アイアン

アマチュアの85%はダウンブローができていない

更新日:

 

切れるアイアンを打つ方法

松山英樹選手など、PGAツアーを戦うトッププロは、200ヤード前後の距離を9番アイアンで打ちます。

テレビを見ていて「さすがに届かないのでは・・・」と懐疑的になりますが、なんと十分届いてしまうのですから、本当に驚きです。

逆に短い距離を打つ番手がなくなってしまうのではないかと心配になるくらいです。

私は9番アイアンで130~135ヤードですから、7番手くらいの違いがあるのです。

もう異次元です。

トッププロのパワーには脱帽ですが、実際はパワーだけで飛距離を出しているわけではありません。

プロとアマチュアの根本的な打ち方の違いが、その飛距離に表れているのです。

 

プロとアマの違いは「ダウンブロー」にある

プロの飛距離の秘訣のひとつは「ダウンブロー」にあります。

ダウンブローで打つと、バックスピンがかかり、ボールが止まりやすくなる上に、飛距離まで伸びます。

ダウンブローのスイング軌道は、ロフト角が立ち、ボールが高く上がるようになります。

アイアンであれば、ロフト角が立つことによって、1~2番手上のクラブと同等のロフト角となるので、飛距離が上がります。

また、バックスピンがかかることによって、揚力が増し、より高い打球となることで、さらに飛距離がアップするのです。

PGAツアーのトッププロの飛距離は、ダウンブローの打ち方によって生み出されているのです。

 

ダウンブローで打つ

上級者の証であるダウンブローで打つ。これはアマチュアの憧れでもあります。

上から打ち込むことにより、ターフが取れるようになります。ダフりとは違う、きれいなターフは快感以外の何ものでもありません。

また、ターフが取れることによって、いいスイングができているという確認にもなるので、ラウンド中に自信が持てるようになるのです。

ボールの先がスイングの最下点になるように振る。その結果、ヘッドが上から下に向かってボールに当たる。ロフトがオリジナルな状態よりも立ってボールに当たり、ボールの先の芝を削り取って、華麗に夕ーフを飛ばす。

これがダウンブローのメカニズムです。

ボールの重心よりもアイアンヘッドの重心は高いため、通常は芯と芯が衝突し合ったインパクトにはなり得ません。

しかし、ダウンブローなら、ヘッドがボールの下に滑り込んでいくため、芯と芯が衝突が実現します。

ロフトが立つことと、芯で打つことでエネルギー効率が良くなるため、ダウンブローのショッ卜は飛距離が出るのです。

さらに、ダウンブローに打てばスピンが強くかかるため、グリーンでボールはよく止まります。

「グリーン上のバックスピンでベタピン」もダウンブローだからできることなのです。

 

ダウンブローのチェックポイント

自分はダウンブローに打てているのか?

よくわからないという声も多いようです。

中にはダウンブローを意識しすぎて、鋭角にヘッドを入れてしまう人もいるようなので、正しいダウンブローのチェックポイントを知っておきましょう。

ボールの先の芝が削れている

ボール真下の芝が削れるのはダウンブローではありませんし、まして手前の芝が削れているのは単なる「ダフリ」です。しっかりとボールの先の芝が長方形に削れるようにしましょう。

グリーンに落ちたボールにバックスピンが掛かってピタッと止まる

ダウンブローに打てた球は適度なバックスピンがかかるので、グリーン上で止まります。中にはプロのようにバックスピンがかかる場合もあるかもしれません。グリーンに乗っても、転がってエッジまで出てしまうような球はダウンブローに打てていない証左です。

芝に沈んでいてもボールを上げることができる

多少のラフやライの悪い場所であってもダウンブローに打っていれば、適度なスピンがかかるため、自然と球は上がります。特にベアグランドのようなライはダウンブローかどうかをチェックするには最適です。ここでクリーンに打てれば、ダウンブローに打てていると言えるでしょう。

 

実はダウンブローのほうがやさしい打ち方

ダウンブローの場合、リーデイングエッジを入れていくのは、ボールの赤道の下ならどこでもいいくらいです。

「ボールと芝のすき間」のような狭い点でなく、許容幅が広くなるので、気持ちの上でも余裕ができるので、いいスイングがしやすくなります。

そんなアバウトな狙いでも、ボールの赤道より下にヘッドが入れば、そのまま球を持ち上げてくれるので、結果はまずまずになります。

ただし、気をつけてほしいのは、意図的に「上から下へ当てに行く」のではないということ。

プロもあくまでもスイングのメカニズムにのっとった自然な動きをしながら、ただ、スイングの最下点の少し手前でボールに当てているだけなのです。

それがダウンブローの真実です。

 

ダウンブローに打てない理由

なぜ多くのアマチュアゴルファーはダウンブローに打てないのでしょうか。

アイアンは地面からボールを打つクラブです。ティーアップするドライバーとは、この点が決定的に違います。

地面から打つアイアンは、先にクラブヘッドが地面に当たらないように、つまりダフらないように気をつけながら、直接ボールにヘッドをクリーン当てる必要があります。

しかし、ここで問題が発生します。

ボールにヘッドを直接当てようとする動きが、「ダフりたくない」という気持ちを呼び起こし、ボールをすくい上げる動きになる。

つまり「すくい打ち」を誘発してしまうのです。

すくい打ちは、ヘッドを下から上に使う動きになるので、体重は右体重のままになります。

いわゆる「明治の大砲」です。

さらに、すくい上げようとしても、地面があるので、ヘッドを入れるスペースがありません。

それを意識すれば、トップのミスが出るようになるのです。

つまり多くのゴルファーは、ダウンブローの真逆の軌道でアイアン打とうとしているのです。

セオリーと真逆のスイングなので、ミスショットを繰り返すのは必然と言えるでしょう。

 

ダウンブローに打つためのポイント

ダウンブロー軌道でアイアンを打つためのポイントは案外シンプルです。

アイアンをダウンブローで打つ際は、ヘッドを上から下に動かす必要があるので、まずそのための構えをしなければいけません。

ボールを横からアッパー気味に捉えるドライバーショットとは違う姿勢になることは感覚的に理解できるのではないかと思いますが、このダウンブロー用の構え方こそが、アイアンをダウンブローに打つための、重要なポイントなのです。

ダウンブロー用の構えのスタンスは、ドライバーよりも狭く、ボールの位置は、スタンスの真ん中ぐらいで、上から打ち込める状態をつくります。

その上で、ボールをヒットしやすいように、ボール位置より、グリップの位置が飛球線方向にある「ハンドファースト」の構えをします。

このハンドファーストを崩さないようにスイングすると、ダウンブローにインパクトすることができるのです。

 

スイング中に手首の角度をキープする

ダウンブロー用の構えができたら、次はトップで作った手首の角度を維持することを意識しましょう。

スイング中に手首の角度が何度も変化するようであれば、ダウンブロー用の構えも台無しになってしまいます。

ハンドファーストにインパクトを迎えるためにも、手首の角度を維持してください。

これでダウンブロースイングが完成します。

トップで作った手首の角度をキープしたままダウンスイングすると、ヘッドが上から降ろされるので、ハンドファーストをキープしたインパクトになり、ダウンブローに打ちやすいのです。

多くのアマチュアゴルファーは、トップの位置から手首の角度を保ったままインパクトを迎えられていません。

その結果、コックのリリースが早くなり、ダウンブローにボールを打てなくなるのです。


 

【今、最も売れているアイアンはコレ!!】


 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-アイアン
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.