ゴルフの打ち方

「ボール初速」「バックスピン量」「打ち出し角」を測定して飛ばす

更新日:

 
ドライバーフィッテイング

数値が偏るとドライバーは飛ばない

飛ばすポイントを明確にする

ドライバースイングを固めていく上で大切になるのは「自分の改善したいポイントを明確にすること」です。

スライスが出るのか。またはフックボールなのか。

球は高いのか、低いのかなど、持ち球には人それぞれ特徴があります。

よいところはそのままに、悪い点を改善する。

特に飛距離を伸ばしたいのであれば、どこを改善すれば飛距離につながるのかを解明する必要があります。

「飛ぶ」とは

ただ単に力任せにドライバーを振り回せば飛距離が出るわけではありません。これは多くのゴルファーが実感していることだと思います。

飛ばすには、もっと科学的な必要となる数値を計測することからはじめるべきです。

ボールを遠くに飛ばすには、3つの数値を理想に近づけることが必要になります。

3つの数値とは、「ボール初速」「バックスピン量」「打ち出し角」です。

この3要素は、バランスが重要で、ひとつでも偏った数値になると飛距離にはつながらず、一気に飛ばなくなってしまいます。

ボール初速があり、打ち出し角も高いのに、バックスピン量が適切でなければ、飛距離は出なくなります。いわゆる「ホップ」や「ドロップ」するような球は、バックスピン量が適性ではないために飛距離をロスしてしまうのです。

つまり、3要素のすべてが許容範囲内に収まることが重視されるのです。

 

ボール初速

ボール初速は飛ばしの基本となる数値で、簡単に言えば、打ち出したときのボール速度のことです。

これが速ければ速いほど、ボールの持つエネルギーは大きくなり遠くへ飛ぼうとします。

但し、このボール初速を飛距離に生かせるかどうかは、もう2つの数値であるバックスピン量と打ち出し角と密接に関係してきます。

 

バックスピン量

バックスピン量は、インパクトでボールとフェースの摩擦により、ボールが逆回転する量のことです。

ボールに揚力を与える役目を持っており、多すぎるとボールは前にではなく、上に飛んでしまい飛距離を大きくロスしてしまいます。

いわゆる「吹け上がる」という状態です。

逆に少なすぎればボールが上がらず、キャリーが不足して早く地面に落ちてしまい、こちらも飛距離を大きくロスします。

適正なバックスピン量は、ボール初速の数値によって変化し、初速が高ければスピン量は少なめ、初速が低ければ、ある程度のスピン量が必要になります。
プロのようにヘッドスピードが早く、ボール初速が速い人は、バックスピン量を減らしたいと考えます。

一方、ヘッドスピードが遅いアマチュアゴルファーやレディースゴルファーは、バックスピン量を増やせるドライバーを選んだほうが飛ぶのです。

 

打ち出し角

打ち出し角はインパクトでボールがどれくらいの角度で飛んでいくかを表した数値です。

ボール初速が高ければ打ち出し角は低く、ボール初速が低い場合は、打ち出し角はある程度高さが必要になります。

プロやトップアマは、低く打ち出し、そのままの勢いでズドーーーンと飛ばすイメージ。

逆にヘッドスピードが遅いゴルファーは、球の高さを出し、その勢いで飛距離を出すのです。

この3つの数値の関係が、飛距離を左右するのです。

 

数値の計測

「ボール初速」「バックスピン量」「打ち出し角」を計測するにはどうすればいいのでしょうか。

2013年くらいから、クラブに装着するスイングテータ分析器が市販されるようになりましたので、これらを使うことで、数値を把握することができます。

3軸センサーによってクラブへッドやフエース向きの詳細な動きをテータ化してくれる装置で、しかも、分析結果やそれに応じたスイングアドバイスをスマートフォンなどで、その場で確認できる仕組みまで準備されているので、とても便利です。

こうした装置は、一般ゴルファーのスイングづくりのあり方をがらりと変えてしまう可能性を秘めていると言えるでしょう。

1990年頃、ビデオの活用がスイングづくりのあり方をがらりと変えましたが、ビデオではカラダやクラブの動きが、大まかな流れとしては把握できたものの、細かな要素については「見る目」が必要でした。

しかし、このスイングデータ分析器は、詳細にスイングを明らかにしてくれます。

フェースが開いてインパクトしたのか、どの方向から、どんな角度でインパクトしているのか。どこで加速し、ボールに当たる瞬間にはどのくらいの速度になっているのか。

もちろん、それがわかったからといって、即座に動きをどう変えればいいのかをアマチュアゴルファーが理解できるかはわかりませんが、自身のスイングの課題理解し、納得してスイング矯正に取り組むことができるようになるになることは間違いないでしょう。

トラックマン

最近、「トラックマン」という計測器が話題になっています。世界一正確な「レーダー弾道測定器」「ゴルフシミュレーター」です。

アメリカのツアープロは保有が常識になっているようですし、国内でも男女を問わず、トラックマンで数値を計測しているプロは多いようです。

しかし、価格は300万円以上するので、アマチュアが買うにはハードルが高すぎます。これはプロ専用のマシンと考えてください。

ゴルフショップ

少し大きめのゴルフショップに行けば、簡易的な計測器を置いてあるところもあります。

これで数値は把握できますが、あくまで簡易計測なので、必ずしも数値が正確かどうかはわかりません。

なにしろ、ショップにある試打クラブですし、シューズは普段履いているスニーカーだったりするかもしれません。

グローブがなく、素手でスイングしていれば、本気で振ることはできませんよね。

普段と同じ環境で計測していないとすれば、あまり参考にならないかもしれません。

スイング計測器を購入する

最近は持ち運べる計測器が高性能化してきています。スマホで使える計測器も散見されるようになりました。

比較的高額の計測器であれば、かなり確実な数値が取れるようになってきていますので、自分のスイングを数値化し、それを定点観測していけば、スイングや体調の変化が可視化できるかもしれません。

以下が、おすすめの計測器です。

 

アマチュアゴルファーの数値

アマチュアゴルファーのデータを取ってみると、飛ばしに必要な3項目で理想値に近いデータが取れる人はほとんどいないのではないでしょうか。

理想の数値が出せる人は、ツアープロでもそうはいないと思いますので、それをアマチュアゴルファーに求めるのは酷かもしれません。

では、アマチュアゴルファーはどんな傾向にあるのか。

これは使用しているドライバーとヘッドスピード、腕前によってかなり左右されると思います。

そして、これら数値のバランスと共に、なぜ自分が飛ばないのかを理解している人はほとんどいないと思われます。

それは、飛ばしに必要な知識を持っていないからに他なりません。

ほとんどの方は、「自分の打ち方が悪い」で片づけてしまい、本当の飛ばない理由を追求しません。

確かにスイングに問題がある場合もありますが、それ以前に自分に合っていないドライバーを使っているとすれば、その方が問題です。

自分に合わないドライバーを使って、スライスが出てしまえば、それを修正しようと、間違ったスイングに変えてしまうリスクがあります。

ドライバーの問題をスイングで改善しようとしてしまうのです。

本来、ドライバーは能力以上の飛距離を出してくれる道具に過ぎません。あくまで主役は自分のスイング。ドライバーは脇役なのです。

このような間違った意識で、いくら練習を積んでも飛距離は改善はされないのです。

ゴルフメーカーが広告の中で言う「低スピンは飛ぶ」というキャッチコピーに当てはまるのは、ある程度打ち出し角を高く打ち出せるゴルファーで、ボール初速があまり高くないゴルファーには逆効果になってしまう可能性があるのです。

自分に不足していて、真に必要になる要素はなにか。

これを理解した上で、自分のスイングにフィットするドライバーを選んでください。


 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフの打ち方
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2022 All Rights Reserved.