ゴルフドライバー

ドライバーのベストな重量は310gってホント?!

更新日:

 

試打会のワナ

よく練習場などで試打会が開催されています。

テーラーメイド、ダンロップ、キャロウェイ、ブリヂストン、タイトリストなど、有名メーカーが一堂に会する試打会は、規模の大きい練習場で定期的に開催されているようです。

その場にはクラフトマンもいて、特注のクラブに仕上げてくれ、すぐに買うことができる場合もあります。

ヘッドやシャフトを希望通りに組み合わせることができるだけでなく、重量も315g、320g、325g、330gなど、細かくカスタマイズしてくれます。

もちろん、バランス調整も完璧なので、自分に合った振りやすいドライバーが完成するでしょう。

一番売れるドライバー

試打会で一番売れるのは、総重量やヘッド重量の軽いドライバーです。

いきなり素振りをする。

軽いドライバーだと、とにかく振りやすく感じます。また、実際にヘッドスピードは上がるので、ボール初速も出ている手応えがあって飛距離も出ます。

新鮮さもあり「振りやすい」「ヘッドスピードが上がった」「飛ぶ!」と一気に買いたくなってしまうというわけです。

試打会の目的は「売上げアップ」ですから、とくかく短時間でいい印象を与えることが必要になります。

軽いドライバーなら、結果に満足し、気分をよくして、購入してくれやすくなるのです。

 

ドライバーに必要な要素

ところが、この「スピードアップ効果」は疑問符がつきます。

まず、芯で打てればヘッドスピードアップは初速の増大につながりますが、芯に当たらなかった場合、軽いヘッドのドライバーでは初速のロスが大きくなってしまうため、結果的に距離は落ちてしまいます。

しかも、この「スピードアップ効果」は長続きしないという問題があります。

軽いクラブは、全身を使うことなく、軽く扱えてしまいます。

つまり、手だけで持ち上げ、手の力で振ってしまうのです。

その方が速く振っている感触が得られますが、実際にスピードは出ないので、当然ですが、飛距離も出ません。

また、クラブが軽いとトップでのカラダの回転が浅くなり、スイング軌道はカットになりやすくなるため、基本的にはスライスの動きになります。

それを直そうと、今度は手で捕まえようとすれば、ダッグフックも出るようになるので、もう何が悪いのかわからなくなってきて、軽いスランプに陥ってしまうのです。

そして「買ったときにはあんなに手応えがよかったのに」と後悔することになるのです。

 

振れる範囲で最も重いドライバーを選ぶこと

ドライバー選びについて、専門家は「振れる範囲でなるべく総重量の重たいクラブを選ぶべき」との意見で共通しています。

ヘッドスピードが速いほどボールに与えるエネルギーは大きくなります。

同じヘッドスピードで軽いクラブ重いクラブをインパクトした場合、衝突力が大きくなる重いクラブの方がエネルギーは大きくなるので、飛距離は出やすくなるのです。

また、重ければ、手を使わず、全身を使ってスイングがでるので、感覚的には速く振れた手応えがなくても、測ってみればヘッドスピードは出ています。

そして、ヘッドが重いので、当たり負けせず、初速が出ます。

芯に当たらなかった場合のロスが小さいため、平均飛距離は必ず上がるのです。

さらに、手を使わなくなるので、どんなときも一定のスイングができるようになります。

プレッシャーのかかったティーショットでも、いつもと同じスイングがしやすくなるので、大きく曲がる可能性が減ります。

重いドライバーの弊害

重いドライバーの方が、効率良く飛ばせ、最大の飛距離が得られるかといえばそうではありません。
 
大切なのは重いことでなく、あくまで「自分が振れる範囲でできるだけ重量があること」です。

この点を間違えないでください。

自分のパワーよりも重いドライバーを使うと、結局は振れなくなってしまうので、今度はヘッドスピードが下がってしまい、衝突力が落ちます。

結果、飛距離をロスするのです。

そして、スイングのバランスを崩すので、ダフリのミスなどが起きやすくなる弊害も生まれます
 
ラウンド上がり3ホールでティショットが突然曲がりだしたり、ダフったりする人は、力量以上のスペックを使っている可能性があります。

普段は大丈夫でも疲れたときにドライバーの重さを支えられなくなっているかもしれません。

軽すぎるドライバーの弊害

軽すぎるドライバーもまた問題があります。

軽いドライバーなら振れる気がするでしょう。

そして、ヘッドスピードが上がるので、それが飛距離に反映されると考えがちですが、これが間違いの元になるのです。

軽いドライバーは簡単に振れてしまうので、無意識にスイングが緩んできます。

手だけのスイングになったり、当てにいくスイングになる傾向があります。
 
それがそのままクセとなって身についてしまい、本来のポテンシャルを削ってしまうのです。

本当はもっと飛ばせるはずなのに、知らぬ間に自分の能力を劣化させてしまっているのです。

さらに、軽すぎるとドライバーが余計な動きをしやすくなるので、ミート率が下がります。

その結果、いつの間にか飛ばなくなってくるのです。

 

ドライバーの最適な重量

「振れる範囲でできるだけ重い」とは、ベッドスピードを測りながら試せばわかります。

ある重さ以上になると、ヘッドスピードにバラツキが出てきますし、何より、重いと感じるはずです。

その場合には、ラウンド後半でドライバーが振れなくなってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

その一歩手前の重さが最適な重量と言えます。

クラブ重量は「軽い」と言われているクラブで270グラム程度で、「重め」と言われているクラブで330グラム程度です。

男子プロでも320グラム、女子プロなら300グラム前後、シニアのアマチュアは290グラム程度が多いと思います。

あくまで一般論ですが、ドライバーの適性重量は以下の通りです(目安は45インチ)。

39歳以下   310g±10g
40~49歳  305g±10g
50~59歳  300g±10g
60歳以上   290g±10g

つまり、たった20~30グラムの違いで、大きな差が出ということなので、重量がシビアであることが理解できるでしょう。

ヘッドスピード別のドライバーの選び方

ヘッドスピード38m/s以下
■女性ゴルファー
■シニアなどの男性ゴルファー
ヘッドスピード39~43m/s
■男性アベレージゴルファー
■女性ゴルファーの上級者
ヘッドスピード44~47m/s
■力のある男性アベレージゴルファー
■シングルレベルの男性上級者
ヘッドスピード48m/s~
■男性ハードヒッター
■プロレベルの男性上級者
総重量 275g~299g 総重量 300g~310g 総重量 311g~324g 総重量 325g~
シャフト 重量40g台 シャフト 重量50g台 シャフト 重量60g台 シャフト 重量70g台
トルク 6前後 トルク 5前後 トルク 4前後 トルク 3前後
ロフト 12度以上 ロフト 11.5度~10度 ロフト 10度~9度 ロフト 9度~8.5度


【最新人気ドライバー】

 

 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフドライバー
-

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.