「 アイアン 」 一覧

シャンクの原因と直し方|重症ゴルファー向けシャンク防止動画あり

  シャンクの原因 ゴルフの練習しすぎてシャンク ゴルファーをパニックに陥れる症状のひとつに「シャンク」があります。 練習しすぎの上級者ほどシャンク悩むと言われるように、突然、これまでの打ち ...

ターフを取るアイアンショットを打つための秘訣

  ドライバーとアイアンのスイング ゴルファーの話題の中で、賛否両論に別れるのが「ドライバーとアイアンでスイングを変えるべきか?」という問題です。 私の持論から言えば「スイングはひとつ」だと ...

アイアンのスイートスポット|ドライバーもパターも激芯で打つ

  ゴルフクラブのスイートスポット クラブへッドの形状や重量などによって、そのクラブの重心位置は異なってきますので、スイートスポットがどこにあるかは一概に言えません。 近年、大型ヘッドのドラ ...

ゴルフは目(視線)で上手くなる|ショットとパットが劇的に向上

  ゴルフにおける目の重要性 ゴルフでは「目」が重要な役割を果たします。 最近は距離計測器という便利な道具がありますが、打ったボールがどこに飛んで行くかを見ておかなければいけません。 特にセ ...

ドライバーとアイアンのスイングの違い|アッパーブローとダウンブロー

  ドライバーとアイアンの打点位置 ドライバーは最下点を通ぎて上がり気味で打つ インパクト時にスイング軌道中のどの位置でボールに当てるかは、とても重要です。 これににより、ボールの飛び出し方 ...

高い弾道と低い弾道を打ち分けるテクニック|アイアンとドライバー

  構えを変えるだけで高い球を打つ ドライバーでもアイアンでも、球の高さを打ち分けられれば、ゴルフの質が変わるでしょう。 ドライバーの場合、ティーグラウンドの状況は毎回それほど違わないので、高低の打ち ...

ダフリとトップの防止方法|ダフリ・トップの原因とボール位置の改善

  ダフリを防止する ダフリとは 力むとダフる ドライバーが会心の当たりでフェアウェイセンター。 そこからベタピンに付けてバーディー狙い・・・と思った2打目で大ダフリ。 たった10ヤードしか飛ばずに意 ...

バンカーショットの練習方法|初心者でも簡単なバンカーの基本的な打ち方

  バンカーの基礎知識 バンカーは バンカーとは、ゴルフコース内にある砂でできたハザードのことです。 芝の上とは違うので、バンカーからボールを出すには技術と経験が必要になります。 ウォーターハザードと ...

フライヤーをさせない打ち方|フライヤーする条件とヘッドスピード

  夏場の大敵「フライヤー」 フライヤーとは 特に夏場のラフが長いときに、要注意なのは「フライヤー」です。 フライヤーになると、番手以上の飛距離が出てしまうので、まったく飛距離をコントロールできなくな ...

バックスピンのかけ方|ウエッジの打ち方とボールの選択

  ピンハイに打っていき、グリーン上バックスピンをかけて、ピンそばに寄せる。 これは「みんゴル」だけの世界ではなく、男子プロのテレビ中継でよく見るシーンです。 バックスピンがかかるような強い球に憧れる ...

アマチュアゴルファーにダウンブローは必要ない?|ドライバーも打ち込む?

  切れるアイアンを打つにはダウンブロー 松山英樹選手など、PGAツアーを戦うトッププロは、200ヤード前後の距離を9番アイアンで打ちます。 テレビを見ていて「さすがに届かないのでは・・・」と懐疑的に ...

アマチュアゴルファーは難しいクラブを使いすぎ|柔らかいシャフトが合う人

  アマチュアゴルファーは難しいドライバーを使いたがる ハードスペックが格好いい? アマチュアゴルファーは難しいクラブを使いすぎているかもしれません。 なぜか日本では難しいクラブ、ハードスペ ...

ドライバーとアイアンの平均飛距離|ヘッドスピード別一覧表

  ドライバーの平均飛距離 練習場で隣の打席の人がものすごい飛ばし屋だったとき、自分の飛距離にガッカリしますよね。 そもそも、番手毎の平均的な飛距離はどのくらいなのでしょうか? 年齢や体格で違いはあり ...

フォーティーンTC-544

2016/10/20   -アイアン
 

  飛び系アイアン フォーティーンTC-544 フォーティーンTC-544は打感にもこだわった飛び系アイアンです。フォーティーンならではの設計力で打感がいい軟鉄鍛造を使い、ボディフェイス一体型のアンダ ...

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.