまっているアマチュアゴルファーが多い実体を理解いただけたと思います(私も騙され続けているひとりですが・・・)。
しかし、ドライバーは大手メーカーの占有物ではありません。
大量の広告投下ができない小さなメーカーが出しているドライバーも実は沢山あるのです。
いわゆる「地クラブ」というやつです。
前述の通り、ドライバーの製造は専門の工場があります。
大手メーカーもそこを使って製造しているのが実態です。
その専門の製造工場がオリジナルブランドとして販売しているドライバーがあるのですが、これがメチャクチャ飛ぶのです。
まさに「知る人ぞ知る」というドライバーなのです。
多くの大手メーカーから製造を依頼されているので、ドライバーで飛距離を出すために必要な情報は嫌でも入ってきます。
それも各社の飛ばすための最新ポイントがわかってしまうのです。
そして、それを再現できる製造技術もある。
つまり、それらの条件を統一していけば、飛ぶドライバーが作れてしまうというわけです。
これが地クラブの最大の強みなのです。

高反発ドライバー

高反発ドライバーをご存知でしょうか。
高反発ドライバーとは、ルール以上の反発係数をもったゴルフドライバーのことです。
厳密に言えば、ルール違反なのですが、それでも厳然と高反発ドライバーが売られているのです。
高反発ドライバーは、地クラブの中にもあります。
ただでさえ飛ぶ、地クラブメーカーのドライバーで、かつ高反発ですから、その飛距離は圧倒的です。

HAYABUSAとは?!

代表的な地クラブの高反発ドライバーと言えば、HAYABUSA でしょう。

このHAYABUSA、なにしろ飛びます!!

今、最も飛ぶドライバーとして、トップアマの中で話題の1本です。
もちろん、反発係数が基準を超えていますので、試合では使えません。
少量生産なので、知名度はありませんが、高価な素材を使った最高の1本といえるでしょう。
このHAYABUSAドライバー、知人が使っていました。
普段は飛距離で負けたことがなかったのですが、あるとき、オーバードライブされてしまったのです。
「おかしいな・・・」と思い、確認してみると、使っていたドライバーがHAYABUSAだったのです。
あまりの飛距離に私も迷わず購入。
今もプライベートゴルフで使っていますが、コースで打つと普段のエースドライバーと15ヤードは違います。
その飛距離の差には驚かされます。
それくらい高反発ドライバーは飛ぶのです。

ただ、このHAYABUSAドライバーは、軽量で振りやすく設計されているので、アスリートゴルファー向きではないかもしれません。
どちらかと言えば、最近ヘッドスピードが落ちてきたかなぁと自覚がある、40歳以上のゴルファーに適していると思います。

繰り返しますが、高反発ドライバーなので、プライベートゴルフしか使えません。
所属コースの月例やその他の試合で使ってしまうと失格になってしまいます。
それを前提に、飛距離の優越感を感じたいなら、HAYABUSAドライバーが絶対にオススメです。
少量生産なので、価格が安いわけではありませんが、あの頃の飛距離を取り戻したいなら、決して高とは感じないないはずです。
卑怯と言われても、お金で飛距離を買うと割り切れれば、このHAYABUSAドライバーを使うべきだと思います。

以下に私も愛用しているHAYABUSAドライバーのインプレッションを紹介します。
練習場でも、スリクソンのエースドライバーより、圧倒的に飛んでます。
 

HAYABUSAのヘッド形状

HAYABUSAのヘッド形状は、いたってオーソドックスです。
460ccなりの大きさで、やや洋ナシ型に近い印象です。
ディープフェースですが、構えたときに、あまり厚みを感じさせない見た目なので、あまり力むことなく、自然に飛ぶイメージが湧いてきます。
ソールには凹みがあり、重量配分がされているようです。
これにより最適な重量バランスがされているので、無理なく打ち出し角を高くでき、同時にミート率を上げることに成功しています。

構えた感じ

ヘッド形状

フェース面

ヘッドのソール

HAYABUSAのシャフトとグリップ

この専用シャフトが絶妙です。
私はフレックスSを使っているので、ドライバーの総重量は292gです。
最初はやや軽いかなぁと心配しましたが、使ってみると、決して軽すぎず、でも重すぎない。
そう感じるのは、ヘッドとのバランスがよいためです。
総重量は軽いのですが、ヘッドが効いているので、全体として軽く感じないのです。
そのため、遠心力が使えるスイング、つまり、腕の力を抜き、軽く振るだけでヘッドスピードが上がるのです。
結果、まったく違和感なく、最後まで振り抜けます。
いわゆる「オートマチックなスイング」ができるドライバーと言ってよいでしょう。
尚、グリップはGolfPrideのラバータイプが標準で装着されています。

シャフト

HAYABUSAのヘッドカバー

ヘッドカバー

HAYABUSAの実際の飛距離

エースドライバー(SRIXON Z745 Diamana R 60 ロフト:9.5 フレックス:S レングス:45)は、吹け上がりを押さえたいので9.5度を使い、低めのライナーボールを打っています。
また、コースではOBを避けたいので、基本的にはフェードが出るセッティングにしています。
そのため、練習場での着弾位置は、軽いフェードがかかった低めの場所になっています。
一方、HAYABUSAは、同じスイングでもドローが出ます。
また、ロフトが10.5度なので、打ち出し角が高く、無駄なスピン量が減っているようで、かなりのハイボールが出ます。
いわゆる「ハイドロー」が自然に打てるのです。
練習場では、ネットに当たってしまいますが、コースだと落ちてからのランが期待できる球筋です。

着弾位置

 

その他の地クラブメーカー紹介

RODDIO

RODDIO

株式会社 スポーツライフプラネッツが展開するゴルフブランドがRODDIOです。2008年7月ダイワ精工株式会社(現グローブライド)のアフターサービス部門が独立分社化した地クラブメーカーとして有名で、新しいサービスや、チューンナップ・ドレスアップサービス、そして、あらゆるコアユーザーの尖がったカスタムパーツ・カスタムサービスを提供しています。2012年3月に、グローブライド株式会社のゴルフパーツ事業も引き継ぎ、ダイワロッド技術を駆使したゴルフシャフトパーツ、またそのシャフトにベストマッチのヘッドパーツを開発しゴルフパーツプレミアムブランドとして、こだわりのあるゴルファーに支持されています。

FUSO DREAM

FUSODREAM

フソウドリーム株式会社は、自動ドアメーカー扶桑電機工業の子会社としてゴルフクラブを製造しています。「ゴルフを愛するゴルファーのため、高品質なゴルフクラブを提供し、明るく楽しいゴルフ人生を共に歩む」をミッションとし、オリジナルヘッド・シャフトを提供しながら、ブチゴルの総代理店として良質なゴルフクラブの提供に取り組んでいます。また、弾道測定器を活用し、ゴルファーにフィットした満足度の高いオーダークラブの提供に研鑚を重ねながら、「フソウドリームユーザーズ倶楽部」を設立し、研修会や合宿を行っています。

RomaRo

ROMARO

株式会社ロア・ジャパンが展開するゴルフブランドです。数年前、福島晃子プロと浩子プロの姉妹が使用したことで、急激に知名度を上げたブランドになりました。特徴を一言で言えば、フェアウェイウッドとユーティリティが他社と比べてとてもやさしく扱え、しかもかなり飛ぶこと。これまでグリーンオンを諦めていた、160Y~200Yを確実にのせられれば、ゴルフの醍醐味が味わえ、しかもスコアに繋がる。RomaRoはここを極めたクラブといえる。

 

AKIRA

 

JBEAM

 

ムジーク

 

ゴルフヘッド

 

BUDDY

 

フォーブス

 

フライハイト

 

日幸物産

 

RAZZLE DAZZLE

 

George Spirits

 

MaxSoul Golf 

 

ZIPP GOLF

http://zippgolf.com/

 

Masda golf

http://masdagolf.com/

 

ジョイメニィー

http://www.joymany.com/

 

Modart

http://www.modart.jp/

 

DOCUS

http://www.docus-golf.com/

 

EPON GOLF

Home

 

ゴリラジャパン

http://www.gorilla.co.jp/index2.html

 

KAMUI

http://www.kamuipro.co.jp/

 

SYB

http://www.syb-golf.com/

 

カムイワークス

http://kamuiworksjapan.com/

 

ABROADゴルフ

http://www12.plala.or.jp/abroad/

 

P-tune

http://p-tune.net/

 

BALDO

http://evangelist-japan.co.jp/

 

JUSTICK

http://www.justick.co.jp/

 

The MYSTERY

http://www.mystery-jp.com/

 

Grandista

http://grandista.com/

 

METAL FACTORY

http://www.metal-factory.jp/

 

TEAM YOSHIMURA

http://www.team-yoshimura.com/

 

マスターズ

http://www.mastersgolf.co.jp/

 

ルーツゴルフ

http://www.rootsgolf.jp/

 

Cgs Orion

http://cgs-orion.com/company/

 

SONARTEC

http://sonartec-s.com/

 

Edel Golf Japan

http://edelgolfjapan.com/

 

golden ratio

http://www.goldenratio-golf.com/

 

EON SPORTS

http://www.eon.co.jp/

 

福山ゴルフ

http://www.fukuyamagolf.com/

 

GrandPrix

http://www.gp-golf.com/

 

EMILLID BAHAMA

http://e-bahama.com/

 

ミライゴルフ

Home

 

三浦技研

http://www.miuragiken.com/

 

藤本技工

home

 

共栄ゴルフ

http://www.kyoeigolf.co.jp/

 

Zodia

HOME

 

EVEN GOLF

http://www.even.gr.jp/