ヘッドスピード

平均ヘッドスピードを40から45に上げるゴルフ練習法とおすすめシャフト

更新日:

 
ヘッドスピード

飛距離アップにはヘッドスピードを上げる

ヘッドスピードを上げる方法

「遠くへ飛ばしたい」との願望は、すべてのゴルファーに共通しているでしょう。

飛距離が出れば次のショットが楽になるので、当然スコアにも直結します。

飛距離は最大のアドバンテージとなるわけです。

そのため、力一杯のフルスイングをしてしまいがちです。

いわゆる「マン振り」というやつです。

しかし、これが大間違いなのです。

全力スイングは、むしろ飛距離をロスします。

特にアマチュアゴルファーのフルスイングは単なる「力み」になることが多いので、ミスショットを誘発してしまう可能性が高いのです。

つまり、飛距離と力は無関係なのです。

では、飛距離はなにに影響を受けるのでしょうか?

飛距離に最も強く関係してくるのは「ヘッドスピード」です。

言い換えれば「クラブヘッドのインパクトの瞬間の速度」です。

そして、それに伴って、ボールが打ち出される初速が飛距離に影響を与えるのです。

ヘッドスピードを測定してみる

クラブヘッドのスピードである「ヘッドスピード」と「ボールの速度」との関係は、運動量保存の法則とボールの反発係数から計算されます。

簡単に言うと、ヘッドスピードが2倍になるとボールの初速も2倍になります。

つまり、飛ばしたければ力むのではなく、ヘッドスピードを上げることに注力すべきなのです。

飛距離を伸ばすポイントが力でないことを知っておく必要があるでしょう。

力むと筋肉の動きを阻害するので、ヘッドスピードは落ちてしまいます。

飛ばそうと力を入れることは、逆に自ら飛ばないようにスイングしていることになり、正反対な結果を招くことになります。

今は簡単にヘッドスピードを測定することができます。

測定器を購入し、ヘッドスピードがアップするスイングを追求してみるのもいいでしょう。

おすすめのヘッドスピード測定器

 

平均的なヘッドスピードは40m/s~45m/s

自分のヘッドスピードを知らないアマチュアゴルファーも多いはずです。

プロは45~50m/sくらいで、飛ばし屋では55m/sくらいになると思われます。

一方、男性アマチュアのヘッドスピードは若い人で45m/s程度、40代以降は徐々に落ちていくので、全体を平均すると40m/s前後だと言われています。

40歳以下 44m/s
41歳~50歳 42m/s
51歳~60歳 41m/s
61歳~70歳 39m/s
71歳~80歳 37m/s
81歳以上 36m/s

ヘッドスピードから飛距離を計算する

飛距離は、ヘッドスピードに5.5を掛けた数値がひとつの目安なので、男性アマチュアの平均飛距離は、およそ220ヤードということになります。

男性アマチュアのヘッドスピードに近いと言われる女子プロゴルファーですが、ドライバーの平均ヘッドスピードは38~40m/sとやや遅めです。

しかし、彼女たちはドライバーで230~240ヤードを軽く飛ばしています。

ここにプロとアマの違い、即ち「スイングの質の違い」があるのです。

 

効率よくヘッドスピードをアップ

シャフトでヘッドを上げる

ヘッドスピードを速くするには、腕に力を入れ、目一杯速く振るのではなく、単純にクラブのヘッドを速くすることが肝要になります。

言わば、女子プロのような「効率のよいスイング」です。

では、ヘッドを速く動かし、効率よくスイングするためには、どうすればいいのでしょうか。

最も重要なのが「シャフト」です。

自分のヘッドスピードとスイングに合ったシャフトを選択しなければ、飛距離は落ちてしまいます。

さらに、クラブを振る時の力の入れ方や筋肉の使い方、さらに振り方をどうするかを考えることが重要になります。

この「飛ばすための感覚」がわかってきて、それにシャフトがマッチしてくると安定した飛距離を得ることができるようになります。

ヘッドスピードを上げるための訓練

まず、左腕だけをしっかり意識し、真っ直ぐに伸ばして構えます。

このとき、グリップは左手の小指、薬指、中指の3本で軽く握り、親指と人差し指は軽く添えるだけにします。

決して強く握らなでください。グラグラくらいのイメージです。

5本の指全体で握ってしまうと、腕に力が入ってしまい、ヘッドスピードを最大化できなくなりますので、あくまで3本の指で軽く握るようにしてください。

その状態で右手を添えますが、右手はさらに軽く握ります。

スイングした際、クラブが抜けない程度にやさしく握ってください。

そして、肩の周辺などを中心に、上半身全体はできるだけリラックスさせます。

筋肉が張らないよう、脱力する感覚です。

そして、腕とゴルフクラブの接点であるグリップを支点にして、振り子のように振ります。

かつての賞金王である伊澤利光プロの動画が参考になると思います。

【Enjoy!Golf】伊澤利光が教えるクラブの握り方編 ポイントは「緩く握る」こと

アマチュアが一度は悩むゴルフの肝「右手のグリップ」を見直そう

ベストなシャフトの見つけかた【鹿又ギア深層の真相】

 

ヘッドスピードアップのコツ

ヘッドスピードを上げるスイング

効率的なスイングのためには、腕の動きは左腕リードで、脇をしっかり締めながら振り下ろします。

インパクトの直前(体の正面にグリップがきたとき)に腕の動きは止めるような気持ちで(実際には動きます)、右肩を前に出さず、後方(右)に残すようにし、グリップを支点にクラブヘッドだけを先行させます。

動きたがる腕を止めるために、右肩の動きをセーブするです。

そして、腕も止めるような意識を持つ。

そうすることで、クラブヘッドだけが先行するようになります。

つまり、腕の振りとシャフトの振りとで、二重に振り子ができるということです。

これが「ヘッドが走る」という状態なのです。

これはヘッドスピードを速くするスイングメカニズムのひとつです。

とにかく、腕の振りの「速い・遅い」でなく、あくまでクラブヘッドの速度が距離に関係するということを意識しながらスイングをしてみてください。

ヘッドの重さで本当の振り子スイング!!

プロゴルファーもやってる片手打ち練習は、振り子スイングの本当の原理がある。【 3D ゴルフ 鈴木真一 】

ヘッドスピードを上げる練習器具

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ヘッドスピード
-

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2022 All Rights Reserved.