ゴルフのアドレス

【身長別】ゴルフのスタンス|スタンス幅が狭いデメリット

更新日:

 

ゴルフのスタンスのポイント

スタンスとは

ゴルフとは、14本のクラブを使って、ボールを自分の思ったところに運ぶゲームです。

向きが狂っているとスコアになりません。

つまり、大切なのは「方向性」なのです。

いくら飛んでも曲がってしまえば、コースマネジメントはできず、スコアメイクもできなくなります。

そして、ご存知のように、ゴルフは止まっているボールを打つスポーツです。

目標に合わせて正しく構えなければ、ボールは目標に飛んでくれません。

自分の思ったところにボールを飛ばすためには、体を目標(ターゲット)に対して正しく構えること。

さらに、そのスタンス通りに、正しく振ることが必要になるのです。

スクエアスタンス

理想は目標と平行になる「スクエアな構え」です。

スクエアに構えることで、ボールは目標に向かって真っ直ぐ飛び出します。

このスクエアスタンスがゴルフの基本であり、最も簡単なスタンスです。

アマチュアは、なによりこのスクエアスタンスを身につけることです。

練習場であれば、マットが目印になりますが、コースでは基準となるラインがありません。

そのため、どうしても右を向いて構えてしまいがちなのです。

つま先のライン、膝のライン、腰のライン、肩のライン、そして、視線をすべてスクエアにできる習慣が付けられれば、コースに出ても迷うことがなくなります。

練習場ではスイングばかりでなく、このスクエアスタンスを作る練習もしてください。

クローズスタンス

スクエアなラインに対し、左足より右足を少し下げた「クローズスタンス」にすると、ボールは目標より右に飛び出します。

いわゆる「フックボール」を打つときのスタンスです。

ただし、右に飛び出すのは、クローズにしたスタンスに沿って、正しくクラブを振った場合です。

せっかくクローズに構えたにも関わらず、右に打ち出すことが怖くなり、スタンス通りにスイングしなければ、滅茶苦茶な打球になってしまうでしょう。

つまり、スタンス通りにスイングすることが重要なのです。

オープンスタンス

クローズスタンスの逆がオープンスタンスです。

スクエアなラインに対し、左足を少し下げた状態です。

体を開いてオープンスタンスに構えると、ボールは左に飛び出します。

オーブンに構えカット打ちに振ると、こすり球となりボールは左に出て右に曲がりますので、スライスを打つ場合のスタンスと言えるでしょう。

但し、この場合も構えたスタンスなりにクラブを振ることが必須です。

 

正しいスタンスは各部位のスクエア

この「スクェアな構え方」をよく頭の中に入れて、ボールを打つ時は体がどちらに向いているか。

「フットラインはターゲットラインと平行か」「体はフットラインに沿っているか」「足は、膝は、腰は、肩は」と練習の時から絶えず意識してボールを打つことが大切です。

プロやシングルプレイヤーは自然に構えただけで、足、膝、腰、肩がすべてスクエアになっています。

構えるにも自分なりの手順を作り、いつもその手順で構えに入るようにすると、毎回同じ構えとなり一定したスイングができます。

このルーティンは日ごろの練習で習慣付けてください。

 

一定の構えができるためのポイント

構えが毎回違っていたのではボールを狙った場所に運ぶことはできません。

常に一定のスイングにするためには「構えへの入り方」と「構える手順」を決めておく必要があります。

一般的な上級者のルーティンは以下の通りです。

■ボールの後ろに立ち、ボールと目標を結んだ線(ターゲットラィン)を想定

■同時に自分の打つボールの飛球軌道をイメージ

■イメージができたら、そのイメージを崩さないように構えに入る

■先程の目標に向かってボールとクラブフェィスを直角に合わせる

■左手の甲を目標に向け、右手を添える

■左足の位置を決め、次に右足の位置を決める

■この際、足のつま先を結んだ線(フットライン)が目標とボールを結んだターゲットラインと平行になるようにする

■足の位置が決まったら、それに沿って腰、肩もフットラインに合わせる

■少し前かがみになって打つ体努を作り、全体を微調整

■構えができたら、ボールが飛んで行くイメージをもう一度しっかり頭の中に焼き付ける

■イメージ通りに飛んで行くボールを意識して躊躇なくスイング

このような流れが確立できれば、急速にスコアは縮まるはずです。

 

プロのようなスタンス

重要なのは目標に体を合わせ、ボールの飛んで行くイメージを持つことです。

ストレートボールが打てるイメージを持ちながら、スタンスを取ることが、思っている以上に大切です。

頭の中のイメージが身体を反応させるからです。

そして、身体の各パーツの位置をしっかりスクエアに保つことを常に意識してください。

いくら理想的なスイングをしても、クラブフェイスがスクエアでなかったり、体の一部が違う方向を向いていたりしたら、すべて台無しです。

ボールは曲がったり、とんでもない方向に飛んで行くことでしょう。

構えがよければ、少なくても悪い球は出ません。

ゴルフの基本はスタンスであり、構えです。

誰からも「いかにも飛びそう。カッコイイ」と言われる構えにしましょう。

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフのアドレス
-

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.