「 シングルプレーヤーの記事 」 一覧

ゴルフでベストな力の入れ方|力を入れるタイミングと加減

  スイングのどこで力を入れるのか プロのスイングの力の入れ具合 史上最高の女子プロゴルファーの一人は、間違いなくアニカ・ソレンスタムでしょう。 彼女は完成度が高く、美しいスイングとして有名ですが、ま ...

ゴルフは脱力スイングが最も飛ぶ|アマチュアは力み過ぎ

  脱力スイングが飛距離を生む かつて賞金女王に輝いた森田理香子プロのドライバースイングを見たことがあるでしょうか。 実にスムーズかつダイナミックなスイングで250ヤード以上の飛距離を誇っていました。 ...

ライザップゴルフは効果なし?初心者向け?費用は高い?口コミ・評判

  ライザップゴルフでゴルフが上手くなる 一般のアマチュアゴルファーは、十分な筋力があるにも関わらず、ドライバーの飛距離が伸びないケースがあります。 これが、ドライバーへの苦手意識となり、「ドライバー ...

女子プロゴルファーに飛距離で負ける理由はミート率

  なぜ女子プロに飛距離で負けるのか 「女子プロって、小柄なのによく飛ぶよなぁ」と羨ましがるアマチュアゴルファーは多いのではないかと思います。 葭葉ルミプロや穴井詩プロなど、最近はダイナミックなスイン ...

ゴルフストレッチ|肩甲骨・股関節の柔軟性と稼動域拡大で腰痛防止

  ゴルフスイング用ストレッチ 飛距離の低下は柔軟性が原因 40歳を超えた人達から「飛距離が落ちてきたな」という嘆きの声を聞くことがあります。 かつては、260ヤードの飛ばし屋で飛距離には自 ...

振り切れる範囲で最も重いドライバーが一番飛ぶ

  ドライバーの最適な重量とは 今のドライバーは、昔に比べて軽量化されていることは間違いありません。 信じられませんが、20年前のドライバーは、330gもありましたし、パーシモンヘッドにスチールシャフ ...

ドライバーのカチャカチャで弾道は変わる?|重量・ロフト・ライ角調整

    ドライバーのカチャカチャは便利 ドライバーの選び方 ドライバー選びは、自動車のモデル選びに似ています。 エンジンや足回りなど、走りの性能だけを求めて車種を決める人もいれば、メーカーや ...

アマチュアゴルファーは難しいクラブを使いすぎ|柔らかいシャフトが合う人

  アマチュアゴルファーは難しいドライバーを使いたがる ハードスペックが格好いい? アマチュアゴルファーは難しいクラブを使いすぎているかもしれません。 なぜか日本では難しいクラブ、ハードスペ ...

女子プロゴルファーのスイングをご覧ください|きれいなスイング

女子プロはスイングがきれいだから飛ぶ 女子プロは低身長でも飛ぶ 女子ツアーで活躍している選手は、ヘッドスピードが速くなくてもドライバーで250ヤード近く飛ばします。 イ・ボミ選手などはその代表格ですが ...

ヘッドスピードと飛距離の関係|素振りと練習器具で飛ばすゴルフ

  平均的なヘッドスピード 飛距離とヘッドスピードの関係 飛距離とヘッドスピードは強い相関関係にあります。 必ずしもヘッドスピードが早ければ飛ぶわけではありませんが、ヘッドスピードが速い方が飛距離が出 ...

50代・60代・70代のシニアゴルファーがドライバーの飛距離を落とさない方法

  年齢による飛距離低下を防止する シニアでも飛距離は落ちない ゴルフにおいて、年齢を重ねるとともに飛距離が落ちるのは当然と思われているかも知れません。 しかし、それは大きな誤解です。 今のクラブなら ...

ドライバーのスピン量を減らす打ち方|バックスピンかかりすぎないシャフト

  ドライバーのバックスピン クラブのロフト すべてのゴルフクラブには、必ずロフト角がついています。 最も少ないロフトはパターで、3~4度程度なので、見た目はほぼ直立しています。 その次はドライバーで ...

大型ヘッドのドライバーの正しい打ち方|460ccのドライバーで飛ばす

  ドライバーの打ち方 ドライバーの重要性 18ホールからなるコースでは、4つのショートホールがあります。 このショートホールは、殆どの場合、アイアン(ユーティリティ)を使いますが、それ以外の14ホー ...

初心者でもドライバー飛距離20ヤードUPできる練習法

今のドライバースイングの基本 最近、飛距離が落ちたと悩んでいる方が多いと聞きます。 特に40代や50代のアマチュアゴルファーからよく聞かれる言葉です。 しかし、飛距離の減少は年齢による筋力の衰えだけが ...

飛ぶ!ヘッドスピード40前後に合うドライバーとシャフト【飛距離出る】

  ヘッドスピード40前後のドライバー選び 年々、飛距離が落ちてくる 昔は重いドライバーを振り回してガンガン飛ばしていたのに、最近は軽いドライバーに変えても飛距離が……といったゴルファーの声はよく耳に ...

スコア100前後のアベレージゴルファーが飛ばすためのたった1つの条件

  アベレージゴルファーに大切なのは「打ち出し角」 飛距離を求めるアベレージゴルファーは多いと思います。 ヘッドスピードがあまり速くない、いわゆる「アベレージゴルファー」が、効率良い弾道を得るために必 ...

高反発ゴルフドライバーの飛距離【2021年本当に飛ぶのかランキング】

おすすめの高反発ゴルフドライバー HAYABUSA    パワーを最大にするユニファイシステム 従来のドライバーは重りがネジ状なので、究極の反発を生むことができませんでした。 しかし、HAYABUSA ...

ヘッドスピードの速いゴルファーが選ぶべきドライバー|45m/s以上の人必見!

  ヘッドスピードが45~50の人に最適ドライバー ヘッドスピードが速いゴルファーは、ちょっとしたミスが命取りになるので、再現性が担保される自分のスペックに合ったドライバーを選ばなければなりません。 ...

スライスしないドライバー!おすすめの最新モデル|曲がる原因と直し方

  スライスしないおすすめドライバー ドライバーがスライスする原因 スライスに悩むゴルファーが選ぶべきドライバーは、いわゆる「ボールがつかまりやすいドライバー」です。 このつかまりやすいドライバーとい ...

ボール初速UPでドライバーの飛距離を伸ばす|女性ゴルファーでも飛ぶ

  ボール初速でドライバーの飛距離を伸ばす スイングタイプは十人十色です。 もちろん、スイングの核となるセオリーは重要ですが、それ以外は個性があってもいいと思います。 それぞれ違うスイングだからこそ、 ...

ドライバーとアイアンの平均飛距離|ヘッドスピード別一覧表

  ドライバーの平均飛距離 練習場で隣の打席の人がものすごい飛ばし屋だったとき、自分の飛距離にガッカリしますよね。 そもそも、番手毎の平均的な飛距離はどのくらいなのでしょうか? 年齢や体格で違いはあり ...

目指すべきドライバーの理想弾道|おすすめのロフトは9.5度?10.5度?

  理想の弾道(自分の持ち球)を決める ドライバーで飛距離を伸ばすためには必要な弾道があります。 上級者の中には風の影響を受けにくいライナー性の球を追及する人もいますが、一般のアマチュアゴルファーなら ...

ドライバーのシャフトの長さと硬さを分類する

  シャフト選びの重要性 ドライバー選びで一番重要なのはシャフトだと言えます。 ボールの球筋に影響を与えるのはヘッドですが、振り心地やタイミングの取りやすさなどは、シャフトの影響が大きいのです。 最初 ...

弾道調整機能付きドライバーで最大飛距離を実現する

  弾道調整機能のいじり過ぎはNG 現在発売されているドライバーの半分以上が搭載する弾道調整機能はとても便利です。 私の記憶では、最初にこの機能を搭載したのはテーラーメイドだったと思いますが、その後、 ...

今は低重心ドライバーが当たり前|おすすめのドライバー2021年版

  強い弾道のためには低重心ドライバーが必須 近年のドライバーは全体的に低重心化されています。 浅い重心、深い重心どちらのドライバーにも共通する部分が低重心なのです。 ここ数年のドライバーで重心の高す ...

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.