ゴルフの打ち方

最新ドライバーに適したスイング論でもっと遠くに飛ばせる

更新日:

 

最新のドライバースイング

現代のドライバーのスイング理論とは、どのようなものなのでしょうか。

単純に言えば「無駄を省いたシンプルなスイング」で、具体的にすると「メカニカルで再現性の高いスイング」です。

ズバリ、これがドライバースイングのコツです。

 

最新のドライバースイングはシンプル

アメリカで活躍するトッププロでも、昔に比べれば、明らかにスイングはシンプルになっています。

ニーアクションは減り、いかにドライバーに仕事をさせるかというスイングに変化してきています。

過去のスイング論は、重く振りづらいドライバーをいかにして振り、ボールを飛ばすかという、現代から見れば、道具のデメリットをどうスイングで補っていくかといった考え方でした。

パーシモンヘッドにスチールシャフトのハードなスペックですから、スイングにも個性がありました。

しかし、現代のスイング論は、ドライバー自体が進化した結果、ドライバーの性能をスイングで補うといった考え方は主流ではありません。

どちらかといえば、どのように振ればドライバーの性能を最大限に生かせるのかという考えになっています。

 

ドライバーの飛距離は伸びている

現代のドライバーは、誰でも飛ばせるように設計されているので、いかにドライバーの邪魔をしないか。

ゴルファー側の無駄な動きによって飛距離をロスしないか。

その点を追求したスイングが求められており、その結果がメカニカルな動きになっているのです。

昔の重いドライバーは腕を積極的に振り、ある程度ヘッドを加速させないと、ボールにパワーが伝わりませんでしたが、今のドライバーは軽量化が進み、性能がよくなって、無理に振らなくてもボールが飛ぶようになりました。

この違いが理解できていないと、昔のスイング理論で飛ばそうとしてしまいます。

それでは最新ドライバーの性能を引き出すことはできないのです。

 

ドライバーの選び方

ドライバーの飛距離と正確性

ゴルフはただ飛ばせばよいだけのスポーツではなく、正確性も大切になります。

飛距離と正確性を両立するためには、自分が頑張って振るよりも、ドライバーの性能を引き出すと考えた方が安定するのです。

そのためには「気持ちよく振れるドライバーを選ぶこと」です。

ヘッドの形状に違和感があったり、シャフトが長過ぎたりすると、ドライバーを信頼できなくなり、自分のスイングができなくなります。

それでは、ドライバーの性能を引き出せません。

違和感なく振れるドライバーが最低条件になるのです。

 

初心者に合うドライバーとスイング

初心者のドライバーショットと言えば、90%はスライスでしょう。

スイングが完成していないため、毎回違うスイングになり、打点がばらつきます。

そして、ドライバーの長さを扱いきれず、カット軌道になるので、スライス回転がかかります。

さらに、思いっきり振ることができず、ヘッドスピードが上がらないので、球が上がらなくなります。

このスイングの傾向を把握した上で、慣性モーメントやつかまりなどを優先にドライバーを選んでみるといいでしょう。

 

最新ドライバーはスライスしない

ドライバーがスライスするという悩みを持つゴルファーは多いでしょう。

「クラブが合わない」「シャフトが柔らかすぎる」など、その原因をドライバーに求めてしまう人がいます。

また、鉛を貼って微調整をするゴルファーもいますが、多くの場合、これは間違いです。

最新のドライバーは高性能なので、曲げたくても曲がらないように設計されています。

もしドライバーショットが曲がるのであれば、それはスイングに問題があるのかもしれません(もちろん、インテンショナルショットや小さなフェードやドローは別です)。

主な原因は「振り遅れ」や「力みすぎによるスライス」だと思われます。

ドライバーが正確性を確保してくれているので、ゴルファーが自分のスイングでそれを疎外してしまうことは愚の骨頂なのです。

飛距離同様、正確性もドライバーの性能に依存し、ゴルファーはそれを邪魔しないこと。

これが現代のスイング理論なのです。

 

ドライバーのシャフト

ドライバーのシャフト選びも重要です。

シャフトの重さ、長さ、トルクなどの要素がスイングに合っていなければ、飛距離を出すことはできません。

アマチュアゴルファーは、硬いシャフトを使いたがる傾向にありますが、本当に飛ばせるシャフトは「振れる範囲で一番重く、かつ柔らかいシャフト」です。

シャフトの性能を最大限に使うのであれば、柔らかい方がいいのです。

最大のしなりを使えるシャフトを選びましょう。

人気があるのは「ディアマナ」や「ツアーAD」ですが、専門店でフィッティングをすれば、本当に合ったシャフトを見極めることができ、既存とシャフトと交換することもできます。

 

人気のドライバー

 

ドライバースイングの練習

フィニッシュの形

昔のスイングでは、「逆Cフィニッシュ」が良いとされてきました。

この逆Cとはフィニッシュの形を表したもので、アルファベットのCを逆にしたような姿を形容したものです。

頭をアドレスの位置からできるだけ動かさずフィニッシュまでドライバーを振りきるとこの形になります。

そうするとインパクト後のフォロー、つまりドライバー軌道がアッパー軌道になりやすくなるのです。

パーシモン時代のドライバーはボールが上がりにくかったので、少しでも高く打ち出すために生み出された動きであり、理論でした。

これを最新のドライバーでやるとどうなるでしょうか?

ボールが上がりすぎてしまい、飛距離を大きくロスしてしまうでしょう。

現代のドライバーは、オートマチックで球が上がるようになっているのです。

そして、フケ球になるので、確実に風にも弱くなってしまいます。

現代ではこの「逆Cフィニッシュ」をしている人はさすがにいないと思いますが、できるだけIの字フィニッシュに近づくよう練習してみてください。

 

最新ドライバーのスイング理論

このように昔の理論と今のドライバーを結び付けても、飛距離はもちろんのこと、ゴルフ全体の上達にはつながりません。

むしろ妨げているという結果になるのです。

現代のスイング論とは、無駄のないスイングと書きましたが、これを言い換えると最新のドライバーの性能を引き出せるスイングです。

昔のスイング論は、いかに難しいドライバーを自分のテクニックやパワーでねじ伏せるかです。

そして、非常に残念なことに、今でもその頃の理論が根強く残り、現代に生きるゴルファーの上達を妨げています。

もう一度言います。

今までのスイングに関する知識を捨ててください。

そして、最新のドライバーに合った正しい知識を身に付けてください。

そうすれば飛距離は伸び、上達するスピードが速まることは間違いありません。


 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフの打ち方
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.