ゴルフ練習方法

ゴルフで90を切るにはナイスショットをイメージしてスイング

更新日:

 

ゴルフはイメージが大事

ゴルフクラブのフェースには、インパクト時に最も振動数が少なくなる場所があります。

いわゆる「スイートスポット」です。

スイートスポットでのインパクトは、クラブヘッドが持つ「前へ飛はすエネルギー」を最も効率よくボールに伝えることができるので、軽く振ってもいつも以上に飛んでいくのです。

これこそが「芯を食う」という状態で、インパクトの振動がないのに、気づいたら飛んでいたという、あの快感になるのです。

以前のクラブのスイートスポットは「点」でしたが、最新のクラブは進化しているので「面」になってきています。

それだけ、やさしくなってきていると言えるので、芯を食いやすくなっていることは間違いありません。

 

イメトレで芯に当てる確率を上げる

ゴルファーなら誰でも最高のショットがしたいでしょう。

つまり、プレーヤーはスイートスポットに近い位置でボールをとらえたいと考えて、そのためにスイングを研修し、自分のものにしようと努力します。

いわば練習とは、芯を食う確率を上げるための作業に他なりません。

そのためにはスイング練習と同時に「イメージトレーニング」をすることが大切です。

スイートスポットに当たるイメージをする。

過去に芯を食ったショットをイメージする。

これだけでショットの精度は格段に向上します。

よく言う「芯食い」とは、まさにスイートスポットでとらえた完璧な打感のことを指しています。

イメージトレーニングを続けると、いいときのスイングが蘇ってきて、最高の感触を得ることがあります。

これは、100切りを目指すビギナーにも有効な練習方法です。

 

イメトレで自己暗示

しかし、シングルプレイヤーであっても、芯を食う納得のショットを放てるのは、1ラウンド中に一度あるかないかではないでしょうか。

練習場であれば、もう少し確率は上がるかもしれませんが、緊張感があり、力むシチュエーションにあるラウンド中であれば、芯を食うのは非常に難しい。

練習場のように自然にスイングしればいいと思うかもしれませんが、そう簡単ではないのです。

つまり、芯を食うショットは、そうそう出合えるものではないほど貴重な体験なのです。

それだけにイメージトレーニングが重要になるのです。

イメージトレーニングを継続すると「芯を食うショットが出る」と自己暗示にかかるようになります。

そうすると、自然に体が動くようになるのです。

 

プロのスイングをイメージする

芯に当たり、スイングのパワーがそのままポールに伝わった場合、フェースとボールが衝突した反動は、クラブを通して手に返ってこないため、感触としては「打った感じがしない」ものになるでしょう。

練習を重ねていれば、ビギナーにもその体験が訪れるはずです。

インパクトの感覚がないにも関わらず、ボールが一直線に飛んでいく快感を体験したことがあるのではないでしょうか。

「あれ、今、インパクトしなのか?」という不思議な感覚に襲われるのです。

この感覚、忘れたくないですよね。

あのときのスイングバランスやスイングリズムが、いつでも再現できれば、あの芯を食うショットが打てるのですから。

そんなときにおすすめなのは「プロのスイングをイメージすること」です。

動画でもいいですし、雑誌にある連続写真でもいいでしょう。

プロのスイングをイメージしながら、自分でスイングをしてみましょう。

不思議ですが、なんとなくプロと同じようなスイングになっていきます。

これが最短でゴルフの飛距離をアップさせる方法のひとつです。

 

芯を食う感覚はなくなっていく

しかし、アベレージゴルファーが、この感覚を保つことはほとんどできないかもしれません。

それは、スイングスピードやタイミング、リズムや力感といったさまざまな要素が偶然シンクロして生まれた奇跡の瞬間と言ってもよく、意識して再現するのは不可能に近いのです。

練習場のマットの上でも無理なのに、ライや状況が変化するコースの中ではなおさらです。

ラウンド中に最高のショットが打てたときは、次のショットも芯を食うのではないかと自分に期待してしまうかもしれませんが、あっという間に奇跡の感触は消えてしまうでしょう。

芯を食うショットの感覚とは、そのくらい儚いものなのです。

そのためにもイメージトレーニングが大切です。

いいときに感覚を無くさないように常にイメトレを継続してください。

特にコースでそれぞれのショットを打つ前に、最高のスイングをイメージして、ナイスショットを打った自分を想像するのです。

それだけで確実にショットの精度は向上します。

 

スイートスポットで打った感覚に近づく練習

重要なのは、一度でも経験したその奇跡的な感覚を頼りに、そこへ近づこうとする姿勢です。

練習を繰り返す中で、あの感触を取り戻したいと努力すること。

「あの時の力の入れ方はどうだったか」「スイングリズムはどのくらいだったか」「トップでの間の感覚」などを必死に思い出しながら、いいイメージを思い起こすのです。

これは、芯を食った経験がなければできませんので、味わったことがあるのと、ないのとでは練習に向かう気持ちも違ってくるはずです。

失われた感覚こそが、練習のよき材料にもなるはずです。

 

上達するほどイメトレを!

また、ビギナーのときに感じたう芯食いインパクトの幸福感が、上達するとともに色あせてくることもあるかもしれません。

もともと、この偶然得られる快感というのは、無心にスイングをしている中で訪れるもので、一球一球神経を使い、スイングをチェックし、ボールをコントロールしようとしていればいるほど、遠のいていくという皮肉なものです。

上級者ほどショットのイメージは明確で、弾道やスピン量など打球を操ろうとする意識は強くなるので、なかなか芯で打てなくなります。

むしろ、敢えて芯を外すようなスイングをするようになるので、スイートスポットでのインパクトは味わいにくくなるようにも感じられるからです。

上級者が理想的にインパクトしたショットは、ボールの飛び出し方向はわかりますが、手元に感覚がなく、あまりにも打感が違いすぎるためにボールを見失うことがあります。

いわゆる「飛びすぎる」という状態で、縦の距離感が合わなくなる場合があります。

自分で自分のボールをコントロールできているという感覚は、むしろへッドの芯から少し外れた部分でボールをとらえたときのほうが強く感じるのです。

ボールがフエースのどこに当たったかを感じることができるからでしょう。

これはゴルフという不思議なスポーツが持つ、上級者のパラドックスと言っていいかもしれません。

だからこそ、上級者であってもイメージトレーニングをすべきなのです。

イメージと実際のショットのギャップを感覚的に埋める作業をしていけば調子の波は最小限に抑えることができるのです。

 

それでもイメトレを継続する

衝撃を感じないインパクトが迎えられたときのスイングは、どこにも無理がない、スムーズで滑らかな動きになっているはずです。

逆に言えば、よどみのない自然なスイングを身につけることこそが、芯食いインパクトに近づく道でもあります。

シングルプレイヤーはいつでも上手い人のフォームを真似してスイングを改良しています。

とはいえ、その人の長所が誰にでも適合するわけではありませんので、じつくりと観察し、自分と波長の合うポイントを取り入れて、それをイメージし続けること。

その過程の中でレベルアップすることが芯食いショットの確率を上げる要諦なのです。

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフ練習方法
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.