ゴルフボール

バックスピンでキュッと止まるアプローチの打ち方とボールの選択

更新日:

 

ピンハイに打っていき、グリーン上バックスピンをかけて、ピンそばに寄せる。

これは「みんゴル」だけの世界ではなく、男子プロのテレビ中継でよく見るシーンです。

バックスピンがかかるような強い球に憧れるアマチュアは多いと思いますが、実はこのバックスピンのメカニズムが明らかになったのは、つい最近のことなのです。

 

バックスピンとは

バックスピンとは、ボールの飛ぶ方向とは逆向きにかかるボールの回転のことです。

クラブには、ロフト角がついているので、ボールにはバックスピンがかかるようになっています。

これにより揚力を得て、球が上がっていくのです。

ボールのバックスピン量が増えれば、ボールには揚力がかかり、大きく飛距離が伸びます。

しかし、バックスピン量が多ければいいというわけではなく、適量を超えたバックスピンは、球が高く上がりすぎてしまい、逆に飛距離をロスします。

プロは最適なバックスピン量を維持できるため、最大の飛距離を得ますが、アマチュアはバックスピン量が多すぎるため、途中で失速するような球になってしまうのです。

このようなタイプのアマチュアゴルファーのために、最近のドライバーは、無駄なバックスピン量を減らせる設計になっています。

バックスピン量をコントロールする

逆にスピン量が少なければ、そもそも球は飛びません。

ボールはすぐに失速してしまいます。

バックスピン量は多くても、少なくてもダメなのです。

このバックスピンをうまくコントロールできるかどうかが、上達の1つの条件になります。

いわゆる「スピンコントロール」です。

クラブのフェースをオープンにしたり、クローズしたりすることで、さまざまな回転をかけることもできます。

ボールの弾道をある程度コントロールできることが、シングルプレイヤーへの道でしょう。

 

7番アイアンでバックスピン?

アマチュアゴルファーはバックスピンへの憧れが強いようで、よく「どうしたらプロや上級者のようにバックスピンをかけられますか?」と聞かれることがあります。

しかもウエッジだけではなく、7番アイアンでもバックスピンをかけたがります。

しかし、バックスピンは「かけるもの」というより「かかるもの」と言う方が正解です。

プロのバックスピンは、必ずしも意図的にバックスピンをかけているわけではないのです。

では、何が原因でバックスピンがかかるんでしょうか?

主には「ボール性能」と「クラブ性能」です。

また、コース(グリーン)の状況。

さらに、天候や風。

そして、スイングです。具体的には「ダウンブローで打つこと」が必須です。

これらの条件が重なった場合、バックスピンがかかりますが、プロやシングルプレイヤーでも、これらの条件が欠けてしまえば、バックスピンはかかりません。

必ずしも自分の意思だけで、バックスピンをかけられるわけではないのです。

 

バックスピンのメカニズム

インパクトの瞬間、アイアンにはロフト角があるため、ボールはフェース面上を上に向かって滑ります。

そして、ボールとフェースとの摩擦によって、ボールの滑りが止まって、静止状態になる。

ボールがフェース面上を滑り上がるときに、ボール表面にかかるフェースの摩擦によって、ボールはバックスピン方向に回りはじめると同時に、ボールの内部には回転慣性(回転の力に対抗し、その場で止まっていようとする力)がはたらいて、静止していようとするので、ボール表面と内部との間にねじれが生じるのです。

このねじれに対し、復元力がはたらく。

それによって内部もボール表面につられてバックスピン方向に回転し始めるますが、この復元力は、元通りに戻った段階で終わるのではなく、さらに内部を回り続けさせてしまう。

つまり表面の回転を内部が追い越すのです。

そして、表面にはバックスピンを止めようとする力がはたらくことになるので、バックスピンがかかるという仕組みです。

この現象が1万分の5秒という僅かな時間の中で起きているのです。

 

バックスピンはボールの性能次第

この「ボールの内部でねじれが生じて戻る」動きについて、さらなる研究を続けた結果、ねじれの大きさはボール内部の硬さの分布によって変わることがわかり、それ以降、ボールの設計に活かすようになりました。

現代のゴルフボールは「コア」「中間層」「カバー」という3ピース構造になっていますが、それぞれの層の厚さを変えたり、素材を変えて内部構造を変化させ、硬さの分布を制御したおかげで、今ではスピンのかかりやすいボールが開発されています。

それは、主にスピン系と呼ばれるボールですが、その目的に応じて、理論的につくられているため、ヘッドスピードなどにより、使い分けするようになっています。

スピン系のボールといっても一様ではありません。

ヘッドスピード別に、より効率よくスピンのかかるように設計されたボールがあるはずなので、それを選ぶようにしてください。

 

バックスピンは風にも影響される

風も、バックスピンの量と強さに影響します。

飛球方向と同じ方向に風が吹く追い風の場合、スピンがかかっている向きとは逆になりますので、スピン量は減りますが、飛球方向と同じ方向に風が吹くので、ボールが風に運ばれ、飛距離のロスは最小限になる場合が多いでしょう。

一方、向かい風の場合は、スピンがかかっている方向と同じ方向に風が吹くので、スピンは強まり、より揚力を得ますが、飛球方向とは逆向きの風になる、いわゆるアゲンストなので、飛距離をロスすることが多くなります。

風向きとバックスピン量を計算しながら、ショットが打てるようになれば、相当な腕前だと言えるでしょう。


 

【スピンのかかるアイアン】


 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフボール
-, ,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.