パター

距離感が合い面白いように入るパッティングのコツは「脇」にある?!

更新日:

 

ショットとパットは違うのか

ゴルフには大別すると「ショット」と「パット」があることはご存知だと思います。

ゴルフは、このふたつの異なる動きから構成されるゲームです。

そして、ショットとパットは別の動きであるといわれます。

同じボールを打つにしても、パッティングは地面の上を転がして進めますが、ショットはクラブ毎に距離の違いこそあれ、ボールを空中に打ち出して進めます。

特にドライバーは200ヤード以上飛ばすもの、パットは数メートルを沈めるもの。

当然、打ち方が違うので、体の使い方やそれをコントロールする方法も異なります。

 

パッティングのコツ

グリーン上では、アンジュレーションや芝目を読み、打ち出す方向、即ち、ターゲットを決めます。

ラインを決めた後に、ゴルファーができるのは目標に向かって真っすぐにボールを打ち出すことだけです。

あとはイメージ通りのスピードで転がっていくよう、ストロークの大きさを調節するだけしかできません。

これがパッティングの基本であり、最大のコツです。

そう考えると、パッティングのコツは非常にシンプルです。

パットのフェイスの向き

パッティングストロークは、できるだけストレートに行うことが求められます。

フェース面をインパクトでアウトサイドに押し出したり、インサイドへ引っかけたりしないようしなければいけません。

そのため、ボールの前後10センチ(合計20センチ)は、ー直線にパターヘッドが平行移動するように心がけるべきです。

ショットと異なる動き

中には、ショットと同様に「イン・トウ・イン」で動かすという人もいます。

その感覚は理解できるのですが、パッティングストロークをする場合、やはり「ストレート・トウ・ストレート」の方がスムーズな打ち方ができると思います。

確かに、パ夕ーを両手で持って体の前で振るのですから、大きくストロークしようと思えば、ヘッドの軌道は弧を描くことになります。

パッティングの動き全体がストロークというより、スイングに近い動きになるのは仕方がないと思います。

しかし、通常のスイングと違って、ボールの手前10センチ、先の10センチはあくまで直線的な動きをイメージしないと、正確にボールをとらえられないでしょう。

この感覚はアイアンでも同じだと思います。

フルショットは上手く打てても、ハーフショットやスリークォー夕―ショットでコントロールするのか難しいのは、それだけ体の動きがデリケートになるからです。

パッティングは、そのデリケートさが要求される最たる行為です。

ロングパットでも、ボールの手前10センチ、先の10センチてパターへッドの動きは「ストレート・トウ・ストレート」になるようにイメージしないと、夕ッチそのものがおかしくなると思います。

これはパターヘッドの形状やヘッドとネックの装着形式の違いに関わらず、共通したイメージです。

 

パッティングにセオリーはない?

「パッティングにセオリーなし」という言葉があります。

プロの中にも個性的なフォームをしてる人もいて、そういうプロの方がパッティングのアベレージがよかったりします。

ということで、セオリーはあまり気にせず、ゴルファーによってストロークの方法はさまざまあっていいと思います。

要は、インパクトでフェース面が変わってしまわないように打てればいいのです。

これもパッティングのコツのひとつでしょう。

いろいろなパッティング理論がありますが、普段行っているストロークに違和感がなければそれでOKです。

言葉に振り回されるよりも、自分のフィーリングを大切にしてください。

但し、パッティングの上手いプロのストロークは、やはり参考になります。

女子プロの中でNO1と言われている鈴木愛プロや松山英樹プロの動画は見ておくべきでしょう。

パッティングも脇を締めるのか

「スイングもパッティングも両わきは締めるべきなのか?」という課題があります。

ドライビングレンジでよく見かける練習法で、両わきに夕オルやへッドカバーを挟み、これをスイング中に落とさないように打つというものがあります。

これは、軽く両わきを締める感覚を保つためであり、そして、テークバックの際にヒジが体から離れる欠点を矯正するドリルです。

ただし、窮屈に感じるほど腕を体に押しつけてしまっては、スムーズな動きはできませんから、わきを締めるとはいっても程度の問題でしょう。

これはパッティングも同じです。

あくまで脇は軽く締まればいいと思います。もちろん、左右どちらかの脇を意識する必要はなく、右も左も対象でいいでしょう。

一般的にパターの腕の形は「五角形型」と「三角形型」に大別されます。

五角形型とは、両脇をやや開けて、両肘を体から離し、両肩、両肘とグリップの5点がホームベースのような五角形になるように構えるスタイルで、前傾を深くして真っすぐ引いて真っすぐ打ちたい人に適しています。

三角形型は、両脇を締め、肘を体に近づけ、両肩とグリップの3点が三角形になるように構えるスタイルで、イントゥインに打ちたい人に合った打ち方です。

脇の締め方に違いはありますが、どちらが優れているというような優劣ないでしょう。プロでも両方のタイプがいます。

夕オルが落ちるか落ちないかというチェック法というだけで、パットが上手くなるわけではありませんし、別に脇が開いても、常にパターのフェイス面が正しい位置に戻ってくれば、それがベストなストロークということになるでしょう。

事実、「五角形型」と「三角形型」によって、脇の締め方は変わってくるのです。

前述の通り、パッティングとショットは別のものですから、脇を締めることがパッティングストロークを安定させるために必ずしも有効だとは思いませんし、特に両わきを締めておく必要はないと思います。

脇を締めるという言葉にこだわりすぎないほうがいいと思います。

 

自分に合ったパターの形状を探す

パッティングのストロークだけではなく、パターの選択も重要です。

つまり、打ち方の基本さえできているなら、あとは自分のストロークに一番適した形のバターを選ぶことが重要だということです。

パッティングは、そショット以上に感性の比重が大きいゲームなので、パターが与える感覚がとても重要になります。

見た目だけではなく、打った感触や安心感など、全体的なインスピレーションを優先してみるといいでしょう。

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-パター
-

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.