ゴルフドライバー

ドライバーの適正な長さは45インチなのか|標準シャフトのインチ

更新日:

 
%e6%9d%be%e5%b1%b1%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0

ドライバーの長さ

ドライバーの長さにもトレンドがあって、ミート率向上による飛距離アップを考える場合は、短尺のドライバーが流行ります。

一方、遠心力を使ってヘッドスピードを上げようとする場合には、シャフトの長い、いわゆる長尺ドライバーが流行します。

以前、「セイコーのS-yard(今はなき伝説のドライバー)」が大流行したときは、ヘッドの軽量化と相俟って、まさに長尺ブームに火がついたタイミングでした。

そして、近年ヘッドは大型化してきました。

20年前は300ccでも革新的と言われ、大型ヘッドだと騒がれたものですが、現在では460ccが主流になっています。

ヘッドが大型化していくとともに、シャフトも長尺化されると思われていますが、現実にはそれほど長いドライバーが使われていません。

多くのドライバーは45インチ台というのが現実なのです。

 

ドライバーのシャフトの標準的な長さ

ドラコンプロのように、本当に飛距離を追求する場合は、ルールギリギリの48インチのドライバーにするケースもありますが、プロゴルファーは実際に45.25インチ位を使っており、アベレージゴルファーでも45.75インチと、現実には0.5インチの間でシャフトの長さが決まっているというのが、このところのドライバー事情なのです。

確かにシャフトを長くしても短かった時と同じように振り切ることができるのであれば、当然長いシャフトの方がヘッドスピードは上がります。

しかし、現実にはシャフトが長くなればミート率は下がってしまいます。

特にアマチュアの場合、1インチ長いドライバーで正しくコントロールしていくのは、なかなか難しいと思いますので、ミート率は下がると考える方が妥当でしょう。

つまり、シャフトを長くすればいいわけではなく、あくまでバランス。

ヘッドスピードとミート率が最もバランスするところが、その人にとって最適なシャフトの長さということになるのです。

 

プロでも長尺ドライバーを使う

プロでも長尺ドライバーを使う

長いドライバーを短く握ると飛ぶ

最近ではプロの中にも長尺ドライバーを使う選手出てきています。

実際に長尺を思いっきり振り切るのではなく、クラブを短く使ってミート率を上げています。

女子プロゴルファーの田辺ひかりプロや菅沼菜々プロは短く握ることで有名です。

しかし、長いクラブは長く握ってこそ、ヘットスピードの向上という最大の効果を得られるはずです。

それを短く握ってしまえば、そのメリットを捨ててしまうようなものではないかとの疑問が湧きます。

実際、長尺ドライバーを短く握った場合、どれぐらいの飛距離が出るのかを実験したデータがあります。

これはただ単に長さの違うドライバーを打ち比べたのでなく、目一杯握った場合や、指1本分短く握った場合など、長尺ドライバーを短く握った場合のケースを計測したものなのです。

この実験の結果は意外なもので、長いクラブを短く持っている場合が最もヘットスピードが上がるという結果になりました。

ゴルファー個人個人によって長いドライバーをゆっくり振ってヘットスピードを上げるか、短いものもシャープに振り抜くかによって使いやすさは違うと思いますが、長尺ドライバーを使うのであれば、やや短く握るのがポイントになりそうです。

プロゴルファーのドライバーの長さ一覧表

長さ ゴルファー名
47 片山晋呉
46.5 谷原秀人
46.25 宮里聖志
46 石川遼 尾崎将司
45.75 ダスティン・ジョンソン 近藤共弘
45.5 ヘンリック・ステンソン フィル・ミケルソン
45.25 ローリー・マキロイ 藤田寛之 池田勇太 小田孔明 岩田寛
45 ジョーダン・スピース 藤本佳則 宮里優作 上井邦裕 高山忠洋 谷口徹 深堀圭一郎 星野英正 今野康晴
44.75 松山英樹 手嶋多一 横尾要 久保谷健一
44.5 タイガー・ウッズ ババ・ワトソン 宮本勝昌 矢野東 武藤俊憲 小田龍一 細川和彦
44.25 ジャスティン・トーマス 小平智
自分に適正な長さのクラブを知る方法【中井学プロレッスン】

 

短尺ドライバーの選択肢

2017年、全米プロを制したジミー・ウォーカーが42.5インチのドライバーを使って話題になりました。

また、飛ばし屋として知られているリッキー・ファウラーも43.5インチのドライバーを使用して活躍しました。

45.25インチを使うプロが多い中、短尺ドライバーを使うプロも少なからずいるのです。

もちろん、短い分、飛距離は落ちますが、曲がりは確実に少なくなるので、安定性は向上します。

フェアウェイキープ率が上がれば、2打目以降が楽になり、パーオン率は上がるでしょう。

「飛ぶけど曲がるからスコアにならない」という選択をするのか。

それとも「飛距離は抑え気味にしても確実性を重視する」のか。

プロでも短尺ドライバーを使っている事実をみたとき、アマチュアゴルファーが選択すべきはどちらなのでしょうか。

 

スイングに合わせてドライバーの長さを選ぶ

スイングの特徴や目指すべきゴルフのスタイルも使うドライバーを決める要素になるのです。

長いクラブを短く握ることによって振りやすさが増して、それがヘットスピードの増加につながることもあります。

短く握ることによって、クラブのバランスが軽くなりヘッドが自然と早く振れるようになったというのが実際に起こった現象と言えるでしょう。

また、短く握ることにより、必然とグリップの細い部分を握ることになるのでヘッドが自然に反しやすくなりヘッドスピードが増したということも考えられます。

もし飛距離を伸ばしたいのであれば、やや長めのクラブを短く握り、ヘッドの加速化を感じながら、 シャープにスイングするといいかもしれません。

また、短尺ドライバーを使って、確実にスコアメイクしていくというやり方もあるでしょう。

飛距離を追求するのか。

それとも、スコアに注力するのか。

このあたりがドライバーの長さを決める上でのポイントになるのかもしれません。

力をしっかりとボールに伝えるにはクラブを長く持つ?短く持つ?
シャフトの長さでどう変わるの?

 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフドライバー
-

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2022 All Rights Reserved.