ゴルフ練習方法

ドライバー練習法|初心者でも簡単に飛距離20ヤードUP

更新日:

イボミドライバー

今のドライバースイングの基本

最近、飛距離が落ちたと悩んでいる方が多いと聞きます。

特に40代や50代のアマチュアゴルファーからよく聞かれる言葉です。

しかし、飛距離の減少は年齢による筋力の衰えだけが原因ではありません。

事実、プロゴルフの世界では、藤田寛之選手などの多くの選手が40代以上になっても飛距離を伸ばしています。

では、なぜアマチュアゴルファーは飛距離が落ちてしまうのでしょうか。

それは、スイング理論に原因があります。

おそらく、40歳以上のゴルファーはゴルフをはじめた頃の昔のクラブで、昔のスイングの基本を作ったのはでないかと思います。

しかし、最近のゴルフクラブは、昔とは、大きさも重さも性能も全く違います。

その最新ドライバーを、昔のスイングで打っても、絶対に飛ばないのです。

 

ヘッドの大型化で理想のドライバースイングが変化

ベテランゴルファーの皆がゴルフをはじめた頃は、ヘッド体積300cc未満のドライバーが大型ヘッドと言われていた時代です。

しかし、今はどのメーカーのドライバーもヘッド体積は460ccが主流です。

見た目だけでも全然、違うのです。

大きさだけではありません。クラブの重さも違います。

昔はドライバーでもスチールシャフトでした。そのため、ドライバーの重さが400グラム以上ありましたが、今は290〜300グラムが中心です。

軽量ドライバーなら260〜270グラム台まであります。

その重さの違いによっても、正しいスイングは違ってくるのです。

そして、最もスイング作りに影響を与えるのが「重心の位置」です。

単純にドライバーのヘッドが重くて,小さかった頃は、重心が浅い位置にあります。

しかし、ヘッドが軽くて大きくなった最新ドライバーは、重心が深い位置にきています。

この重心の違いが、スイングに最も影響を与えているのです。

重心というのは、シンプルに説明すると重さを感じるポイントです。

それが昔のドライバーはフェース面に近い位置にありましたが、今はフェース面から遠い位置になっています。

その重心の違いによって、スイングも違ってくるのです。

 

ドライバースイングのコツ:タメを作る打ち方は逆効果


もしかすると、今も「タメを作るスイング」を意識している人も多いかもしれませんが、それは昔のドライバーを打つためのスイングです。

もちろん、セルヒオ・ガルシアのように強烈なタメをつくるゴルファーもいますが、プロは例外にさせてください。

最近のドライバーは「上がりやすい」「やさしい」と言われますが、それこそがドライバーの進化をあらわしています。

つまり、昔のドライバーは重くて硬い上に、難しくて、上がりにくいクラブだったのです。

そんな重くて上がりにくいドライバーを打つためには、タメを作ることがスイングの基本とされていました。具体的には、トップからダウンスイングにかけて手首を立てて、シャフトが立った状態でボールを打ちにいくスイングです。

その打ち方でなければ、パワーが足りずに、打球が上がらなかったので、その時代に活躍したプロゴルファーはそういうスイングでした。

重く硬いドライバーだったあの時代は、タメるスイングでなければ、ボールが上がらなかったのです。

その打ち方は、ボールに強烈なバックスピンをかけて、ボールを上げる打ち方ですが、しかし、今は全く逆の考えです。

今のドライバーは重心が深くなったことで、バックスピンがかかりやすくなり、逆にバックスピンをかけすぎてしまうと、吹け上がってしまい、飛距離が出ないのです。

だからこそ、昔のスイングで今のドライバーを打つと飛ばなくなるのです。

今のドライバーはレベルブローが最も飛ぶ

女子プロのドライバーの飛距離

最近は、女子プロ人気が高まっていますが、彼女達のヘッドスピードは、一般のアマチユア男性と変わりません。

ヘッドスピードは40キロ前後の選手がほとんどですが、それでも250ヤード前後の飛距離が出ます。

順位 選手名 平均飛距離
1 葭葉ルミ 261.93
2 川岸史果 256.72
3 穴井詩 255.88
4 テレサ・ルー 254.56
5 山城奈々 253.55
6 渡邉彩香 251.43
7 比嘉真美子 249.83
8 山本景子 248.73
9 成田美寿々 248.55
10 川崎志穂 247.76
11 笠りつ子 247.46
12 ペ・ヒギョン 246.14
13 イ・ミニョン 245.88
14 山田成美 245.48
15 柏原明日架 245.39
16 岡山絵里 244.96
17 ベイブ・リュウ 244.54
18 辻梨恵 244.02
19 大城さつき 243.8
20 藤田さいき 243.69

飛びのスイングの秘訣はレベルブロー

それは最新ドライバーに合ったレべルブローを身につけているからです。

昔の理想だったタメを作るスイングは、インパクト前まで手首を立てて、上からボールを打ち込むようなダウンブローでした。

しかし、今の大型ヘッドに合った打ち方は、タメを作らずに、トップからダウンスイングにかけて緩やかに手首を返していくスイングです。

その結果、インパクト前後ではヘッドが地面と平行にレベルブローになることが理想です。

このレベルブローを意識するだけで、最新ドライバーは大きな武器になります。

よくメーカーが「新作ドライバーはやさしくなりました」というのは、フエース面のヒットエリアが広くなったという意味です。

しかし、昔の打ち方でタメを作って上から打っていてはその性能を引き出せません。

逆に、レベルブローで平行にボールを打てば、フェースのセンターからヒール側、トゥ側に打点がズレても、ほとんど曲がらずに真つすぐ飛びます。

だから、女子プロはレべルブローを身につけて、安定して、遠くにボールを飛ばせているのです。

100切りを目指すゴルファーにも参考になる打ち方でしょう。

 飛ぶドライバー最新人気ランキング

HAYABUSA


とにかく飛ばすことだけに着目した、根本プロ監修の究極の高反発ゴルフドライバー。
ベテランになると、飛距離は落ち込むばかり。
若いころの飛距離を取り戻したい!そんなベテランゴルファーの方にビックドライブを実現するドライバーです。

【HAYABUSAの特徴】
■パワーを最大にするHAYABUSAユニファイシステム
■究極のスピン量である2,000~2,500 PPMを生むツインウェイトシステム
■究極の打感と最適な打ち出し角とたわみを生む三次元スプリング構造
■ロングクラウン構造
■高弾性シャフト
■全国送料無料


 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフ練習方法
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.