ドライバーを飛ばすために必要なメンタル

ドライバーショット

ドライバーを飛ばすための心構えとは?

ドライバーを飛ばすためには、メンタル面の充実も必要です。
ゴルフはメンタルが影響するスポーツです。
パットだけではなく、ドライバーであってもメンタルが重要になってくることは言うまでもありません。
それほどゴルフとメンタルは密接な関係にあるのです。

何より大事なのは「飛ばす」とイメージすること

飛ばすイメージ

まず、ドライバーの飛距離を伸ばすにあたり、なにより重要なのは、「飛ばしたい」という気持ちです。
これが大切なのは今さら説明の必要はないでしょう。
前述の通り、ゴルフはイメージのスポーツです。
やはり、自分が飛ばしている姿をイメージすることが大切になります。
よく「力むよりリラックスしたほうが飛ぶ」と言う人がいます。
これは、ある面では正しいと思います。
リラックスして、ヘッドを走らせる方が飛距離が出ることがあります。
しかし、それだけでは最大の飛距離を出すことができません。
やはり、ある程度の力みは必要だと思います。

プロのスイングはどうなっているのか

プロのスイングをみてください。
リラックスしているような、力が入っているような、なんとも絶妙なバランスをしていると思います。
分かりやすく言うなら、必要な箇所には力を入れているけど、それ以外のところはリラックスしているのです。
アマチュアゴルファーは、このバランスが理解できていないと思われます。

ずっしりとした下半身とリラックスした上半身のバランスなのです。
アマチュアゴルファーは、飛ばしたいと思う気持ちが強すぎて、上半身をうまく使えていないのです。
そのために、自分自身の最大の飛距離を常に再現することができなくなっているのです。

自分にとっての最適なバランス

そのためにはまずは自分の最適な力加減を知ることです。
どれくらいの脱力が自分にとって最適なのか。
これは人によって違います。
なので、最初は思いっきり力を入れてフルスイングをしてみてもいいかもしれません。

マン振りにミスは付きもの

飛ばしたいと思って、思いっきり肩に力が入ってしまい、ドラコンホールでミスをしたからといって、いちいち落ち込んでいてはいけません。
そのミスは進化の過程だと考えるべきです。
本当に飛ばしたいのであれば、思いきり、身体が壊れるくらいマン振りしてください。
芯を食ったら、気持ちいいくらい球は飛んでいきます。
ドラコンホールだからといって、フェアウェーに置きにいくような気持ちで、コントロールショットをしたら、絶対に飛距離は出ません。
最初は曲ってもいいので、とにかく思いっきり振り回すことが必要だと思います。
「今、力んでるな」と、自分で分かるくらい力んでみてください。

当てにいかないスイングを

飛ばし屋のスイングを見てください。
素振りからマン振りしている場合が多く見受けられます。
素振りではマン振りできているのに、実際にポールを前にすると、振りが小さくなってしまう人を時々見かけます。
自分もスイングに自信がない人なんでしょう。
飛ばしたいのであれば、こんな格好悪いことをしていてはいけません。

なぜ、小さなスイングになってしまうのかといえば、不安な気持ちに勝てないからです。
飛ばしたいのであれば、頭のどこかにある「曲げたくない」とか「当たるかな」という不安な気持ちを、なにより払拭しなければならないのです。
飛ばすためには考え方、つまりメンタルが重要になってくるのです。
不安を払拭し、自分の持っている最高のスイングをすることは、メンタルの役割でしょう。
「当たれば飛ぶんだ」という自信。
「自分は多少力を入れて振ってもスイングリズムが崩れることがない」という自信。 このような気持ちが、小さなスイングしてしまう不安の元を消し去ってくれるのです。
飛ばしたいのであれば、まず自分の目いっぱいのスイングを知ること。
そして、曲がってもいいからコースでそのスイングを繰り返すことです。
それを実践しているうちに曲がる恐怖を克服するメンタルが養われるはずです。
 

 

ドライバーを飛ばしのために必要なストレッチ

加齢による柔軟性の欠如

柔軟体操
「ドライバー飛ばなくなってきたなぁ」と思うことがありますが、同時に自分の年齢を感じてしまうのではないでしようか。
加齢を感じるのは、なにもドライバーの飛距離だけではありません。
昔は7番アイアンで打っていたショートホールが、無風なのに届かなくなる。
こんな場面でも「飛ばなくなった・・・」と実感させられます。

ゴルフ以外でも階段の上り下りに疲れを感じたり、四十肩、五十肩になるのも肩周辺の関節が硬くなってきたからです。
もっとヒドい場合には、歯を磨いていてぎっくり腰になる人もいるようです。
このように、人間の身体は、放っておけば加齢と共に硬くなり、柔軟性を失っていくのです。

柔軟性を維持してスイングを作る

バックスイングが浅くなり、フィニッシュが取れなくなる。
これは上半身の筋力が硬直している印です。
こうなってしまう前に、毎日のストレッチで硬くなる身体をほぐしていきましょう。
特に肩の回旋運動は大切です。
ゴルファーは肩関節の柔軟性が生命線と言っても過言ではないはずですので、日々、ストレッチを欠かさないようにする必要があります。
具体的な方法ですが、まずは両手を水平に広げ、ヒジを伸ばす。手首を直角に折り曲げます。
その状態のまま雑巾で窓ふきをするように、肩を回します。
これを何セットか続けましょう。
次は、両ヒジを曲げ、胸を開くようにしながら身体の横につけます。
指は伸ばして、手のひらは内側を向いています。
この姿勢から、手のひらを外側に向けながら、両ヒジを頭の上にゆっくりと伸ばしていきます。
このとき、ヒジが顔の前にこないようにしつつ、できるだけ耳に近づけて、呼吸を止めず、大きく伸びをするようにしてみましよう。
肩甲骨のあたりがつりそうになった人や脇に近いあたりが痛くなった人は身体が硬くなっている証拠です。
このストレッチも、繰り返すことが大切です。
昼休みのオフィスでもできると思います。

肩のストレッチの3つ目は、いわゆるマエケン体操です。
カープファンの方はよくご存じですね。
現在はメジャーリーグドジャースにいる前田健太投手が、広島カープ時代にイニングの合間にベンチ前でやっていた体操です。
肩甲骨周りのストレッチ、可動域を広げるという大きな効果を上げるマエケン体操のやり方は簡単です。
足を軽く開き、少し前かがみになって両肩を交互にグルグル回します。
腕の力は抜いたままです。
これが終わったら、両ヒジを同時に後ろに引っ張るようにして肩甲骨を広げるだけです。

次は、プロゴルファーがコースでやっているのをよく見かける2パターンのストレッチです。
右ヒジを伸ばし、そのニの腕を折り曲げた左手で押すようにして左へ持っていく。
右肩があごの下に入るまでできるように頑張りましょう。
左右、ゆっくりと行います。
これとは反対側を伸ばすストレッチも忘れずに行うことが必要です。
片ヒジを曲げたまま頭の上に上げ、反対側の手でこれを後ろに押す。
これまた左右、ゆっくりと呼吸を止めずにやってください。
練習前にするだけで、ケガの防止につながり、続けることで可動域は確実に広がります。
アンチエイジング効果は抜群ですよ。

股関節のストレッチ

股関節
肩だけでなく、股関節のストレッチも忘れずにやるといいでしょう。
股関節を軟らかくすることで、ケガは随分減ります。
股関節が柔らくなると、バックスイングがしっかり入るようになりますし、腰痛の対策にもなります。
アグラをかくように座り、左右の足の裏を自分の正面で合わせる。
背筋を伸ばし、両ヒザを両手で持って、床にできるだけ近づけるように押す。
ゆっくりと、股関節が伸びるのを意識しながら、10回程度が1セット。これを何セットか繰り返します。
もう一つはいわゆる相撲の四股踏みです。
高く足を上げて、四股を踏めれば一番いいのですが、場所もなければヒマもないなら、その手前まででも十分です。
両足を広げて立ち、ゆっくりとヒザを曲げて背中は丸めずに腰を落とします。
腰を深く落とせば落とすほど、股関節は伸びます。
これなら、それほど場所もいらず、目立ち過ぎないから簡単にできますね。

これはいずれも簡単なストレッチばかりです。
飛ばしを追求し続けたいのであれば、各部位のストレッチを継続してください。
「年取って身体が硬くなっちゃって・・・」なんて言い訳はなしにしましょう。
一生懸命年齢による体力低下に抵抗することが必要です。
いわゆるアンチエイジング対策をできる限りしないようでは、飛ばし屋への道は遠ざかる一方です。

ドライバーで飛ばすための練習

練習

飛ばすための練習メニュー

当たり前ですが、飛ばすためには練習も必要です。
そのための器具を使ったトレーニングも積極的に取り入れてみてください。
「飛ばす=筋肉を付ける」と短絡的に考えるのではなく、効率的に飛ばすためにはなにをすべきかを優先的に思考することが大事です。

基本は素振りでつくる

お勧めしたいのは「重たいクラブでの素振り」です。
野球でいうところの「マスコットバット」とお考えください。
これは昔からある、とても簡単な練習方法ですが、非常に効果的です。
実際にコースで使うドライバーより重いものを振ってスイングをつくっておくと「本番でいつものドライバーが軽く感じて楽に振れる」という効果があります。
また、それ以上に大切なのは、人間は自分の持てる能力を最大限に使うことに慣れておくと、メンタルの部分で自信が持てるようになるので、コースでも堂々とスイングできるようになるという点です。
このように、肉体的な意味とメンタル的な意味の両面でお勧めしたい練習方法です。

飛ばしたいのであれば、どんどん重いクラブを振りましよう。
大型のゴルフショップに行くと、沢山の重たいクラブが売られています。
ゴルフバッグに重たいクラブを1本入れておき、練習場でウォーミングアップ代わりに軽く振るだけでも効果があると思います。
また、毎晩、夕食後にでも振る習慣が付けられれば、知らぬ間に筋力が付き、飛距離も出るようになりますし、スイング軌道が安定するようになります。

また、「長い竹ぼうきを振る」というような原始的な方法も決して無意味ではありません。
重いもの、長いものをゆっくりと振ることでスイングはつくり上げられます。
軽いクラブを力まかせに振り回すより、重く長いクラブを自分のタイミングでゆっくり振っていく方が飛ぶのです。
重たいクラブを無理せず振って、自分の能力の最適値を体感できると、これまでのスイング概念が変わるかもしれません。
決して、振りすぎなくなり、打ち急がなくなります。
トップスイングから、焦って全力で振り下ろすことがなくなると思います。
ゆっくり繰り返し、ゆっくりダウンスイングができるようになる。
力まないけど、なぜか飛んでいる。
こんなスイングが手に入ると思います。

実際、重いクラブを振り続けていると体幹は鍛えられますし、体力の低減するカーブを緩やかにすることができます。
自然にスポーツジムに行っているような成果が得られるはずです。

大切なのは、重さと空気抵抗です。
重いクラブや練習器具、竹ぼうきを振る、あるいはチユーブを引っ張る。
それ以外にも昔のスポ根マンガのように公園に埋まっているタイヤを叩くなど、方法はいくらでもありますね。

飛ばすための練習は、スイングをつくる基礎練習とはちょっと違います。
パワフルなスイングができる力をつけるには、重い練習器具が効果的です。
これをゆっくり振ることで体幹が锻えられ、パワーアップします。
次に、スピードをつけてクラブを振る能力(筋速度)を上げるためには、細い練習器具をリズミカルに小気味よく速く振るトレーニングがお勧めです。
様々な器具が売られているので、探してみてください。

いずれにしても、飛ばすことを意識しながら並行して鍛えることが重要です。
毎日、50回ずつ、重たいクラブで素振りをしてみてください。
パワーとスピードを並行して磨けば、必ず効果は出ます。
練習場でもコースでも、これまでにない飛距離が出るようになり、その効果を実感できるはずです。

飛ぶドライバー

ドライバーショット

最新のドライバーは本当に飛ぶのか?

ゴルファーなら、テレビはもちろん雑誌、ウェブなどで展開されているクラブの広告に目が行きますよね。
「最高の飛び」「プラス◯◯ヤード」的なキャッチコピーです。
毎回毎回、新製品が出るたびにそんなことをいわれても「ホントかな」と疑いたくもなります。
だって、毎回10ヤードも飛ぶようになるなら、数年前に比べもう30ヤードも距離が伸びているはずですし、数年後はプラス30ヤードも飛んでいるはずです。

ということは、さすがに言い過ぎなのかと思います。
でも、そのコピーを信じたくなる気持ちは分かります。
もっと飛距離を伸ばしたいと切に願う私も「もしかしたら飛ぶのかも・・・」と思ってしまいますから。

実際にプロの飛距離は伸びている

一方で、プロも平均飛距離が年々伸びていますから、あの宣伝文句も強ちウソではありません。
技術の進歩というのはすごいもので、年々、新技術の恩恵を受けた飛ぶクラブが発売されているのは紛れもない事実です。
1年前のモデルと比べると目に見えた飛距離アップはないかもしれませんが、5年前のものと比べたら確実に飛ぶようになっているはずです。
ある程度の飛距離はドライバーの技術革新で実現できるのです。

あなたはいつのドライバーを使っていますか?

このあたりを踏まえた上で、改めてゴルフバッグの中をのぞいてみてください。
使っているクラブは最新モデルですか?まさか15年前に買ったクラブが入っていたりしませんか。
場合によっては、パーシモンのドライバーかもしれません。
それだとしたら、いくらなんでも古すぎです。
糸巻きボールに合っているクラブですから、今のボールには合いません。
おそらく、まったく飛ばないと思います。
せめて5年以内のクラブを手に入れてください。
中古ゴルフクラブショップに行けば、数千円でいいドライバーが手に入ります。

ドライバーの歴史的変遷

パーシモン
ここ20年余りのウッドの歴史は、パーシモンからメタルヘッドになり、チタンヘッドを経て現在のデカヘッドになりました。
ある程度の飛距離を求めるのであれば、ここ5年以内に発売された460cc程度の大きめのヘッドのドライバーが必須になります。
やっぱり、大きなヘッドのドライバーの方が飛ぶことは確実です。

自分に合ったクラブヘッドを見極めよう

基本的には新しいモデルであればあるほど飛びます。
これは間違いありません。
ただ、それでも自分に合わなければうまく当たらない。
つまり、平均飛距離は上がらない。
だから新しければなんでもいいというわけではありません。
当たり前ですね。クラブの特性を知って、自分に合うドライバーを選ぶ必要があります。

ドラーバーヘッドの大きさ

ドライバーのヘッド容積は460ccまでに規制されています。
大きくなればなるほど、ボールに当たりやすくなり、スイートエリアも大きくなります。
つまり、易しくはなるのですが、当然のことながら空気抵抗は大きくなります。
実は、これがイヤだという人も多いのです。
特にプロの中には400cc前後のヘッドを好む人もいます。
自分に合った大きさのヘッドサイズを知るためには試打が必要になります。
実際に打ってみた上で自分が一番振りやすいヘッドを選んでください。

自分の合ったドライバー

曲げたくない人は、自分が大き過ぎると感じない範囲で、できるだけ大きいヘッドのほうが楽でしよう。
飛ばしたい人は、自分が一番速く振れそうに感じるサイズと形状を選ぶことが一番大事です。
箱型に近い形状をしているドライバーヘッドには重心位置、重心深度があります。
さらに、重心距離、重心高もあり、それぞれによってボールの打ち出し角度は変わってくるのです。
ヘッドが小さくなると、重心距離は小さくなり、アイアンのようにフェースの開け閉めをして打てるようになります。
ドライバーのヘッドは大きさ、重心距離、重心深度などを踏まえて、自分に合うものを選ぶことが肝要です。
ただ、ドライバーヘッドだけで飛距離は決まりません。
ヘッド以外の重要なパーツがシャフトなのです。

シャフト選びもドライバー選択の重要な要素

シャフト
お使いのドライバーには、どんなシャフトが装着されていますか?
シャフトにはいろいろなタイプがあり、それぞれ重量が違います。
スティールだとシャフトだけで1本100~120g。カーボンだと40〜70gくらいでしょうか。
人それぞれに最適な重量がありますが、よほど腕に覚えのある若者でなければ、ドライバーのスチールシャフトはお勧めしません。
その理由は当然、重さです。
タイガー・ウッズでさえ、20代後半にはスティールからカーボンシャフトに変えていました。
つまり、アマチュアゴルファーにスチールシャフトのドライバーは使いこなせないとうことです。
シャフトはしなるものなので、スイング中のタメをシャフトでつくることも消すこともできます。
シャフトによってしなる場所は違います。
ここをキックポイントと呼びますが、先調子といわれるものは、先端(ヘッド側)がしなるようにできたシャフトです。
これはスイングの弧の一番先の部分がしなることになるため、ものすごく加速します。
ヘッドが走るので、飛びます。
しかし、その分、アジャストが難しく、曲がりやすいという特性があります。
自分のスイングに合ったものを見つけるのは難しいですが、見つかれば飛距離は間違いなくアップします。
次に中調子。
真ん中部分がしなるシャフトなので、シャフト全体がしなる感覚だと想像してください。
もうひとつ、手元調子といわれるものは、グリップに近い部分がよくしなるシャフトです。
これはハードヒッターが、トップから一気に加速してくるときにしならせたくて使います。
3種類のシャフトのうち、どれが一番合っているのかはいろいろ試す必要があると思います。
スイングタイプもありますが、それぞれの感覚も大切にしたいところです。
タメの大きい人はシャフトがよりしなるので、硬めを選んだほうがいいと思います。
ただ、その感覚自体も全員が同じというわけではないので、やはり試打をして、専門家に見てもらうのがベストでしょう。

シャフトには、先調子、中調子、手元調子がありますが、実はシャフトというのはどれも、最もヘッド側の部分が一番柔らかくつくられています。
反対側、つまり手元側が一番硬くなっている。
それを大前提としたうえで、硬さのバランスによって先調子、中調子、手元調子の違いが出るということですね。

その中で、心地よく振れるクラブを選ぶことが大事なのです。
しかし、それで失敗することだってあります。
たとえ試打しても、お店で振るのとコースで振るのでは、実は随分違っています。
プロだと練習ラウンドと試合では全く違うのですが、アマチュアゴルファーもショップでのスイングはコースでの8割くらいになっているはず。
練習場でも、やはりコースとは違うと思います。
やはり一番良いのはコースで試打することですが、なかなかそうもいきません。
だから、ショップで試して合ったものより、1ランクくらいオーバースぺックのものを選ぶと大体うまくいくと思います。
ここでいうオーバースペックというのは、硬さや重さが、1段階タフなものを指しています。
絶対にダメなのは、アンダースペックのものです。
これは使い物になりませんので、絶対に買わないでください。

どうしても飛ばしたいなら、「ヘッド」と「シャフト」それぞれにこだわる

シャフト
実際に自分にあったドライバーを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。
今のドライバーはヘッドとシャフトが別々に選べますが、通常は既製品のシャフトをつけて売られています。
でも、既製品のシャフトは万人向け。
万人向けということは、言い換えれば個々には合っていないということになります。
だから、一番いいのは、使いたいヘッドに自分に合うシャフトをつけるということです。
もちろん、お金のかかる方法です。
少しでも安くこれをやろうと思うなら、まず使いたいヘッドのついたクラブを中古ショップで手に入れ、そしてシャフトだけは、自分に合うものを購入すればいいのです。
ただし、シャフトもそれなりの値段です。
さらに、もう少し確実なのは、各メーカーの一番カを入れているドライバーのスペックを信用することです。
練習場などで量販店やメディアなどがやっている大規模な試打会に行けば、人気のドライバーが打てます。
自分専用のシャフトはありませんが、各メーカー一押しのドライバーが打てるので、大体の感覚はわかると思います。
人気クラブは多少、順番待ちをすることになるかもしれませんが、それだけの価値はあります。
ここで、自分のヘッドスピードが一番上がるヘッドのドライバーをみつけるのです。

自分に合ったドライバーヘッドが分かったら、次はそのメーカーの試打会に行きましょう。
今度は、様々なシャフトが用意されているので、それを選ぶのです。
硬さ、トルク(ねじれ)、重さ、キックポイント(先調子なのか、中調子なのか、手元調子なのか)など、それぞれをよく試して、合うものを選びます。
先に見つけたヘッドに、そのシャフトをさせば、お気に入りの1本ができあがります。

もちろん、既製品のシャフトがついたものでピッタリ合うものがあれば、ラッキーなことです。
それぞれの試打会はネットで探せば見つかりますから、少し手間とお金をかけて、自分に合った武器を手に入れましょう。
「少しでも飛距離を伸ばしたい」という人は、是非試打会に行ってみてください。
また、もし中古品でもいいという場合は、最新モデルより2つか3つ型落ちというところがコストパフオーマンスもよく狙い目です。
松山英樹プロでも前のモデルがいいといってそれを使い続けているくらいですからね。
 

シャフトでつくるタメ

飛ばすためには、身体ではなくシャフトでつくるタメが必要になります。
シャフトでつくるタメがほどけること、つまりリリースすることで、できるだけシャフトに仕事をさせる。
シャフトのしなりが戻るときの返しがもう一つのタメなのです。
シャフトがしなればしなるほど跳ね返り、つまりタメを多くすることができます。
そのため、できる限り軟らかいシャフトを使えば、ヘッドスピードが遅い人でもタメが増えて飛距離を上げることができるという理屈です。

その弊害として、しなればしなるほど、ヘッドが正確に戻らなくなり、球が散ります。
でも、飛ぶので、どちらを優先するかという判断になります。
フレックス(硬さ)でタメを作り、トルク(ねじれ)でスナップ、つまり加速を加えるというように、できる限りシャフトに仕事をさせるのがコツです。
トルクといわれるねじれは、カーボンシャフト特有のものです。
フラットなスイングで、しなりとねじれをうまく使えば、飛距離は得られるというわけです。
もちろん、飛距離だけを求める場合の選択です。
飛んでも曲がらないのならそこに違う要素が入ってくることになります。
でも、曲がってもいいから飛ばしたいというのなら可能性を追求してください。

自分が振れる最も長いシャフトを選ぶ

飛ばしにはスイングアークの大きさが必要ですが、シャフトの長さによってスイングアークをさらに長くするチャンスがあります。
クラブが長くなれば、自然にアークが大きくなるのは、当然です。
シャフトが1インチ伸びれば0,7〜1m/s程度ヘッドスピードがアップするといわれていますので、チャンスがあるなら、ルールで許される最大48インチのドライバーを試してみる価値があるかもしれません。
ドラコン王が、長いドライバーを使っているのも、もちろんその効果を生かしたいからです。

しかし、ドライバーが長くなればなるほど難しくなるのはいうまでもありません。
長くなればヘッドスピードが上がるという理論は、長くなっても同じスピードで振ることができるという前提に基づいた机上のものです。
いつも使っているお箸と中華料理で出てくる長い菜箸で大豆をつまむシーンを想像してみてください。
長い箸のほうが難しいのはすぐに分かるでしょう。
とはいえ、ドラコン王たちのように、長いクラブも同じように振ることができれば、飛距離は大きくアップします。
一方で、シャフトを短くしたらヘッドスピードが速くなったという話もよく聞きます。
でも、これは振りやすくなったからというだけのこと。
長いクラブは上手く振れないけれど、コンパクトなクラブなら効率よく振れたということなのです。
でも、短くしてヘッドスピードの上がった人は、それだけのポテンシャルを持っているということですね。
だから、長いクラブに慣れることができれば、さらに飛距離は伸ばせるという理屈になります。
いずれにしても、心地よく振れる最大の長さを見つけることが重要です。
飛距離が落ちるのは、つまらないですよね。
飛ばしは、意識することで復活します。
ドラコン王とまでは行かなくても、飛距離の追求はいつまでもやめたくないものです。

お金さえあれば飛距離は買えるのか?

ドラコン
ズバリ!答えは「買える」です。
こういってしまうと身もフタもないのですが、やはり高価なものには高価なだけの理由があるからです。
当たり前でが、お金に糸目を付けないで本当に自分に合ったシャフトとヘッドをフルオーダーすれば、きっともっと飛ぶドライバーが作れると思います。
決して量産品が悪いといっているわけではありません。
ですが、どんなに頑張っても量産品のできあがりにはバラつきが出ます。
基本的に、ゴルフクラブはルールに基づいて作られています。
ギリギリ規定内のクラブが一番効力を発揮するのはいうまでもありませんので、当然、メーカーは違反にならないスレスレのところでクラブを作る努力をします。
手作りであれば、問題なくこれができるのですが、当たりはずれのバラつきがある量産品では、違反クラブが出てしまう可能性もあるわけです。
これでは困ります。
違反品で競技に出れば失格になってしまいます。
だから量産する場合には、最初から限界ラインを少し下げて設定することになるわけです。
つまり、本当のギリギリではなく、安全な範囲でのギリギリです。
この違いは大きいでしよう。
だから、高いものほど、ホントのギリギリになる。
つまり飛ぶわけです。
「高いものは飛ぶのか?」という単純な質問への答えは「飛ぶ」ですが、すべての人に合うかどうかとなると話は別です。
高くても合わないものはいいとはいえない。
気をつけてください。

ドライバーが飛ばない

飛ばすメカニズム

スイング軌道と飛ばしのメカニズム

スイング軌道と安定性も重要な飛ばしの要素です。
バランスのよいスイングをするには、フィニッシュの姿勢が大切です。
フィニッシュで静止できていれば、ショットが安定するはずです。
逆に、フィニッシュがきちんととれていない人は、インパクトでスイングが終わってしまっているのかもしれません。
フィニッシュがとれない人は、点で打つようなイメージになってしまっていると思われます。
時差を持ってバラバラに動いていたつま先、ヒザ、腰、肩、腕(クラブ)が、フィニッシュで揃うように意識するとバランスがよくなるはずです。

アウトサイドインの問題点

アウトサイドイン
大半のアマチュアゴルファーのスイング軌道はアウトサイドインになっていると思います。
つま先、ヒザ、腰、肩、腕(クラブ)がそれぞれ時差をもって動くのがスイングですが、それでも、バックスイングをしたとき、スイングという円運動の中で、一度たりとも飛行線の外側にヘッドはきていないはずです。
アドレスからイメージしてください。
ヘッドはどこにありますか?常に身体から一番遠いのがクラブヘッドですよね。そこがボールにあたるわけです。
それに対する円運動がスイングというわけです。
時計盤をイメージすると分かりやすいと思います。
クラブヘッド〈ボール〉は時計の針の先にあたります。
これが文字にあたる飛行線の外側(身体から離れた側)に出ることはあり得ないでしよう?
だってグリップは常に一番中心に近い針の位置で、ボールの位置は時計の6時の文字の場所。
外側に出たらそこに戻ってこないわけですから。

正しいスイングはインサイドイン

インサイドイン
だから、クラブ軌道はインサイドインが正しい通り道なのです。
インサイドからきて最下点でボールに当たる。
ボールに最大の力が加わるためには、クラブがインサイドから入ってこなければいけません。

ここで覚えておいてほしいのは、インサイドから来たクラブがインパクトを迎えたときに、フェースが閉じていれば実際のロフトよりも少ない角度でボールに当たることになるということです。
当然、スピン量は減ります。
ボールがあるべき高さで空中に上がるためには、必ずバックスピンが必要です。
これがなければ高さは出ません。
揚力を生むには適切なスピン量が必要なのです。
クラブフェースが閉じてインパクトを迎えてしまうと、スピン量が減ってボールが上がりません。
逆にフェースが開いていれば、縦回転のスピン量は増えることになる。
ボールは高く上がりますが、今度は距離が出ないというわけです。
フェースを返すという動きは、ヘッドを走らせるという動きでもあるのです。
球の高さが出なくなって飛距離の落ちる人が非常に多く見受けられます。
ヘッドスピードが下がったら、その分、入射角を低いところから高いところに抜くイメージ、つまりアッパープローで打ってみてください。
これは悪くない対処法です。

また、インサイドからきた軌道で、シャットフェースのままインパクトすると球は上がりません。
左軸で回転してしまうことになり、俗にいうチーピンが出てしまう可能性が高くなります。
もっとタチが悪いのは、インサイドから入ってきたのにフェースが開いてしまうケースです。

スピン量は増えているのですが、弾道はプッシュ系スライスになってしまって、ボールがつかまらない。
これは、クラブがリリースできていないから起こる事態です。
是非、左サイドの力べを意識してリリースできるようにしてください。

アウトサイドからクラブが入ってきてしまう人についても検証してみましよう。
手打ちになっていませんか?
ダウンスイングのときにも、最初の時差のまま、身体が回転しているのだと思います。
トップから切り替えしてダウンスイングから、時差は徐々に詰まっていき、腕(クラブ)が身体を追い越していく瞬間がインパクト。
こうするためには、時差が変わらないままではうまくいきません。

こういう人の対処法としては、アドレスで構えた形そのままに、身体をねじってみてください。
横ぶりするイメージといえば分かりやすいでしようか。
前傾姿勢の角度が、アドレスより立つようにすると、クラブが外から入りやすくなってしまいます。
トップの位置より少しでもクラブが高いところに行って振り下ろすと、クラブが外から入ってきてしまいます。
注意してくださいね。
とにかく、アウトサイドインのスイングだと、打ち出し角が低くなりやすい。
ボールがつぶれる感じになってしまいます。
インサイドから入れば、打ち出し角度は高くなる。
これを覚えておいて、自分のスイングを再チェックしてみましよぅ。
弾道がガラリと変わるはずです。

スイングの最下点でボールをとらえる

ゴルフバッグには14本までクラブを入れることができます。
そのすベてを同じスイングで振るのが理想だといわれていますが、それは安定性を求める場合です。
あくまでも飛ばしを求める場合は異なってきます。
飛ばしに欠かせないのはスイングの最下点でインパクトを迎えることです。
ドライバーは特にそうです。
ボールを前方に飛ばすためには、ボールを上に上げる力が必要です。
物理学的には、45度の打ち出し角度が一番効率よく遠くにボールを飛ばせるといわれています。
ヘッドスピードが同じなら初速も同じですが、その場合、打ち出し角が低い球より、高さがある球のほうが遠くへ飛ぶのです。
つまり、打ち出し角は極力、大きいほうがいいというわけです(もちろん、テンプラなどのミスショットは除きます)。

高い球を打つには、できる限りアッパーブロー気味に打ったほうがいいのです。
ロフト12度のドライバーだと、球が高く上がる揚力は得られますが、推進力は出ません。
だから、飛ばしたい人はロフ卜がより少ないクラブを選択する方がいいでしょう。
でも、ロフトが少ないと揚力が得にくいので、打ち出し角を意識して常にスイングの最下点でボールをとらえるようにする必要があるということです。
つまり、ドライバーはアッパーブローに打つべきだというのが結論です。

加速し続けるダウンスイングを身につける

スイング加速
自分のバックスイングのスピードとダウンスイングのスピードを比べたことはあるでしょか。
バックスイングが遅く、ダウンスイングが早い打ち方が正解です。
バックスイングとダウンスイングが同じスピードになっていたら、それは間違ったスイングです。
飛ばそうとするあまり、始動からダッシュし過ぎてしまい、その反動により、トップスイングで力尽きてしまうと、このような間違ったスイングになってしまう可能性が高いと思います。
その場合、切り返しでタメをつくるようにしてみてください。
タメというのは、トップスイングで上がっていったクラブが戻ってくるときの切り返しでできた時差のこと。
レイトヒットという言い方もします。
実は、スイング中にこの動きが入っていないと、飛距離が十分に出なくなってしまいます。
ぜひ、タメを意識して振ってください。
飛ばし屋の共通点としてあげられるのが、バックスイングからトップスイングで切り返し、バックスイングに入ってからはずっと加速しているという点です。
最もスイングスピードが速い状態でインパクトを迎えればいいと思いがちですが、そのスイング意識だと、インパクト時には減速してしまいます。
だから、インパクト後、フォロースルーになっても加速が続く状態が理想なのです。

スイングアーク

スイングの弧(アーク)についても少し考えてみましよう。
クラブをたたむ動き(コック)をすると、弧は小さくなります。
これをしないで振る(アンコック)ということは、身体からできるだけ遠くにヘッドを通そうという動きです。
女子プロの笠りつ子選手はこのスイングですね。
だから弧は大きくなる。分かりにくいようなら、ドライバーショットをするときのテイーアップの高さをチェックしましよう。
例えば私なら、打ち下ろしのようなホールでライナー性のあたりで飛ばしたいときには低いテイーアップでタメをつくるスイングをし、ボールを上げたいときには高くテイーアップしてスイングをします。
しつこいようですが、どちらも加速しながらインパクトです。
このあたりを理解して振ることが、飛ばしの大きなポイントになります。
スイングで加速させるには、トップでタメをつくったらこれをほどくことを意識せず振り抜くこと。
クラブのシャフトと腕でつくる手首の角度を変えないまま振り抜くようにしてください。
自分ではほどかないつもりでも、スイングの中で、必ず左腕を右腕が追い抜いていくことになります。
だから、自然に手首は返ってしまう。
つまりタメはほどけるのです。
これを無理にしないで自然に任せることで、ギリギリまで我慢する。
するとレイトヒットになって、加速度がさらに上がる可能性があるのです。

バックスイングの弧より、ダウンスイングの弧のほうが小さくなる感じ。
つまり近道をしてインパクトを迎えるイメージを持つと、速く振りやすいはずです。
ハンマーで釘を打つイメージを思い描いてください。
そのまま真っ直ぐ下に振り下ろすより、腕が身体に卷きつくようなイメージで振るとスピードが出て力が入ります。
でんでん太鼓の紐でもいいし、新体操のリボンでもいいです。
身体の近いところを通ると加速する感じです。
ヘッドをより加速させるためには、スイングの弧をできる限り大きくする必要があります。
そのためには、バックスイングのとき、なるべくクラブを身体から遠くへ放り出すようにすること。
グリップを遠くに離して打ちましよう。
それだけでヘッドスピードは上がるはずです。
大きい観覧車と小さい観覧車の比較をすると、真ん中が同じスピードで回っていたら、カゴの部分は大きいほうが早く回ります。
もう少し詳しくいうと、アドレス状態を正面から見たときに時計の文字盤を重ね、6時の位置から始動します。
シャフトが9時の位置にくるまでヒジは曲げないように頑張ってみましよう。
これができれば弧はマックスになるはずです。
軸の回転は同じでも、より大きい弧を描ければ、その先部分(ヘッド)は早く動くというわけです。

練習するとき、バックスイングを「上げる」のではなく、「低く長く引いていく」ような意識で振ってみましよう。
アドレス時の真後ろのところに、ボールの入っていたかごを置き、それを押すようにしながらバックスイングを上げるのも、より分かりやすいドリルになります。

スイングバランスと安定度を知る

スイングバランス
スイングバランスと安定度ということについて考えてみる必要があります。
飛ばすには、フィニッシュも意識せず、加速して振ることが大切ですが、場合によっては曲がるようになるでしょう。
マン振りした後、バランスを崩していれば、当然曲がります。
飛距離は出るけど、当たったり当たらなかったり、ブン曲がってしまった人が、次に覚えることは、自分の身体を自分で受け止められるマックスのスピードを見つけることです。
つまり、フィニッシュがとれるギリギリのスピードということですね。
これができるようになれば、ミート率は上がり、最大限の飛ばしを得られるのです。
飛ばしを優先して考えるべきなのは、バランスと安定度ではありません。
最もプライオリティーが高いのは飛ばすためのマン振り。
これでぶっ壊れないためにバランスと安定を考える。
順番をまちがえないようにしてください。

飛ばしには重いヘッドを使うこと

クラブの重さについても考えてみましょう。
クラブに重さの制限はないので、物理的には重いヘッドのものほど推進力は出ます。
ハンマー投げをイメージしてください。
極論をいえば、すごく重いヘッドにすごく軽いシャフトのクラブが最も飛ぶということになります。
しかし、クラブが重くなると今度は振るのが大変になってしまいますので、自分の体力で振り切れる一番重いクラブを選ぶのが飛ばしの秘訣です。
ゴルフボールの重さは45g程度です。
もしも、これより軽いヘッドのクラブで打ったら、ヘッドが壊れてしまったり、エネルギーが分散されてしまいます。
軽いヘッドでは、インパクトで打ち負けてしまう可能性があるのです。
だから飛ばすには重いヘッドを選ぶことです。
飛ばしたいならヘッドは重めのものを、シャフト、グリップは極力軽めのものを選んでください。
そうすれば、さらに飛距離はアップします。

ドライバー 打ち方

ドライバーを飛ばす方法

飛距離アップに必須なのは、「ヘッドスピード」です。
ヘッドスピードが遅ければ、飛距離は伸びません。

一般的にヘッドスピード×5.5が飛距離と言われています。
ヘッドスピードが50m/sの人は、飛距離が275mになり、ヘッドスピードが40m/sの人は、飛距離が220mになるということです。
ヘッドスピードと距離には強い相関があるのです。

そして、次に大事な視点は、ボールの初速を上げることです。
ボールの初速とヘッドスピードは比例すると考えて間違いありませんので、飛距離には、まずヘッドスピードとボール初速のアップが重要になるのです。

 

飛ばすにはボールの初速を上げる

身体のねじりを上手に使え

ご存じのように、ドライバーヘッドの反発係数にはルール上の規制がありますので、ヘッドの素材や形状による飛距離アップには限界があります。
つまり、道具に頼れない中で、ヘッドスピードを上げるためには何をしたらいいかということを考える必要があるということです。

できることは、自分のスイングとその基礎部分の見直し。
わかりやすく言えば、自分がクラブを振る能力を客観的に見直し、効率のいいスイングを手に入れるということです。

しかし、これは「スイング改造」という意味ではありません。
それ以前に、スイングに合ったシャフトを手に入れる方が早いと考えています。

アマチュアゴルファーは、自分のスイングとシャフトの関係を軽視する傾向にありますので、まずはシャフトのフィッテングをしてみましょう。
シャフトメーカーの専門施設に行けば、無料で測定してもらえますので、そこで得られた結果を元に自分のスイングに合ったシャフトを装着するだけです。

そこから先はそのデータと自分に合ったシャフトを前提にスイングすることで、より効果的に飛ばしが実現できるようになります。
ということで、まずは飛ばす大前提として道具(シャフト)を見直しましょう。
ドライバーのシャフトを見直すことで、驚くほどゴルフが簡単になりますよ。

 

次に、ヘッドスピードアップのためにやることは、身体のねじりを上手に使うことです。
ねじりとは、上半身と下半身の捻転差のことです。

ゴムもねじればねじるほど、元に戻る勢いが出ますが、これと同じ原理です。
ねじって戻る動きを効率よくするためには、腰が一緒についていってはいけません。

アドレスの姿勢から、トップまでの身体の動きの大きさには差があります。
単純に表現すれば、一番動いているのは肩です。
おそらく90度近く捻転されていると思います。
その時、腰は45度くらいでしょうか。

さらにこれに時差が加味されます。
みんな同時に動いてしまったのでは、捻転差は生まれません。
順番に動いていって、順番に戻ってくるけれど、最後はそれが一緒になる。
タイミングよく、揃ってインパクトを迎えられるのが理想です。
これさえできれば、どんなに身体がかたい人でも、年齢を重ねていても、つま先と肩のラインのねじれ度が大きければ大きいほど、ヘッドスピードを上けることができます。

 

ヘッドスピ一ドアップには、まず身体のねじりを上手に使う

肩の回転を最大限に利用する

次に着目したいのは、肩の回転です。
これが大きくなればなるほど、クラブの助走距離は長くなります。

前述の通り、最大で90度で、目標に対して背中を向ける状態になります。
この状態を目指すためには、バックスイングであごの下に左肩を入れることを意識するのがポイントになります。

ダウンスイングでは、逆に、右肩が同じようにあごの下に戻ってくることを意識すれば、インパクト後のフォロースルーがきれいに描けるはずです。
この意識により、始動からフィニッシュまで、マックスの肩の回転を手に入れることができるのです。
肩の回転を最大限に利用して振り抜くことができれば、ヘッドスピードを上げることができるのです。

 

バックスイングであごの下に左肩を入れる意識をもて

腰の回転を意識する

次に意識するのは腰の回転です。
せっかくバックスイングをしっかり上げることができても、腰の回転を抑制することが苦しくて脱力してしまう人は少なくありません。

タメておけずに、早めに捻転がほどけてしまい、手だけが先に下りてきてしまうパターンです。
これでは、ヘッドは加速しません。
実にもったいない状態です。
つま先から、ヒザ、腰、肩という徐々に捻転が大きくなってくる、ねじりの角度の時差は、ほどけるときにパワーが一気に爆発するのに、これが失われてしまうのです。

こんなもったいないことをしないようにするのが「ヒップターン」です。
伝統的な日本の玩具に、「でんでん太鼓」があります。
太鼓についた棒をくるくる回すと、太鼓からぶら下がった紐の先についた玉が太鼓の腹を叩き、音が出るというあの紐の動きのイメージです。

体幹がでんでん太鼓の棒部分であり、紐を腕に例えたら分かりやすいでしょうか。
その先についている玉がクラブヘッドです。
早く回せば回すほど、棒部分との時差が生まれ、そのスピードはアップするイメージです。

理想のインパクトは、腰がアドレスの姿勢に戻ったときに、クラブと腕もそろって下りてくるタイミングです。
フォローでそのまま回転していって、フィニッシュではへそが目標を向くことになるわけです。

 

スイングアークを最大限まで大きくする

ドラコン王やドラコン専門のプロたちのスイングをご存知ですか。
彼らは、飛距離だけを追求し、飛ばす能力を競うことを専門としています。
アドレスでのボールポジションは身体より左側(飛球線方向)。

構えたら右に思い切り体重を乗せるようにバックスイングして、一本足打法のような状態で左にステップしながらダウンスイングして、球を思い切り飛ばしています。

まさに、飛ばすためのスイングです。

彼らは、なぜボールをそんなに外側に置いて、極端な体重移動をしているのでしょうか。
それは、スイングアークを大きくしたいからに他なりません。
スイングアークを大きくすると、ヘッドスピードが上がるのです。

自分のスイングでできる弧を大きくしたいなら、手先ではなく全身で大きくすることを考えましよう。
ドライバーのヘッド1個分でもいいから大きくすることです。

そのためには、まず思い切り腕を伸ばすことです。
さらに、ドラコン王たちのようなウェイトシフトが加われば、もっとスイングアークは大きくなります。
スイングアークを上げることで、回転軸のスピードにプラスしてヘッドスピードを上げることができるというわけです。
ただし、ドラコン王のように体重移動をした場合、その分アドレスの位置に戻ってしつかりインパクトを迎える確率は低くなり、正確性は確実に落ちますので、このリスクと表裏一体であることを認識しておいてください。

 

腕の振りは飛ばしの重要な要素

次のポイントは腕の振りですが、「手打ち」と勘違いしないでください。
腕やクラブヘッドは、肩よりはるかに遠いところまで行って、ボールがクラブから離れる瞬間(インパクト)では、肩を追い越して、またはるか遠くまで行ってフィニッシュを迎えます。
つまり、回転において、肩を含めた身体の左サイドを腕やクラブヘッドが追い抜いていく瞬間がインパクトとなるのが理想になります。
だから、腕を早く振らないで、そのままスイングすると、ほとんどの人は振り遅れてしまいます。

「手打ち」との違いは、身体はしつかり捻転しているということです。
身体がほどけて来る順番からいえば、ヒザと腰が先に戻るのは当たり前ですが、それ以上に腕を早く振って戻って来ないと振り遅れてしまいます。
だから、腕を振れば振るほど、ヘッドスピードを上げることができるのです。

 

フットワークを使ってヘッドスピードをさらに上げる

身体の回転を上げる方法としてフットワークを使うことも考えられます。
なぜ、飛ばしに足腰の強さが必要なのかと言えば、飛ばすためには右脚の蹴りが必要になるからです。
具体的に言うと、ダウンスイングの途中のクラブが地面と平行になる位置から、一気に右腰から脚にかけての部分を押し込んでいく動きが大切なのです。

よく「腰を切れ」という言い方で、腰の回転の大切さがいわれますが、腰が回転するためには、まず左脚から腰を右後方に引っ張る動きをし、トップスイングからは逆に左後方に回していく。
このとき、右からも押し込む動きがほしいのです。
これが理想的なフットワークです。

ただし、右脚の蹴りだけが早いとスライスしますから注意が必要です。
トップからダウンスイングに入り、左側が回り始めた時点で、必ず腕も一緒に加速してこないといけません。

そして、最後にフットワークを使って右脚を押し込むことで思い切り振ることができるのです。
最後は右太ももが左太ももに向かってぶつかるくらいに加速してください。

こうすることで、ヘッドスピードを上げることができます。
フットワークをもっと使えるようにするためには、しっかりした下半身が必要です。
日頃から、疲れない下半身を作っておく必要があります。
ラウンドの最後のほうになると、ダフりやテンプラが多くなり、スイングが乱れるのは、下半身が弱い証しです。
通勤時、ひとつ前の駅で降りて歩くと、案外下半身強化になります。

 

タメをつくる

次にチェックしたいのは、トップで左手親指付け根側にグリップ(クラブの重み)を乗せる動きです。
これが大きければ大きいほど、タメが深くなります。
ここから切り返してして、インパクトで自然にタメがほどけるのが理想の動きです。
タメは自分でつくる動き出しであり、自然にほどけるものです。
決して無理にほどいてはいけません。

もし、ほどけないとすれば、それはインパクトのとき、いわゆる左側のカベができていないからです。
カベさえできていれば、自然にそこでほどけると思います。
腕を振るとき、インパクトの前にクラブヘッドが地面に落ちてしまう人(極端にダフる人)や、超スライスになってしまう人は、無理にワッグル(タメ)をほどいてしまっていませんか。
フライパンを返すような動きを無理にしなくても、左側のカベを意識してつくることで、自然にタメはほどけてきます。
これができれば、もつと腕を振ることができ、ヘッドスピードを上げることができるのです。

 

左サイドのカベで爆発させる

カベとは、バックスイングでバラバラにした各部分が、一気に揃った状態です。
目標に対して90度(アドレスの位置)で一度きれいに揃ってインパクトを迎える。
そこでタメたパワーを爆発させるわけです。
「スイングの中にインパクトがある」という言葉がよく使われますが、飛ばしを目指すのであれば、ヘッドスピードが最大に達したときにインパクトがくることを意識する必要があります。
時差があった身体がすべてそろってインパクトを迎える。
こうして最高のタイミングで爆発させれば、ヘッドスピードを上げることができるというわけです。

 

飛ばしのグリップ

グリップは、飛ばしだけを考えたら細めのものを選ぶといいと思います。
細いグリップのほうがフェースの返しがしやすく、スナップが効きやすいのです。
その分、インパクトで打ち負けてしまうとぶれやすいので安定度は低くなります。
もうひとつ、グリップそのものではなく握る強さ(グリッププレッシャー)に関しても、同様のことがいえます。
脱力して緩めに握ったほうが、フェースの返しが効きやすいから飛距離は出しやすいと言われています。
逆に曲げたくない人は強めに握ります。
パンチショットやスリークオーターシヨットを打つとき抑える動きになりますよね。
飛ばしたいなら細めグリップでゆるゆる握りがオススメです。

 

フルスピードでインパクトからフィニッシュまで

最後に大切なのはインパクトです。
これが飛ばしのクライマックスです。
インパクトでパワーを最大限に爆発させることを意識してスイングをつくります。
よくだらしないフィニッシュでクラブを振っている人を見かけますが、これはイマイチですね。
インパクト時をマックスのヘッドスピードで迎えることを考えれば、減速しながらフォロースルーには入らないはずです。

もちろん、スイングの勢いは衰え、スイングスピードが落ちてフィニッシュを迎えますが、イメージとしては加速して最大のヘッドスピードでインパクトを迎えたら、それをキープしたままフィニッシュまで振り抜くべきです。
もっと極端なことをいえば、インパクトで激突した左のカベをさらに突き抜けてフィニッシユまでマックスのスピードで突っ走るイメージです。
その意識でクラブを振ることができるようになれば、確実にヘッドスピードを上げ、力強いスイングができるようになります。

飛距離の伸ばし方

飛べばゴルフはより楽しくなる
飛べば飛ぶほどゴルフが楽しくなる。
ゴルファーならよくご存じですよね。

「会社のコンベで同期のライバルに勝ちたい」「上司を距離で負かしたい」というような気持ちは、スコアだけではなく、飛距離でさらに強くなるのではないでしようか。

「俺のほうが飛んでいる」「10ヤード負けた」などと強烈に意識した覚えのある方も多いと思います。
これは人間をライバル視する場合ですね。

例えば、ローリー・マキロイは330ヤードも飛ばしますが、これはランまで入れた距離ですから、キャリーで330ヤードを誇るバッバ・ワトソンにはかないません。
つまり、ワトソンと比べてしまうとマキロイは飛ばないのです。
他のプレーヤーを意識すると、こういうことが起こってきますね。

 

人間ではなく、コースを相手に飛距離勝負を挑む場合はどうでしようか。
自分のメンバーコースがある方なら「18番のあのバンカーを越えるドライバーシヨットを打つ」とか、「5番ホールのティーショットで左の林をショートカットするぞ」などと毎回自分の飛距離を確認できるシチュエーションがあるでしょう。

そこで、コースと勝負する。
あるいは、セカンドショットの景色を見ながら、過去の自分と勝負する。
つまり、年齢による飛距離の衰えを食い止めようと踏ん張るわけですね。
いずれの場合も、自分の飛距離を数値化すると分かりやすいし楽しいですよね。

 

この場合もキャリーが何ヤードでランが何ヤ―ドなのか。
それをしつかり見極めることが大切です。
クラブも含めて調整しながら、キヤリーを伸ばす。
あるいはランの出る球を打てるようにする。

工夫の仕方は色々あるんです。
1ヤードでもキヤリーが伸びると、落下点の状況が変わるため、これが10ヤード、いや30ヤードの違いにもなってくることがあります。
それまでアップヒルにキヤリーして止まってしまっていたものが、フラットな場所になれば転がるし、ダウンヒルにキャリーすればもっと転がる。
これだけで30ヤードは違ってきますよね。

キャリーで180ヤードだった人が、190ヤードキャリーできるようになると、プラスアルファの飛距離がついてくるんです。
トータル210ヤードになったり、215ヤードになったりすることもあるというわけです。
これは決して数字のマジックではありません。

だから飛距離をあきらめちゃいけないと思います。
「私は飛ばないから・・・」なんて決していわないでください。

1ヤードでも2ヤードでも今より遠くに飛ばせるようになれば、違う景色が見られるようになります。
今までは、つかまっていたバンカーを越えていくこともできるようになります。
ゴルフが別世界に入っていく可能性は十分あると思います。
いくつになっても、スコアメイクだけではなく、飛ばしも必ず意識するように頭の中を改革しておくといいと思います。
自然に両方意識できるようになったらもうけ ものですよ。

クラブメーカーのうたい文句に「今より10ヤード飛ぶ」などという常套句がありますが、 いきなり10ヤード、20ヤードの飛距離アップなんて求めなくていいと思います。

5ヤード、いや 1ヤードドでもいいから伸ばすこと。
これが、結果的に大きな飛距離アップにつながります。

飛距離が伸びるのはドライバーだけではありません。
飛ばせるスイングを身につければ、他のクラブだって、これまでより飛ぶようになります。
分かりやすいのは、パー3のティーショットではないでしょうか。
2~3ヤード飛距離が変われば、それまでウッドで打っていたところが、アイアンで打てるようになるかもしれません。

当然、弾道も変わってきます。
高い球が打てるようになり、ボールが止まるようになれば、上から攻めていくこともできるようになります。
バックスピンでボールが戻ったら、プロみたいでカッコいいですよね。
さらにゴルフが楽しくなるというわけです。

パー5になればもっと楽しめます。
ティーショットだけではなく、全部のショットが飛ぶんですよ。
飛距離アップしたショットを3回打つチヤンスがあると考えられますね。

もしかしたら、これまではグリーンまで3回だったものが、2回になる可能性だってあります。
ロングでツーオンできれば、バーディーチャンスは俄然広がるわけです。

クラブの芯に当たる確率が上がれば、どんどん飛距離は伸びていく。
後は、アプローチが上手くなれば、当然スコアもよくなっていく。

ああ、やっぱりゴルフって楽しい!って思えるはずです。

 

今のスイングのままでも飛距離は伸びる

飛距離を伸ばすにはスイングを徹底的に改造しなくちゃ、と思っている方はたくさんいると思います。
でも、アマチュアがスイング改造するなんて、時間もかかるし、そもそも体が言うことを聞くとは限らないので、とても大変です。

そんなリスクのある方法を取らなくても、今のままのスイングで十分、飛距離アップできると考えてください。
それに飛距離がアップすれば、今、90台でプレーしている人は、すぐ70台を出せるようになるし、平均スコア100前後の人は、80台後半のスコアが出せるようになります。

簡単なことです。
平均飛距離を上げるには、スイングを変えるのではなく、飛距離の出るショットの確率を上げればいいのです。

キャリーとランを合わせてドライバーの飛距離がマックス200ヤードの人が、1ラウンドに2回、そのショットを出すとしましょう。
残りは当たりが悪くて160ヤードが4回、180ヤードが6回。
チヨロして100ヤードが2回。
これだとトータル2320ヤードで、平均飛距離は割る14だから165.71ヤードになります。

でも、マックスの200ヤードを4回出すことができて、180ヤードか6回、160ヤードが4回でチョロがなくなったらどうでしよう?
トータル2520ヤードで、14で割った平均飛距離は180ヤードちょうどになります。
つまり平均飛距離が15ヤード近く伸びたわけです。

「そんなの分かってる。やっぱり数字のマジックじゃないか」、などと言わないでください。
ゴルフは確率のスポーツです。

マックスの飛距離はあるけど確率が低いのでは、平均飛距離は大したことがなくなってしまうんです。
今の体力、今のスイングで平均飛距離を5ヤード、10ヤード伸ばすにはボールストライキングをきちんとできるようになること(ナイスショツトの確率を上げること)、これが一番近道なんです。

今、90台でプレーしている人は、すでにそれなりのショットをしていますが、さらにこの確率を上げることで平均飛距離がアップできるはずです。
それにつれてスコアも70台に突入できる。

95から100くらいのスコアをフラフラしている人は、さらに伸びしろがたくさんあります。
いや、伸びしろだらけと言っていいでしよう。

経験上、アベレージゴルファーのナイスショットは1ラウンドに1〜2回しかないというのが現実です。
これがドライバーで1日3回に増え、セカンドショットで3回に増えただけでも一気に平均飛距離はアップします。

つまり、アベレージ(平均)の飛距離をできる限りマックスの飛距離に近づけていきましようという話なんです。
当然、そうなればスコアもよくなりますね。

だから80台後半も夢ではないんです。
ナイスショットが増えて平均飛距離が伸び、スコアもよくなる。
ゴルフがうまくなったことがすごく実感できるはずです。

スイングだって進化していきますよ。
なぜなら、すべてが安定するということですから。

考え方ひとつで距離が伸び、スコアがよくなる。
これがゴルフの楽しさのひとつですね。

ドライバーを飛ばすためのポイント

「自分は飛ばしたい」という欲望を持ちましょう

「飛ばしたいなら憧れから入れ」。
これはあるトップアマが言った格言です。

憧れの対象は、ゴルフ仲間だったり、コースだったり、過去の自分だったりするかもしれません。
「飛ばす人を見て飛ばしたいと思う」「コースに対峙して飛ばしたいと思う」「昔はあんなに飛んでいたんだから今でも飛ばしたいと思う」などなど、どれでもいいと思います。
悔しさを糧に更なる飛距離を身につけましょう。

私は今でもキャリーで250ヤードの飛距離をキープしています。
これは譲れないというプライドですね。
アマチュアゴルファーなら、こんな風に「○○○ヤード以上」という具体的な目標を持つのもいいでしょう。
そうすれば自ずとそれに近づけるためにやるべきことが見えてきます。

マークーオメーラという選手は、元々飛距離が出る方ではありませんでしたが、若き友人に刺激され、飛距離を伸ばしたのです。友人の名はタイガー・ウッズ。
1996年に全米アマチュアゴルフ選手権で史上初の三連覇を飾った翌日、プロ転向を発表したスーパースターです。
鳴り物入りでプロとなり1997年のマスターズを記録ずくめの成績で制したタイガーと、いつも練習ラウンドを共にしていたオメーラは、飛距離のアドバンテージに改めて気づきました。
さすがにタイガーほど若くはないので、キャリーを伸ばすのは難しい。
けれどもテクニックはあったので、ランの出る球を工夫して飛距離をアップ。
これが奏功し、1998年にはマスターズでメジャー初優勝。
同じ年に全英オープンにも優勝し、グリーンジャケットとクラレットジャグを手にして見せたのです。

これこそ「飛ばしたい」という欲望が呼び込んだ勝利にほかなりません。

2002年、2007年と2度、日本ツアー賞金王に輝いている谷口徹プロは、近ごろでは若手の「師匠」と呼ばれることが多くなりました。
トーナメント会場でも、練習場やバッティンググリーンで若手の練習を見たり、あれこれ教えたりしている姿が目立ちます。
オフシーズンには若手とキャンプに行くのですが、相手はみな、飛距離のある若手ばかり。
これは自分が失いかけた飛距離を取り戻すことを求めているからなんです。
若手のエキスを吸いまくっているんですね。

「ゴルフは飛ばしじゃないよ」という言葉に耳を傾けてはいけません。
ネガティブな発想の人が近くにいると、どうしてもそちらに影響されてしまいます。
水は低きに流れるのです。
それに甘んじることなかれ。まだまだ、もっともっともがいてください。

ショートゲームは欲より我慢で磨かれます。
でも、ドライバーは欲と体力が必要なんです。
バカになるくらいでいいんです。
ブレーキをかけることを恐れず目をつぶってひたすらクラブを振りましょう!

話を元に戻します。
憧れの対象が飛距離のある人の場合、できる限りその人と一緒にラウンドしてください。
そこで刺激を受け、飛ばし合いをすることで確実に飛距離は上かります。

こちらがライバル視すれば相手も必ずそう思うはず。
そうなればしめたものです。

青木功、尾崎将司、中嶋常幸。俗にAONと呼ばれる日本の大先輩たちは本当にお互いライバル心の塊でした。
いずれも日本人離れした体格の3人が、一緒に回るとムキになって飛ばし合っていたのです。
AONのようにはいかなくても、みなさんも飛ばし合いをどんどんやってください。

そのとき、相手の飛距離のどこまでがキャリーでどこからがランによるものなのかをよく見ておくことも大切です。
キャリーが大きい人なら、ウェットなコンディション、アップヒルのホールでは有利になりますね。
ランで稼ぐ人なら地面が硬ければ飛距離は伸びていく。
相手を考えて対決コースを選ぶのもまた面白いものです。
相手を考えてプレーしましょう。

次に、相手がコースだった場合はどうしたらいいでしょう。
自分の球筋次第でコースを選んでみます。
キャリーとランの割合が分からないという方がいるかもしれませんが、それなら測定してみましょう。
練習場でもショップでも、今は簡単に測定できます。
簡易スイング測定器を手に入れるのも難しいことではありません。
飛距離を追い求めるなら、それくらいの投資はしてくださいね。

ゴルフ 飛距離アップ 方法

飛ばしてストレス解消!!

やっぱり飛ばしはゴルフの醍醐味。
ドライバーをかっ飛ばすとスカッとしますよね。
日頃、会社では上司ににらまれ、部下に突き上げられ、家に帰れば奥様にこき使われる企業戦士の皆さんのようにストレスがたまっていると、週1回の練習場や月イチのラウンドで、ドライバーを思い切り振るのが楽しみなのはよ~く分かります。
ショートアイアンそっちのけでドライバーばかり練習している人がすごく多いのも、当たれば気持ちいいからですよね。

よく、「ゴルフはショートゲーム」といいます。
確かに、その一面もありますが、やっぱり飛ばしたい!!これがゴルファーの本音ですよね。

だから、どんどんドライバーを振っていきましょう。
ドライバーは振れば振るほどスイングスピードが上がるのです。
14本のクラブの中で最も長さのあるドライバーは、実はスイングスピードの一番上がりにくいクラブです。
それを克服できるのがスイングアークの大きさとテンポ。
これが、スイングスピードを上げるのに効果てきめんなんです。

だから、ドライバーの練習をどんどんやってみてください。
今日からは練習場に行ったら8割はドライバーを振ってみましょう。
100球打つ人なら、そのうちの80球はドライバーショット。
これ、実は結構大変なんです。
まず80球、ドライバーを振る体力が必要ですからね。
まずは振り負けない体力と筋力をつけましょう。
そして、振っても大丈夫な柔軟性も維持しましょう。

それともう一つ大切なこと。
いきなりドライバーを振り回してもいいのですが、ストレッチが足りないと身体のどこかを痛める可能性があるので気をつけてください。
特に冬場の練習は要注意です。
「飛ばすぞぉぉ」といきなりマン振りすると、筋肉を痛める可能性が高いので、絶対に無理はしないでください。
私も昔、極寒の中、ドライバーを振り回して、肋骨を疲労骨折したことがあります。

小さいクラブから打ち始めて身体をほぐし、十分に温まってからドライバーを打つというのが、安全策ではあるんですが、私はいつもいきなりドライバーを握ります。
以前は8番アイアンから打ち始めていたのですが、今では最初からドライバーです。

そうはいっても、さすがにいきなりフルスインクはしません。
軽い連続打ちをするんです。
最初は右腰から左腰までのフルイメージのハーフスイングです。
ドライバーでテンポよく、100ヤードを打つようにします。
その後、身体の動きを確かめるようにだんだん大きく振っていく。
10球目で8割くらいの大きさで振る感じでしょうか。

もちろんこれは、練習を始める前(更に言えば、毎日朝と夜に柔軟体操をしています)にストレッチを十分にしているからできることです。
これだけは忘れないでください。

連続打ちでだんだん大きく振っていくのは、いわばストレッチの続きの部分なんです。
最初からドライバーを持つのは、大きなスイングができるからです。
ドライバーというのは長いクラブですから、そう簡単に振り上げることはできません。
その長いドライバーをゆっくりと、かつソリッドに(鋭く)振るということは、スイング幅が大きいということ。
弧の大きいスイングをすることには、ミート率を上げる効果があるのです。

ドライバーを打つ量が増えたのは、年齢的なものもあるかもしれません。
心のどこかで飛距離ダウンを恐れていると言い換えたらいいでしょうか。
練習場で周囲を見回すと、意外なことに他にも何人かドライバーから練習を始めている方がいたのに気がつきました。
長いドライバーを振るには体力が必要なんです。
それを維持するためにもどんどんドライバーを振りましょう。
ドライバーがブンブン振れるだけの体力をキープし続けたいものです。

とはいえ、それもやはり安全第一です。
無理は禁物ですよ。
故障するとゴルフができなくなってしまいますからね。

最新のアスリートドライバーは飛んで曲がらない

今年の秋モデルのドライバーを見てみると、タイトリスト、ブリヂストン、スリクソン、本間ゴルフなどアスリートゴルファー向けのモデルが多く発売されています。
メーカー契約のプロが使ってツアー優勝したモデルもあり、多くのゴルファーの注目を集めています。

その最新のドライバーはどんなものかといえば、これまでのイメージとは大きく異なる仕様となっています。
これまでのアスリート向けのドライバーはアベレージゴルファーにとっては「重い」「ヘッドが小さい」「つかまらない」「球が上がらない」といったイメージがあったと思います。
使ってみたいものの、打ちこなすにはそれなりのパワーとテクニックが求められるため、ついついあきらめてしまっていたというのが実態ではないかと思います。
また、打感の柔らかさを重視したり、球筋や弾道の高低を自由自在に打ち分けるための操作性やインパクト時の音にも配慮がなされているのがアスリート向けのドライバーだったと思います。
しかし、最新のアスリートモデルは何より飛んで曲がらないことが大前提となっています。
通常、各メーカーのハイブランドモデルは、開発段階において、プロの意見が集約されているので、今のプロはまず「飛ぶこと」を絶対条件にしてることがわかると思います。
操作性に関しても自由自在に球を操るという機能はあまり求められていないようです。
それよりも、ミスヒットに対する寛容性があり、ある程度ドローフェイズを打ち分けられる自由度があればそれで充分なのです。
しかも、最新のモデルであっても50グラム台のシャフトが入ったものもあり、一昔前に比べれば難易度は相当に下がっていると言えるでしょう。

ただしアベレージゴルファー向けのドライバーと決定的に違うのは、ミスに対する補正能力の性質です。
例えばスライスのスイングで振っているのに、ストレートに飛んでいったり、非力な人でも高弾道の球が打てたりするのがアベレージ向けのドライバーの補正能力です。
一方、上級者向けのドライバーでは自分の意図通りの球を出すことが絶対条件になります。
フェード目に打ったつもりが、ストレートボールが出てしまっては扱いづらいクラブということになってしまうのです。
しかし、最新のアスリート向けドライバーでは適度な補正能力が備わっているのでインテンショナルな打ち方が出来つつも、大きなミスにならないと言う、いいとこ取りができるようになっているのです。
そのため、 90前後のスコアで回れる技量のある人であれば十分に使いこなすことができる性能になっています。
このように、幅広いターゲットに向けた商品開発をしているので、ラインナップは充実しています。
ヘッドサイズや形状の好みもたくさん用意されているため、多くの選択肢の中から自分に合った日本語創り出すことができるようになっています。

アスリート向けのドライバーは難しいという先入観を捨てて、自分に合ったモデルを探しつつ、好みのドライバーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。