ゴルフの打ち方

脱力スイングが最も飛ぶ|アマチュアは力み過ぎ

更新日:

 
脱力スイング

なぜ脱力スイングが飛距離を生むのか

かつて賞金女王に輝いた森田理香子プロのドライバースイングを見たことがあるでしょうか。

実にスムーズかつダイナミックなスイングで250ヤード以上の飛距離を誇っています。

それだけ飛ばすのだから、かなり力感のあるスイングなのかと想像するかもしれませんが、しかし思いのほか「力感」を感じません。

バックスイングでも力感がなく、一定のリズムで、むしろ軽く振っているようにさえ見えます。

楽にスイングすることがコツ

これがスイングの極意、飛びの秘訣を端的に表していると言えます。

つまり、スイング中のどのタイミングでも力むことなく、特に切り返し以降で脱力し、へッドの動きを邪魔しないように振ることが最もスピードを上げるカギであり、森田理香子プロはそこを意識しているように思います。

これは師匠である岡本綾子プロから伝授された技だと言えるでしょう。

静かな構えから、自然と動き出し、スムーズにトップまで行き、そこから力感なくダウンスイングに入り、そのままキレイに振り抜く。

どこにも無理がなく、とにかく楽に振っているように見えることこそ、スイングの極意と言えるのです。

アマチュアのスイングは切り返しで力む

その点、男性の一般アマチュアはせっかくの筋力をうまく使えているとは言えないでしょう。

というよりも、筋力がスイングを邪魔しているようにも見えます。

まさしく「カ感たっぷり」に振っていますが、実はその「力感」が筋肉を硬直させ、スムーズなヘッドの動きを阻害しているのです。

つまり、脱力の仕方、言い換えれば「力の入れどころ」がわかっていない。

特に上半身の脱力ができていないのです。

それも、切り返しのタイミングで力んでしまっている印象があります。

スイング計測で問題点を把握する

それを証明するために、スイングを計測してみてください。

まずは軽く5球くらい打ってみましょう。

意識的に軽く打ってますから、ヘッドスピードは低くなるかもしれません。

「あれ?40メートル毎秒?いつもはもっといい数値なんだけどなぁ・・・」と思うでしょう。

そしてムキになり、今度はマン振りをする。

しかし、数字は上がってはいない。

そこで気付くのです。

「力いっぱい振っても、ヘッドスピードは上がらない」と。

実は「力感」が筋肉を固くし、スイングにブレーキをかけてしまっているのです。

つまり、飛距離アップとマン振りは無関係なのです。

フィニッシュの形をチェックしてみれば、一目瞭然です。

力んだスイングでは、フィニッシュで静止できていないことが多いのです。

 

力みなく飛ばせるスイングとは

力を入れてもヘッドスピードをアップできないのならば、別の方法を試してみましょう。

自分のフルパワーを10としたときに、9の力、8の力、と少しずう出す力を抑えるイメージで球を打ってみてください。

そして、測定値を確認してほしいのです。イメージとしては、素振りのつもりで振ってください。

スムーズに大きく腰と肩を回したトップからフィニッシュまで、インパクトを考えず振り抜くことだけ意識して、きれいにバランスよくフィニッシュで立っていられることを心がけるのです。

特に、切り返しで力を抜き、クラブが自然落下するような感覚で振ることが大切です。

当然、左右のグリップは柔らかく脱力することが必須で、決して力まないことになります。

その結果、力を入れていないときのほうが、ヘッドスピードは上がっていることがわかると思います。

力まなくなったことで、ミート率が上がり、インパクト効率も向上するので、結果的に飛距離も伸びる可能性が高いでしょう。

その力加減や力感こそが、遠くまで飛ばせるスイングの真理なのです。

 

切り返しで自然落下する

ドライバーを構成するパーツの中ではヘッドが最も重くできています。

そして、すべてのクラブの中で最も長く、軽いので、ヘッドの挙動を感じやすいという特性がありますが、スイング中にこのヘッド重さと挙動を感じることができなければ、力んでいる証拠。

つまり脱力出来ていないということなのです。

特にテークバックで地面と腕が平行になるところでヘッドの重さが感じられないようであれば、それは力んでいる状態にあると言ってもいいでしょう。

スイング中、ヘッドがどこにあるかを把握できていれば、力みがなく、最適なスイングができていると言えます。

とりわけ、トップからの切り返しで力んでいなければ、ヘッドが自然落下する感覚がわかるはずです。

逆にスイング途中で重さが消えてしまうようであれば、そこで力が入り、感覚を無くしてしまっていることになります。

また、プロゴルファーや上級者は、スイング中にフェースの向きを察知して、インパクトで対応したりすることができます。

テレビ中継などを見ていると、途中で右手は離すシーンがありますが、あれはフェースの向きの違和感を感じ、咄嗟に調整しているという高度なテクニックなのです。

無駄な力が入り、ヘッドの重さやフェース向きが感じ取れない状態だと、スイング中の微調整ができなくなり、OBを連発することになります。

クラブヘッドの重さを感じるスイングをして、感覚を磨いていくことが上達への近道でもあるのです。

 

脱力練習ドリル

とはいえ、コースに出て、ティーアップすれば、誰でも力んでしまうものです。

意のままに脱力出来るものではありません。

リラックスしようと思っても簡単に力みはとれません。

ただ、意識付けをすることで、意図的に力みをとることができるようになります。

無駄な力みをとれば、自分にとってもベストショットができるようになります。

アドレスで思い切り力む

人間は、体に力を入れ続けることはできません。筋肉の収縮には限界がくるのです。

これを逆手にとれば力みをコントロールすることができます。

つまり、アドレスに入ったら、まず思いっきり力んでしまえばいいのです。

グリップをできる限り強く握ってみる。

そして、特に腕を中心とした上半身の筋肉に力を入れてみてください。

この状態を数秒維持した後、一気に脱力すれば、それがベストな力の入れ具合というわけです。

直前の力みと比較して、不思議なくらい力を入れずにスイングできていることに気づくと思います。

下半身を力むと上半身の力が抜ける

人間は複数の部位に同時に力を入れることもできないので、力を入れたくない部位があるなら、別のところに力を入れればいいのです。

スイングで力みたくない部分といえば「上半身」です。

特に肩周りの大きな筋肉はリラックスさせたいですし、グリップはその中に小鳥がいるくらい優しく握っておきたいものです。

逆に力んでもいいのは体幹や下半身です。

よく「バックスイングでは腹筋と背筋を使う」と言われますが、これは体幹に意識を向け、腕の力を抜くという意味でもあるわけです。

そして、下半身の中では特に足の裏が重要になります。

足の5本の指でぎゅっと地面をつかむことを意識すると、上半身の力みを取るだけでなく、土台が安定したスイングにもつながります。

脱力素振りで意識をフィニッシュに向ける

力んだスイングをしていると、間違いなくフィニッシュが取れなくなります。

腕や手に無駄な力を入れ、自分の筋力を超えた速さでスイングしようとすると、フィニッシュでバランスを崩します。

いわゆる「マン振り」ができるのは、体幹がしっかりしていて、スイングスピードをコントロールできるプロだけでしょう。

これを逆説的に言えば「フィニッシュがとれるスイングなら力んでいない」ということになります。

要は、フィニッシュをとることに意識を集中することにより、スイング全体を意識するようになり、力まなくなるのです。

特にトップからダウンスイングへの切り替えしで力むことがなくなるため、正しい軌道でヘッドを下ろしてこれるようになります。

できれば、フィニッシュで1秒程度静止するようにしてみましょう。

これは下半身が適度に力んでいないとできません。土台がユルユルだと止まることができなくなります。

正しいアドレスからリズムよくバックスイングに入り、力まずに切り返す。

そして、バランスよくフィニッシュできるようスイング全体を意識することで、力みは軽減できるのです。


 

【最も飛ばせるドライバーはコレ!!】

 

 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフの打ち方
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.