ゴルフクラブのシャフト

シャフトのしなりを感じる練習|ドライバーのしなり戻り

更新日:

 

%e3%81%97%e3%81%aa%e3%82%8a

シャフトのしなり戻り

ゴルフクラブのシャフトは、レディースやシニア用のように柔らかいものはもちろん、プロが使うハードで重たいモデルであってもスイング中に必ずしなります。

そして、インパクト直前でしなりが戻る動きをします。

これが「しなり戻り」です。

このシャフトのしなりを使いこなせるか否かで、ショットの飛距離だけではなく、方向性も全く違ってきます。

しかし、このシャフトの特性を理解していないゴルファーが多いのです。

ゴルファーとしての経験を重ねると、ボールを飛ばすために腕力は必要なく、本当に重要なのは「シャフトのしなり」だということに気付くでしょう。

また、上達するとスイングの軌道やテンポによって合うシャフトが違ってくることも体感できるはずです。

そして、自分のスイングのポテンシャルを最大限に引き出してくれるシャフトを探すようにもなります。

ツアープロはどれぐらいシャフトのしなりを感じながら打っている?

 

【ドライバー・飛ばし】シャフトのしなりでヘッドスピードを上げる方法とは?

 

シャフトのしなりの使い方

プロやアマチュアの上級者が軽く振っているように見えるのに距離が出るのは「しなり戻り」の力を最大限に使っているからです。

ゴルフクラブは野球のバットやテニスのラケットなど他の球技の道具に比べてスイングの時に大きくしなるようになっています。

スイングのエネルギーをシャフトのしなりという形でクラブに蓄積して、シャフトがしなりを戻そうとする力を利用してヘッドをリリースするためにあえてたわむようになっているのです。

上級者はこの「シャフトのしなり」を感じながらスイングしているのです。

シャフトのしなりを感じない

しかし、アベレージゴルファーの場合、シャフトをしならせるというイメージがないので、シャフトのしなりを感じないという方も多いでしょう。

また、インパクトでシャフトがどのような状態にあるのが正しいのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

シャフトのしなり戻しを活かすなら、インパクトではシャフトは目標と反対側に弓なりになって、ヘッドを振り出す形になっていなければいけません。

前述の通り、しなり戻りをつくるのです。

しかし、飛距離を出すことができないゴルファーの多くは、インパクトでシャフトのたわみの方向が逆になっているのです。

このシャフトのしなり方の違いが、飛距離の差に繋がってくるということよく認識する必要があるでしょう。

 

シャフトのしなりがわからない

当然のことですが、強い「しなり戻り」の力を発生させるためには、まずシャフトしならせることが必要になりますが、ただ漠然と振っているだけでは、シャフトのしなりはわからないかもしれません。

そのために重要になるのはシャフトが最もしなる切り返し直後のポイントです。

しならせるタイミング

トップで、ヘッドがまだ動いている間に切り返しを初めて、グリップを下ろす力とヘッドの慣性(遠心力)の引っ張り合いでシャフトをしならせるのです。

しかし、本来しなりが最大になるはずの、この切り返し部分で、実際にはしなりが解けてしまっているパターンが非常に多いのです。

それはトップの位置が決まらずヘッドが垂れ下がってしまうようなオーバースイングに原因があります。

これではシャフトにたまるはずの力を逃してしまっているので、理想のしなりを得ることができません。

 

ヘッドの重みでシャフトをしならせる

松山英樹

一方、プロやアマチュアの上級者はヘッドの重みを感じながらスイングしているので、しっかり切り返すことができ、シャフトをしならせることができるのです。

飛距離が出ないアマチュアゴルファーの中にも、ヘッドの重みを感じているという人がいるかもしれませんが、オーバースイングでヘットが垂れ下がってしまっている状態では、決してヘッドの重みを感じているとは言えません。

プロや上級者との違いを正しく認識する必要があるでしょう。

さらに重要なのは、インパクトゾーンです。

トップでしならせたシャフトをインパクトでしなり戻させるのです。そのためには、インパクトでグリップエンドをヘソに向けるように振ることが重要になります。

手が先行してしまい、過度なハンドファーストの状態になるとシャフトはしなったままになってしまい、決してインパクトの時にしなり戻ることがありません。

当然、エネルギー効率は悪くなるので、飛距離を出せなくなってしまうのです。

急に激変😳あっという間にアイアンのしなりを習得しちゃいました‼️

 

シャフトのしなりを感じる方法とは?

 

シャフトのしならせ方の練習

ドライバーでアプローチ

シャフトを正しくしならせるための練習方法としては「ドライバーのハーフスイング」が有効です。

これはシャフトのしなりだけでボールが弾かれる感覚を身につけられるのです。

ドライバーを使ってシャフトが地面と平行になる程度のハーフスイングから、なるべく強くボールを弾いて打つ練習です。

浅いテークバックから、強くボールを打つためには、クリップエンドを素早くおヘソに向けて、しなり戻りを使う必要があります。

もし、この練習でしなりが感じられないようなら、グリップの握り方が強すぎるか、身体全体が力みすぎている可能性があります。

この感覚を身につけるための練習になります。

とにかく軽くて、メチャクチャ飛ぶと噂のだライバーです。

軽く振っても普段より20ヤードは飛ぶドライバーです。

レディースクラブを使う

レディースクラブを使うのも効果的な練習になります。

柔らかいシャフトでしなる感覚とタイミングを感じ取ることができれば、自分のクラブに戻ったときでも、正しいスイングができるようになるでしょう。

レディース用の柔らかいシャフトで球を打ってみると、タイミングが合わなければボールは大きく曲がってしまいます。

これでは正しくシャフトをしならせていないことになります。

柔らかいシャフトでもゆっくりスイングして、正しくシャフトをしならせることができれば、ボールは真っ直ぐ飛ぶはずです。

極端に柔らかいもの(練習器具)で素振り

ゴルフ用練習器具の中には、極端にシャフトを柔らかくした商品があります。

これで素振りを続けると、しなりのイメージが体得できるでしょう。

また、水道のホースを用いた素振りでも同じ効果が得られます。

1m程度に切った水道用ホースを、リズミカルに左右連続素振りをし、直後にサンドウエッジなどの重いクラブで素振りをしてみてください。

きっと、サンドウエッジのシャフトがグニャグニャに感じるハズです。

この感覚が得られれば、シャフトの効率的な使い方ができるようになるはずです。

但し、ホースを振る際、正しいスイングができないと、身体にホースがムチのようにぶつかるので、注意してください。

「シャフトのしなり」は意識しなければ、理解できないでしょう。

しかし、シャフトをしならせることができれば、これまでより飛距離も方向も安定してくるはずなので、是非、しなり戻りの練習をしてみてください。

こうすれば切り返しでシャフトはしなります【飛距離アップの鍵はここにある】

 

シャフトをしならせるために知っておくべきこと

 

シャフトのしなりを使ってドライバーを打ってみよう!【100切りへの道】

 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフクラブのシャフト
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2022 All Rights Reserved.