「ゴルフ練習方法」 一覧

ゴルフで90を切るにはナイスショットをイメージしてスイング

  ゴルフはイメージが大事 ゴルフクラブのフェースには、インパクト時に最も振動数が少なくなる場所があります。 いわゆる「スイートスポット」です。 スイートスポットでのインパクトは、クラブヘッ ...

ゴルフ初心者におすすめの練習方法|即効性のある打ちっぱなし練習場活用法

  ビギナーは理想のスイングを自分の頭に描く ゴルフのスイングの質は、スコアに直結します。 いいスイングなのに、いい球が出ない人はいないのです。 やはり、人から「きれいなスイングだなあ」とか ...

ゴルフ初心者必見!この練習でドライバーが真っ直ぐ飛ぶようになる

  ゴルフは間違った練習でヘタになる ドライバーが曲がる 初心者がコースに行って崩れていくのは、ドライバーに原因があります。 具体的に言えば「真っ直ぐ飛ばない」ことが最大の問題です。 1打目 ...

グリップの握り方がわかればゴルフは急激に上手くなります

  ボールを打つための道具であるクラブと体をつなぐための唯一の場所が「グリップ」です。 ゴルフビギナーは、グリップの重要性を意識していないどころか、むしろ軽視しているかもしれません。 グリッ ...

芯を食うためのスイングに必要な練習法

2018/01/25   -ゴルフ練習方法

  芯を食えば飛ぶ ゴルフクラブには必ず重心があります。 よく「低重心クラブ」という謳い文句を聞くと思いますが、まさにあの重心のことです。 この重心にボールが当たるとボールは勢いよく飛んでく ...

ヘッドスピードを40m/sから45m/sにアップさせる練習法|プラス20ヤード飛ばす

  飛距離を伸ばすコツはヘッドスピード 「遠くへ飛ばしたい」との願望は、すべてのゴルファーに共通しているでしょう。 飛距離が出れば次のショットが楽になるので、当然スコアにも直結します。 飛距離は最大の ...

テンプラ防止のためのたった1つのチェックポイント

  コンペのドラコンホール。 かっ飛ばしてドラコンを取る!と気合を入れたドライバーショットがテンプラで、飛距離150ヤード・・・というトホホな経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 特に1 ...

バンカーショットの打ち方|練習場でできる簡単な練習法

  アマチュアゴルファーはバンカーが苦手 プロのツアーをテレビで見ていると、バンカーショットを当たり前のようにピンに寄せてきます。 悪くても1m以内、場合によっては、チップインもあるくらいです。 その ...

ハーフ45も簡単!スコアに直結する効果的なゴルフ練習法

  練習場ではキレキレなのに・・・ 練習場ではいいショットが打てるのに、実際にコースでは、実力が出し切れないというアマチュアゴルファーは多いのではないでしょうか。 いわゆる「練習場シングル」と呼ばれる ...

アプローチの練習法【80ヤード以内のクラブ選択とシャンク防止】

  アプローチとは ドライバーが真っ直ぐ飛んで、フェアウェイ絶好の位置。 2打目のアイアンも悪くないショットで、ボールはグリーンの手前に。 ここからのショットがピンが寄り、パットが入ればパーをキープで ...

ヘッドスピードを上げる練習のコツ|女性ゴルファー飛距離アップ

  ヘッドスピードと飛距離 ゴルフを始めたばかりの頃は、わけも分からずドライバーを振り回していたと思います。 ゴルフで飛距離アップすることで上手くなった実感を持つこともできるので、気持ちはよくわかりま ...

芯を喰わず飛距離が出ない人にオススメの練習法

  大切なのはバランス力 アドレスのときは、ボールとクラブの芯が当たるようにセットしているにも関わらず、なぜスイングをすると芯に当たらないのでしょうか。 それは、下半身を中心にスイングのバランスがとれ ...

ゴルフで飛距離アップする方法|飛ばすトレーニングと練習器具

  飛距離アップのために必要なのはヘッドスピード? 飛ばすためには、なにが必要か。 これは、100切りを目標にするアマチュアゴルファーでもトップアマでも、ゴルファーなら永遠の課題だと言っても間違いでは ...

100を切りたい!半年で97が出た「ドライバー&アイアン」の練習方法

  100切りまでの平均的な期間 ゴルフを始めた頃の最初の目標は「まずは100を切る」ことではないでしょうか。 90台で回れるようになれば、ゴルフの本当の楽しさがわかるようになるので、ここを目標にする ...

ライザップゴルフなら、あっという間にドライバーの飛距離を伸ばせます

  ドライバーが打てない悩みの解決法 一般のアマチュアゴルファーは、十分な筋力があるにも関わらず、ドライバーの飛距離が伸びないケースがあります。 これが、ドライバーへの苦手意識となり、「ドライバーが打 ...

腰痛防止のゴルフストレッチ|柔軟性と稼動域拡大でケガ防止

  飛距離の低下は柔軟性が原因 40歳を超えた人達から「飛距離が落ちてきたな」という嘆きの声を聞くことがあります。 かつては、260ヤードの飛ばし屋で飛距離には自信があったけど、年と共に段々 ...

素振りと練習器具の活用でヘッドスピードを上げる

  平均的なヘッドスピードはどのくらい? 飛距離とヘッドスピードは強い相関関係にあります。 必ずしもヘッドスピードが早ければ飛ぶわけではありませんが、ヘッドスピードが速い方が飛距離が出る可能性は高いと ...

ドライバー練習法|初心者でも簡単に飛距離20ヤードUP

今のドライバースイングの基本 最近、飛距離が落ちたと悩んでいる方が多いと聞きます。 特に40代や50代のアマチュアゴルファーからよく聞かれる言葉です。 しかし、飛距離の減少は年齢による筋力の衰えだけが ...

ゴルフに必要なストレッチメニュー|股関節の捻転でケガ防止

  ゴルフにはストレッチが必須 「ドライバー飛ばなくなってきたなぁ」と思うことがありますが、同時に自分の年齢を感じてしまうのではないでしょうか。 加齢を感じるのは、なにもドライバーの飛距離だけではあり ...

スイング改造でプラス20ヤード|飛ばせる練習メニュー

  ドライバーを飛ばしたいなら ドライバーを飛ばしたい!!という願望は、ゴルファーなら誰でも持っているもので、いくら経験を重ねてもなくなることはないでしょう。 しかし、飛ばしたい!!!と思えば思うほど ...

ドライバースイング|スライスして飛ばない初心者の練習法

  飛ばない人のドライバースイング ゴルフの醍醐味は、やはり「飛距離」です。 思いっきりドライバーを振り回して、かっ飛ばしたときの爽快感は病みつきになります。 しかし、ゴルフ初心者や女性ゴルファーは飛 ...

ゴルフの飛距離をアップさせる方法|ドライバーとアイアンを飛ばす練習

  ゴルフの飛距離アップの方法 やっぱり「飛ばし」がゴルフの醍醐味。 ドライバーをかっ飛ばすとスカッとしますよね。 仕事のストレスがたまっていると、週1回の練習場や月イチのラウンドで、ドライバーを思い ...

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.