ゴルフ練習方法

アプローチの練習法【80ヤード以内のクラブ選択とシャンク防止】

更新日:

 

アプローチとは

ドライバーが真っ直ぐ飛んで、フェアウェイ絶好の位置。

2打目のアイアンも悪くないショットで、ボールはグリーンの手前に。

ここからのショットがピンが寄り、パットが入ればパーをキープできます。

そう、このピンに寄せるショット、即ち「アプローチ」こそがスコアメイクの基礎になるのです。

しかし、多くのアマチュアゴルファーは、ここから叩いてしまうのです。

そのため、長いパットや難しいラインのパットが残り、それも入らない。

そして、無駄なボギーやダボになってしまい、気がつくと100以上のスコアになる。

そう考えるとアプローチが重要性が理解していただけると思います。

アプローチでざっくり&シャンク

アプローチがトップして、グリーンオーバー。

今度は慎重になりすぎて、そこからのアプローチをダフってしまう。

いわゆる「ざっくり」です。

ヒドい場合にはシャンクが出たりします。

せっかく2打でグリーン手前まで来たのに、上がってみればダボやトリになっているのです。

そのときに思うのです。

「アプローチの練習をしておけばよかった」と・・・

ゴルフのスコアメイクは「アプローチにある」と言っても過言ではありません。

100を切りたければ、アプローチの基礎を知ること。

90を切りたければ、50ヤード以内から高い確率で2打で上がることが条件になります。

 

アプローチの練習(簡単レッスン)

グリーン周りでの大叩きは、アプローチ練習の不足によるものと言わざるを得ません。

普段、打っていないアプローチショットを本番のコースで打てるわけがないのです。

ゴルフ練習場でもアプローチショットを打つ

練習場ではドライバーとアイアンのフルショットのみで、地味なアプローチショットの練習は敬遠されがちです。

ほんの数ヤードの距離にボール代を費やしたくないと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし前述の通りで、アプローチの距離感を養うことはスコアメイクをする上でかなり重要になります。

いろいろな練習器具も売っているので、それらを使って楽しみながら練習をすれば飽きることはないでしょう。

また、自宅などの室内でできる練習なら、練習場でのボール代を気にすることもなくなります。

アプローチはメンタルに影響を受けやすい

また、コースでは「絶対に寄せたい」という欲ばかりが先行してしまっています。

気持ちが入りすぎると、体が硬くなるので、あまり寄せる気持ちを強くしないことも大切です。

プロもアプローチからイップスになるケースも多いと言われているくらいなので、とにかくリラックスして欲張らないこと。

その上で、練習場において、実践をイメージしたアプローチをすることで技術を高め、自信を持つこと。

そうすれば、自ずとメンタル面を強化すること可能になるのです。

 

初心者でもわかるアプローチの打ち方

アプローチのコツは意外と単純です。

アマチュアゴルファーはランも含めて距離を考えていることが多いようですが、基本はキャリーの距離です。

ランは、キャリーの落とし場所の傾斜や硬さなどの条件によって変わってしまうので、適宜状況判断をすることになります。

アプローチの精度を高めるには、まず落とし場所を設定することが必要で、そしてそこに打つ技術が必要になるのです。

シングルプレーヤーは5ヤード刻みで打ち分けますし、プロならスピンコントロールもしますが、アベレージゴルファーはまず10ヤード刻みで打ち分ける感覚を持ちましょう。

たとえばピッチングウェッジで120ヤード打っているとしたら、同じピッチングウェッジで110ヤ―ド、100ヤード、90ヤードも打てるようにしておくことです。

これをアプローチウェッジやサンドウエッジなど、他のクラブでもできようにするのです。

方法は主に「振り幅の大きさで打ち分ける」か「スピードやインパクトの強さで打ち分ける」のどちらかになると思いますが、最初は振り幅で打ち分ける方が優しいと思います。

腰までのハーフショットなら◯◯ヤード、肩までのクオーターショットなら◯◯ヤードと、自分なりの基準を持っておくと、コースでも迷わなくなります。

また、少し上達してくると、サンドウエッジでフェースを開いて距離を変えることができるようになってきます。

さらに、グリーン周りでのランニングでのアプローチなど、いくつかの種類の技術も習得できれば、あっという間にスコアは縮まります。

アプローチで失敗しないためのポイント

アプローチのポイントは「左足体重」と「ハンドファースト」の2つです。

このポイントを取り入れた基本的なアプローチの構え方ができるようになると、アプローチの殆どはマスターできたことになります。

アプローチは、ボールに対してヘッドを上から入れ、ダウンブローに打ちたいので、左足体重にしてヘッドを上から入れやすくします。

また、ハンドファーストにすることで、ボールを直接インパクトしやすい状態にします。

ヘッドを上から入れれば、スピンがかかるので、グリーン上でボールが止まりやすくなります。

この基本形さえマスターできれば、あとはボールの位置、体重のかけ方、ハンドファーストの度合いなどを変えるだけで、球筋を打ち分けられるようになります。

スタンスで距離を調整する

さらに、絶対に飛ばない体勢をつくっておけば安心して振り抜くことができます。

最もシンプルなのは、アドレスで「距離の抑制」をしてしまうことです。

クラブを短く持ち、スタンス幅を狭めてボールの位置も近くにする。

それによって自然に振り幅も小さくなり、距離が変わります。

10ヤード短く打つにはどのくらいのスタンスなのか。どこにボール置くのかなど、自分の尺度をつくっておくことで、実戦で自信をもって使えるようになります。

スタンス幅を調整しておけば、どうやってもそれ以上は飛びませんので、少なくてもオーバーの心配はなくなります。

これだけで精神的なプレッシャーは大幅に軽減されるのです。

 

アプローチのクラブ選択のコツ

アプローチでのクラブ選択

アプローチショットでは「ウェッジを使って打つことが当たり前」と思われています。

中でもグリーン周りでは反射的にサンドウエッジを持ってしまう方もいるでしょう。

もちろん、それを否定するつもりはありませんが、アベレージゴルファーにとってウェッジを使ってボールを高く上げるのは困難で、失敗する確率が高い選択と言えます。

ゴルフの目的は「少ない打数でカップインさせること」です。

そのためなら、14本のクラブを自由に使うことが許されていますので、バッグに入っているすべてのクラブをアプローチで使うという考え方で、なんとかカップに近づける最善の方法を選択することが賢明なのです。

アプローチは転がせるクラブを選ぶ

目標に向けてボールを投げる際、山なりに高く投げるのと転がすのではどっちが簡単でしょうか。

もちろん「転がし」です。

その方が断然、距離感が出しやすいからです。

アプローチも同様で、上げようとするより、転がしたほうが確実に寄るので、まずは転がして寄せられるかを第一選択としてください。

もし転がすことができるのであれば、最も転がしに適したクラブである「パター」を選びましょう。

もし、ボールと目標地点の間に池やバンカーなどのハザードがある場合、はじめて「どれくらい浮かせて、どのくらい転がせるか」を考えてクラブを選択するのです。

例えば、目の前のちょっとしたラフを超えたい程度であれば、ユーティリティ(UT)やフェアウェイウッド(FW)も使えます。

ロフトがない分、パターと同じ感覚で振れるので、ウエッジよりも簡単に寄せることができるでしょう。

無理にウエッジを使って、寄せたいと思うあまり、シャンクをしてしまうケースがあると思いますが、転がすアプローチなら、そのリスクも回避できます。

また、転がしであれば、振り幅で調節するので、トップが出ても大怪我にはなりません。

寄せるコツは「転がし」なのです。

アプローチの種類と打ち方(スイング軌道)

ランニングアプローチ

ランニングアプローチはボールを低く出すことがポイントになりますので、ボールは右足の前に置きスタンス幅は狭めにします。

そうすると必然的にハンドファーストの度合いが強くなり、ロフトが立つのでボールを低く出すことができる状態になり、転がせる構えになります。

パターに近い感覚で打つイメージでしょうか。

距離は振り幅で調整していきます。

ピッチエンドラン

ピッチエンドランのスタンスは肩幅よりやや狭いぐらいで、ボールはスタンスの真ん中に置きますので、ランニングアプローチよりもハンドファーストの度合いは抑えられます。

通常のアイアンショットと同じぐらいのボール位置とハンドファーストの度合いなので、違和感を感じない構えになると思います。

あとはいつも通りに振れば、クラブのロフト通りに球が上がり、振り幅に応じた距離が出ます。

単純にクラブに仕事をさせる打ち方なので、比較的容易な打ち方になります。

ピッチショット(ロブショット)

ピッチショット(ロブショット)は球を上げるための打ち方なので、ボール位置は左足の踵線上になります。

グリップの位置とヘッドの位置はほぼ同線上になるよう、ややハンドファーストに構えます。

ボールを上げるため、その分飛距離は落ちます。

そのためには、大きくスイングする必要があるので、スタンスは広めにとります。

バンカー越えなど、ボールを高く上げなければいけないショットであっても、すくい打ちにならないようにしてください。

あくまでダウンブローの軌道で打ち、クラブのロフトでボールを高く上げる意識を持ってください。

すくい打ちはミスショットを誘発するので、緊張する場面では失敗する確率が高くなります。

いつのもアイアンショットを打つ感覚でピッチショットを打つ方が賢明です。

 

アプローチの距離感


コースで緊張しないためにも、練習場では1球ごとに目標を変えて打ってみましょう。

距離だけでなく方向もあちこちヘランダムに変えて狙うのがより実戦的です。

80ヤードなどの看板にキャリーでぶつけよう。次は60ヤードあたりのカゴを狙ってみようというように、目標までの距離を数字として把握することが大切です。

また、高い球と低い球を打ち合わけながら、同じ距離を出せるようになれば、コースでの引き出しが増え、より確実性が増すでしょう。

ただ漠然と「あのあたりに打つ」ではなく、目標まで何ヤードなのか意識しながらスイングすることが、距離感の質を高め、実戦で再現する上でとても大切になります。

アプローチの距離感を養う

実際、プロはパッと見てほぼ正確な距離を言い当てる能力を持っています。

ところがアベレージゴルファーの多くは、50ヤードもあるのに「30ヤードくらいかな」などと目視ができていないケースがあります。

それでは距離の打ち分けなど、偶然に過ぎなくなってしまいます。

まずは、正しい距離を感覚で理解できること。

そのためには、距離測定器を使いながら、景色と距離を体に染み付かせることです。

試合でなければ、距離測定器の使用は問題ありません。

ゴルフ初心者の方は、普段歩きながら「あのバス停までは何ヤードか」「あの信号までならどのアンアンでそんな球筋で打つか」。

そんなことをイメージしておけば、アプローチの感覚が一層磨かれていきます。



【人気の距離測定器】

 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフ練習方法
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.