ゴルフドライバー

ドライバーのカチャカチャで弾道は変わる?|重量・ロフト・ライ角調整

更新日:

 

 

ドライバーのカチャカチャは便利

ドライバーの選び方

ドライバー選びは、自動車のモデル選びに似ています。

エンジンや足回りなど、走りの性能だけを求めて車種を決める人もいれば、メーカーやデザイン性を重視する人もいます。

また、質感やフィーリングにこだわる人もいれば、ブランドだけで選んでしまう人もいます。

このように、ドライバーも自動車も人それぞれに好みがあります。

正解はないので、ドライバーのモデル選びは、自分の趣味や嗜好、または感覚を重視してもいいと思います。

但し、「なんか振りにくいな」と思いながらスイングしても、ナイスショットは望めません。

自分が気に入って高い満足感が得られ、自信を持って振れるドライバーを使いましょう。

カチャカチャで調整

ドライバーは高価なので、簡単に買い換えることができません。

そこでおすすめしたいのが、ドライバーのカチャカチャ機能です。

ドライバー重量、ライ角、ロフト角を微調整できるため、選択の失敗を補うことができるのです。

最近はどのメーカーのカチャカチャ機能を付けているので、概ね気に入ったドライバーを選び、あとはカチャカチャ機能で微調整をする。

そんなドライバー選びが主流になっています。

 

ドライバーの重さをカチャカチャで変える

「自分に合うドライバーが見つからない」というゴルファーの声をよく聞きます。

確かに、最近はドライバーのバリエーションも増えました。

ゴルフショップに行くと、沢山の種類ドライバーが並んでいますので、理想のドライバーを探す苦労はあると思います。

調整機能付きドライバー

近年のドライバーは新モデルが登場するたびに大きく進化しています。

特に多くのドライバーにはヘッドとシャフトを着脱できるシステムが採用されるようになったことで、選択の幅が広くなりました。

さらに、ロフトの調整が行えるようになり、モデルによってはヘッドに装着されているウェイトを交換したり動かしたりして、弾道の曲がりを調整できるようにもなっています。

このような機能が自分に合っているのか。

自分が使いこなせるのか・・・という疑問が湧いてきてしまい、ドライバー選びを難しくしているのです。

ヘッドスピード別の最適重量

クラブ選びをするうえで、ドライバーでもアイアンでも最も重視されるのは「クラブ総重量」です。

今はシャフトも多彩になったので、260グラム台のドライバーもあれば、300グラムを超えるドライバーもあります。

その中で自分に合った重さを選ぶことがなにより大切になるのです。

重さを重視する理由として、それは、球筋と飛距離に直結する要素だからです。

重さ選びをする上でヘッドスピードが最初の基準になると思いますが、基本的にヘッドスピードの速い人なら重量感のあるドライバーが合っていますし、ヘッドスピードが遅い人なら軽量タイプがよいと思います。

個人差はありますが、20〜40代の年齢的にも若く、まだまだ振れる筋力があるゴルファーであれば、45.25インチのドライバーで総重量300グラム程度を目安にするといいでしょう

さらに、ヘッドスピードが早いアスリート系ゴルファーなら、305グラム以上の方が球筋が安定するはずです。

シニアや女性など、あまり体力に自信がない人は300グラム未満のモデルを選ぶといいでしょう。

軽いドライバーを選ぶのは恥ずかしいという風潮がありますが、そんなことは無視してください。

無理をしたり、見栄を張らずに、最適な重量のドライバーを選んでください。

ゴルフクラブは、重すぎると振り切ることができなくなり、軽すぎるとスイングが不安定になります。

自分のパワーや体力に合った重さのドライバーを探し出しましょう。

ドライバー選びの第一歩は重さなので、ヘッドスピ一ドの早い人はやや重めのドライバー、遅い人には軽量ドライバーがオススメです。

 

ドライバーの振りやすさをカチャカチャで変える

ドライバーの顔

ドライバーを選ぶときに、特にベテランゴルファーほど「顔がよい」「打感がよい」ということを重視します。

ドライバーは構えたときのイメージが大切なので、顔のよさを重視するのもわかります。

しかし、それだけではよいドライバーショットは打てません。

それ以上に大切なのは、「振りやすさ」です。

重量が振りやすさに直結する

振りやすさはクラブ選びで最も大切なことです。

そして、その振りやすいクラブというのは、自分のヘッドスピードに合った重さのクラブともいえます。

意外にもアマチュアゴルファーの人は、自分が使っているドライハーの重さを知らない人も多いため、クラブ総重量は見落とされやすいポイントになっています。

しかし、最近はドライバーも多様化して、いろいろな重さのモデルがショップには並んでいるので、その重さ選びがより重要な時代になったともいえます。

 

ドライバーのロフトをカチャカチャで変える

ドライバーにはロフト(角度)が付けられていています。

このロフトによって球の打ち出し角が変わってきます。

ドライバーは、パター以外のクラブの中でもっともロフトが少ないクラブです。

多くのドライバーでは、8.5度~11度くらいのロフトがあらかじめ用意されています。

一般的に、パワーヒッターは低ロフトで吹け上がらない球筋を追求し、スインガーは高ロフトで打ち出し角を高くし、飛距離を稼ぎます。

このように、ドライバーのロフトは、飛距離(球筋)に大きく関わってきます。

つまり、ヘッド形状の好みによるモデル選びだけではなく、ロフト選びも大切なのです。

そもそも最新のドライバーは打ち出し角を高くし、低スピンで飛距離を出す設計になっているので、球が上がりづらいドライバーは、総じてナイスショットが打ちづらく、飛距離が得られないのです。

仮にヘッドスピードが早くても、初心者ゴルファーの場合は、ロフトが大きめのモデルを選んでおくのが無難と言えるでしょう。

 

ドライバーには短期間の新車効果がある

最初は打ちやすいドライバー

ドライバーの買い替え時によく経験することですが、「新車効果」といわれる言葉があります。

それは、今使っているドライバーよりも新しいドライバーにしたときに、短期間ではありますが、飛距離が伸びるという効果のことです。

しかし、時間の経過とともにその新車効果が薄れてしまい、飛距離も元に戻ってしまうという現象も起きます。

ドライバーの飛距離が落ちていく理由

新しいドライバーにすると、ゴルフアーは「どんなクラブだろう?」と慎重に打つので、自然と力を抜いて振るようになります。

その力を抜いた状態で打つことでシャフトのしなりを生かせるスイングになり、飛距離が出るようになるのです。

しかし、その後「これだけ楽に振って飛ぶなら、もつと力を入れれば」というような心境になり、昔のドライバーのように力を入れて振ろうとするのです。

でも、そのときには、以前のスイングに戻ってしまい、新車効果が消えてしまうのです。

ドライバーを変えたばかりのときは、「このドライバーはどんな性能なのだろう」という気持ちが、自然とそのドライバーの性能を生かそうという気持ちになっていて、それがリラックスしたスイングを作るのです。

ただ、こういう人は、その新車効果が消えるとまた次の新しいドライバーを購入しようとします。

「次から次に」ドライバーを購入するような負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

そうならないためにも、ドライバーを買った直後の力を抜いてドライバーの性能を生かそうという意識をもって振ることを心掛けることが大切なのです。


 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフドライバー
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2022 All Rights Reserved.