ゴルフ練習方法

毎日のゴルフストレッチ|股関節の柔軟性で腰痛防止・肩甲骨の稼動域拡大

更新日:

 

ゴルフストレッチ

飛距離の低下は柔軟性が原因

40歳を超えた人達から「飛距離が落ちてきたな」という嘆きの声を聞くことがあります。

かつては、260ヤードの飛ばし屋で飛距離には自信があったけど、年と共に段々と飛ばなくなってきたと言うのです。

そのような人の多くは、決してパワーが落ちたのではありません。

事実、ヘッドスピードはそれほど落ちていないのです。

では、なにが原因なのでしょうか?

それは、体が硬くなってきて、肩が回らなくなったり、下半身を支えられなくなり、力を受け止められなくなってきたことに起因しています。

要は、全身の柔軟性がなくなってきているのです。

飛距離の維持に必要なのはパワーではなく、ボールの芯をきちんと捉えて、力を伝える姿勢の正しさや柔軟性です。

本来の体の可動域と柔軟性を手に入れれば、飛距離維持どころか、大幅な飛距離アップも夢ではありません。

ゴルフストレッチで腰痛やケガの防止

念入りにストレッチを行うことによって、筋肉や筋の柔軟性を維持できれば、怪我のリスクも軽減します。

ゴルファーの悩みのひとつは腰痛ですが、そんな腰痛の痛みに耐えながらスイングをするためボールが思ったように飛ばないという方も多いはずです。

これもストレッチを行うことで解消できると思います。

筋膜をリリースできるマッサージガンなどを使うのがおすすめです。

 

自宅でできるゴルフストレッチ

飛ばすためのゴルフストレッチ

まずは、アドレスの姿勢を作ってください。

そこで頭の後ろにクラブを横にして当てて、肩だけを動かしてください。

下半身や腰は動かさずに肩だけを動かすことで、肩甲骨を中心とした部分の筋肉の可動域が広くなります。

肩は15度から20度くらい動けば十分ですが、実際にやってみると、意外と肩は回りません。

しかし、1日10分だけでもこのストレッチをすることで、柔軟性を取り戻すことができます。

実際に、私もこのストレッチをすることで、飛距離が伸びました。

自宅でもできるので、ぜひやってみてください。

肩甲骨のゴルフストレッチ

肩甲骨が硬いと、背筋を使わず、腕や手首だけでテイクバックしようとしてしまいますが、大きな筋肉を使わないと、ダウンスイング時のシャフトの角度が定まらなくなり、結局はカット軌道になるので、スライスが出やすくなるのです。

本来は、肩甲骨を含む肩まわり全体を使ってトップの姿勢を作りますが、そのためには、肩甲骨まわりの柔軟性をつけることが不可欠です。

肩甲骨付近の筋肉が柔らかくなれば、体全体でスイングできるので、手首をこねることなく素直にクラブを振り下ろすことができるようになるのです。

それはフィニッシュにおいても同様です。

肩甲骨まわりが硬くなっていると、フォロースルーでも小さな筋肉を使ってしまいます。

小手先を使うと、ボールの距離も方向性も不安定になります。

いつも大きな筋肉を使って同じフォームでスイングするためには、肩甲骨まわりの柔軟性が必須なのです。

以下動画のように、仕事中にできるストレッチもあるので、継続して実践してみてください。

数ヶ月で昔の飛距離を取り戻せる可能性が高いと思います。

股関節のゴルフストレッチ

股関節の柔軟性を維持するためには、ストレッチだけでは不十分で、実は「お尻(臀部)」の筋肉の強化とセットにする必要があります。

理想的なトップスイングは、右股関節がしっかり入った状態ですが、これは腰を回す動きによってつくられるわけではありません。

むしろ、右のお尻が引っ張ることで股関節が引き込まれる状態なのです。

飛ばし屋として有名なローリー・マキロイやダスティン・ジョンソンなどは、股関節の柔らかさとお尻の筋肉が共存しています。

股関節の動きをよくするためには可動域を広げるためのストレッチが必須。

その上でお尻の筋肉を強化すること。

柔軟性と筋力をセットで行い、ゴルフに対応できる体を作らなければいけないのです。

 

膝の柔軟性

ベテランゴルファーが年齢とともに「最近飛距離が落ちたな」と悩む原因のひとつが、左ヒザにあると思います。

年齢とともにインパクトで左ヒザが曲がってくるようになってしまう、つまり、ヒザの柔軟性と強靭性がなくなってきているのです。

それにより、ダウンスイングからインパクトにかけての体重移動が、左足で受け止められなくなってしまいます。

パワーをボールに伝えるために、左ヒザを曲げないというのは、最も大事な動きです。

逆に、左ヒザが曲がってくるようになると、最も飛距離が落ちてきます。

その左ヒザを意識するだけで、年配の人でも飛距離を取り戻すことができます。

左ヒザは、フォロー側に曲がる動きが一番よくないので、そうなってしまう人は、逆に左ヒザをアドレスよりも伸び切るようにして打ったりするのも有効です。

あるいは、少しアドレスを今までよりも小さくして、体重移動そのものを少なくすることで、左ヒザが曲がらないスイングになります。

いずれにせよ、左ヒザが曲がってしまっては、どれだけダウンスイングにパワーがあっても飛距離にはつながりません。

 

腰の柔軟性

多くのゴルファーは体に負荷をかけた「頑張ったスイング」を目指しすぎていると思います。

年齢を重ねて飛距離が落ちてくると、「昔はもっと飛んだのに・・・」という思いから、もっと体を大きく動かそうとしたり、テークバックや体重移動を大きくしたりする人が多いのですが、それは決して飛距離アップにはつながりません。

ゴルフで飛距離を出すうえで大事なことは「軸がしっかりしていること」です。

それが、必要以上の動作をしてしまうと、その軸が不安定になってしまいます。

特に、軸を作る上で大事なことは左腰の位置です。

左腰がアドレスからトップまでに動いてしまうと、絶対に軸は安定しません。

ゴルフスイングは腰から下の下半身は動かないのが理想です。

この動きに不可欠なのが「腰の柔軟性」なのです。

もし、飛距離が落ちてきていると悩んでいるのなら、左腰の位置を確認してみてください。

無駄に大振りするよりも、左腰を動かさずに、コンパクトに振るほうが、絶対に飛距離アップにつながります。

 

ゴルフ用の腰のストレッチ

ゴルフストレッチは毎日やる

飛距離アップのためのストレッチは、プレー前に軽く行うだけでも効果が得られますが、さらなる成果を望むなら、やはり日課としてストレッチを取り入れるべきでしょう。

プレーの直前だけでは効果が限定的ですが、毎日ストレッチを継続すれば、相当しなやかな筋肉が維持できるはずです。

毎日お風呂上りなどの体が温まっている時に、簡単なストレッチを繰り返すだけでも十分です。

これだけでもゴルフに必要な柔軟性が保てますし、腰痛の予防にもなります。

ゴルフは一方への運動で、しかも一定した動きの連続なので、使う筋肉も偏ってしまいます。

その結果、腰痛を発症してしまうのです。

しかも、筋肉は過度に使いすぎると固くなってしまうので、十分なケアが欠かせません。

特にゴルフ初心者で100を切りたい!というレベルの方は体のケアを怠りがちなので注意してください。

毎日のストレッチでゴルフに必要な筋肉の柔軟性を維持して、いつでも正しいスイングができる体の状態を保ってください。

ゴルフストレッチ用のトレーニングゴム

ゴルフストレッチ動画


 

【今、最も売れているドライバーはコレ!!】

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフ練習方法
-

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2022 All Rights Reserved.