ゴルフの打ち方

ダフリとトップの防止方法|ダフリ・トップの原因とボール位置の改善

更新日:

 

ダフリを防止する

ダフリとは

力むとダフる

ドライバーが会心の当たりでフェアウェイセンター。

そこからベタピンに付けてバーディー狙い・・・と思った2打目で大ダフリ。

たった10ヤードしか飛ばずに意気消沈という経験をしているゴルファーは多いのではないでしょうか。

アマチュアゴルファーの最大の悩みのひとつは「ダフリ」と言っても過言ではないでしょう。

ダフリの語源

ダフリとは、ボールの手前の地面を打ってしまうミスのことで、英語で「叩く」を意味する「duff」に由来する言葉です。

クラブヘッドがボールに当たる前に地面に当たってしまうので、クラブのエネルギーが地面に吸収されてしまい、ボールは飛んでくれません。

雨のあとの湿った芝や冬の茎が枯れて寝た芝などはダフリが多発するシチュエーションです。

練習場は完全に平らなライなのでナイスショットが打てても、コースは起伏がありますので、いつもとは感覚が違ってきます。

コースに合わせたスイングが必要になるのです。

ダフリの原因

ダフリの原因は、インパクト時にアドレスより体がボールに近づいてしまうことです。

トップからインパクトまでの間に手首のリリースが早かったり、頭やヒザが沈み込んでしまうなど、いくつかの原因が考えられるので、まずはなんの理由でダフっているのかを知る必要があります。

もし手首のリリースが早いのであれば、コックを溜める意識を持ってスイングしするだけで、簡単にダフリが解消するかもしれません。

練習場で動画を撮ったり、レッスンプロや上級者にスイングを見てもらえば容易に改善することもあります。

ダフる原因一覧

■ゴルフクラブの最下点が間違っている
■体が沈み込む
■インサイドアウトすぎる軌道
■ボールをすくい上げようとしている
■インパクト前に手首のリリースが解けている
■インパクトで膝が曲がっている
■インパクトで体重が右足に残っている
■インパクトで右肘が伸びている
■下半身が動き過ぎている

傾斜からはダフリやすい

特に傾斜地からのショットはダフリがでやすい場面でしょう。

とりわけ山岳コースは起伏が激しいので、少しでも曲げると傾斜からショットをすることになります。

平坦なライなら練習場で打ち込んでいるので自信があっても、傾斜からのショットは練習できないので、クリーンに打ち抜くことが難しいのではないでしょうか。

つま先上がり、つま先下がり、左足上がり、左足下がりの組み合わせによる傾斜は、ダフリやトップが出やすい上に、上手くクリーンに打ててもフックやスライスが出てしまい、更なるトラブルにつながることがあります。

このために数打を無駄にしてしまうこともあるでしょう。

傾斜からのショットの精度が向上すれば、スコアは劇的に縮まります。

 

トップの原因

トップの原因はシンプルで、「すくい打ち」と「インパクトの時の身体の起き上がり」です。

すくい打ち

地面にあるボールを打つ際、ボールを上げたい心理が働いてしまい、ボールをすくい上げようとします。

これが諸悪の根源で、トップだけでなくダフリも出るようになります。

地面にあるボールを打つには、ダウンブローが必須です。

身体の起き上がり

インパクトの瞬間に上体が起き上がってしまい、前傾が崩れてしまうと、クラブヘッドがボールに届かなくなり、ボールの上っ面を叩いてしまいます。

これがトップの原因のひとつです。

上体が起き上がってしまえば、必然的にアドレス時の前傾角度は崩れます。

そして、ヘッドがボールの赤道より上に当たってしまい、トップが出るのです。

ダフリとトップの原因は同じ

正しいダウンブローができないと、ダフリもトップも出ます。

ミスの根っこは共通しています。

つまり、ダフリが直ればトップも直る。

トップが直ればダフリも直るのです。

 

ダフリとトップを改善する練習

なぜ傾斜からのショットが難しいのでしょうか。

それは傾斜地からの練習が足りていないこと、即ち、「慣れていないこと」が大きいと思いますが、それ以外に「スイングバランスの悪さ」もあると考えられます。

体幹や下半身の強さを中心としたボディバランスがあれば、スイングは安定しますので、傾斜からのショットも比較的に容易になるのです。

バランスのよいショットを打つために、プロはバランスディスクという練習器具を使っています。

宮里藍プロも使用し、体幹の筋力を中心に、全身のバランス力を鍛え、スイングの質を高めていきました。

バランスディスクとは、空気を入れると5センチ程度の厚みになる平らな円盤ですが、これに乗ると立っていること自体が難しく、同じ姿勢を維持することさえ難儀します。

そのため、脚や体幹の周囲全体の筋肉を使い、バランスを取ろうとするのです。

普段使っていない部分は筋力が弱く、それが脚や体幹のはたらきのポテンシャルを引き下げてしまいますが、バランスディスクによって周囲全体の筋力を高めることができれば、全身のバランスがとれてくるようになります。

それによって体幹や下半身のパフォーマンスを効率よく高めることができるよう筋力が強化されるのです。

 

スイングバランス向上でダフリ・トップ防止

バランスディスクにより筋力が強化されれば、自然とスイングバランスがよくなります。

飛距離アップには、左足のバランスをよくすることがカギになりますが、当然、左足を上手く使えるようになるので、飛距離アップにも貢献します。

また、スイングバランスの向上は、傾斜地でのスイングの安定感向上にも貢献してくれます。

不安定な足場でも、打ち損じがなくなり、曲がり幅や距離が計算できるようになるのです。

バランスディスクを1つ使って、片足ずつ乗せてもいいですし、同時に2つ使って、両足を乗せてもいいでしょう。

バランスディスクがない場合は、バスタオルを8つ折りくらいに折りたたんで、不安定な足場を作り出してください。

同様の効果が得られます。

 

ダフリ・トップ防止のテクニック

ハーフスイングでダフリ・トップ防止

素振りで感覚をつかんだら、実際にボールを打ってみましょう。

はじめはスイングのスピードを上げられないと思いますので、ゆっくりとハーフスイングをしてみてください。

慣れてきたらスピードを上げ、振り幅も大きくしていきましょう。

ポイントは、下半身を固めてバランスをとろうとするのでなく、股関節、ヒザ、足首をやわらかく使って、動きながらバランスをとる感覚を持つことです。

スイングバランスを向上できれば、どんな足場でもミート率を高めることができます。

ただし、スイングの大きさには注意が必要です。

傾斜地からのフルショットはやらない方が無難です。

バランスを保てる範囲でのショット、つまり、強さは自分のフルパワーに対して、70%程度が限界だと考えてください。

それが足場の悪いところでできる最大のスイングなのです。

スイングバランスを向上させ、飛距離の欲を捨てることができれば、傾斜地でのプレーも苦にならなくなってきます。

ボールに綺麗に当てようとしない

スイング軌道の中になんとなくボールがあるという感覚でスイングしたほうがダフリません。

当てにいこうとすればするほど、体が突っ込みダフリやすくなります。

ボールはぼんやりと見ること。

そこにボールがあると意識するのではなく、素振りをする感覚で軽くスイングすることがダフリを防ぐ秘訣です。

 

ダフリ・トップに強いアイアン

ダンロップ ゼクシオ イレブン アイアン

 

キャロウエイ EPIC MAX FASTアイアン

 

テーラーメイド シム グローレ アイアン

 

オノフ AKA アイアン

 


 

【優しいアイアンはこれ】


 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフの打ち方
-, ,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.