ゴルフ練習方法

ゴルフ初心者練習法|打ちっ放しと自宅でできる練習メニュー

更新日:

 

ゴルフ初心者がやる練習

ゴルフ初心者が練習場でやること。

即ち、チェックすべき基礎点なスイングのポイントは3つです。

もちろん、自宅でもチェックポイントの確認は可能です。

鏡の前などで自分のフォームを確認することで上達が早くなることは間違いありません。

まずはこの3つを叩き込みましょう。

グリップ

クラブと体の唯一の接点がグリップです。

打つ度にグリップが変わってしまえば、同じ球が打てません。

いつも同じグリップができるよう、体を慣らしていきましょう。

また、グリップの形だけではなく、グリッププレッシャーも大切です。

アドレスからトップ、切り返しからインパクト、そしてフィニッシュまで、グリップの力の入れ具合は同じでなければいけません。

特にゴルフ初心者の場合、切り返しで力む傾向があり、それが正しいインパクトの阻害要因になります。

あまり力を入れない自然なグリッププレッシャーを保つように心がけましょう。

グリップ矯正器具があれば、自宅でも正しい握り方を繰り返しおさらいできるので、上達を早めることができるでしょう。

正しいアドレスとボールの位置

まずはスタンス幅を一定にしましょう。

基本は肩幅です。

ゴルフ初心者は、飛ばしたいあまり、かなり広いスタンスを取る傾向にありますが、これでは体の捻転が浅くなり、カット軌道になってしまいます。

スタンス幅を確認したら、それに合わせボールをセットします。

ゴルフボールの位置は、どのクラブでも左足かかと線上で一定にする方法と、クラブが短くなるにつれてスタンスの中心寄りにする方法がありますが、どちらでも間違いではありません。

打ちやすい方法を採用してください。

鏡を使ったり、スマホで撮影しながら、アドレスチェックをしてみましょう。

前傾角度

スイング中の前傾角度を維持することでクラブが正しい位置に戻ってくるので、ナイスショットが打てるわけです。

しかし、ゴルフ初心者は、トップで伸び上がり、切り返しからは沈み込むので、前傾角度が一定しない傾向にあります。

これでは、構えた場所にクラブが戻らないので、いい当たりがでないのです。

スイングをスマホで撮影し、正しい前傾角度を確認してください。

 

 

ゴルフ初心者の練習場スイングチェック

ゴルフ初心者が練習場でスイングする場合、まずは「打ち急がない」ことが最重要です。

大きな筋肉を使って、ゆったりと大きくスイングできれば、自ずとよいスイングが身につきます。

そのために有効なのが「スイングリズムの維持」と「トップで止める」という練習です。

スイングリズムを一定に保つ

ゴルフビギナーはスイングリズムの重要性を理解していません。

ミスショットの大半は、スイングリズムの狂いが原因なのです。

メトロノームを使って、自分に最も合ったスイングリズムを見つめましょう。

最初は打ち急がないように、なるべくゆったりとしたリズムで振るように心がけてください。

トップで止める

ゴルフ初心者は、トップの位置に入る前に、すぐダウンスイングを始めようとします。

これでは捻転が浅くなり、自然とスイングリズムが早くなってしまいます。

正しいスイングリズムを身につけるためにも、トップのポジションに入ったら一旦スイングを止めてみてください。

トップの静止は、松山英樹選手のスイングが参考になるでしょう。

そして、一度止めた状態からダウンスイングを再開します。

これにより、自然な間ができ、打ち急がなくなるばかりか、体全体を使って正しい体重移動を伴ったダウンスイングが会得できます。

 

初心者は理想のスイングを想像する

ゴルフのスイングの質は、スコアに直結します。

いいスイングなのに、いい球が出ない人はいないのです。

やはり、人から「きれいなスイングだなあ」とか「格好いいなあ」と言われるようなスイングができるようになりたいものです。

そのためには、プロや上級者のスイングを見て、それを頭の中でイメージすることです。

特にゴルフを始めたばかりの頃は、頭の中でイメージすることが大切です。

ゴルフ雑誌の連続写真でもいいですし、YouTubeなどの動画サイトなら、沢山のスイング動画がアップされています。

参考になるものは多くあるので、それを目で覚え、脳内で再生すればいいのです。

以下が私がイメージトレーニングで使っている動画です。

森田理香子プロのスイングリズムと松山英樹プロのドッシリしたアドレスを参考にしています。

初心者は練習場で観察する

練習場にはシングル級のアマチュアゴルファーがいるはずなので、ビギナーの方はその人達のスイングをじっくり観察してみてください。

上級者を見ると「自然な構えをしているな」「上半身の力感がないな」「ヘッドの走らせ方が上手いな」など、参考になる点が多くあります。

一方で、あまり上手ではない人は「力が入りすぎているな」「トップの位置が変だな」「リズムがバラバラだな」など、反面教師にできる面もあるでしょう。

自分のスイングはさておき、他人のスイングの良し悪しはよく分かるものです。

「人の振り見て自分のスイングのチェック」をするのもひとつの練習方法です。

スマホで自分のフォームを撮影したり、スイング解析ツールを使って問題点を探してみるのもいいかもしれません。

 

初心者が自宅でできる練習

ゴルフ初心者の自宅練習

フォームをよくすることは、スイング自体がよくなることで、スイングがよくなれば、ボールは正しく飛んで行くことになります。

つまり、いい球を打ちたければ、自分の頭の中で最高のスイングをイメージして、その通りのスイングになるように心がけて振ればいいのです。

いわゆる「イメージトレーニング」です。

イメージトレーニングは、初心者ゴルファーが自宅で手軽にできる練習なので、おすすめです。

イメージは体現されるので、とくかくイメージを作ることが重要です。

このためには、自分の頭の中に「ベストスイングのイメージ」を持たないとどうしようもありませんので、まずは「自分はこういうスイングをするのだ」というイメージを確立すること。

そして、そのイメージを再生しながら、素振りをするのです。

鏡に自分のフォームを映しながら、イメージとの差異を埋めていく練習も効果的です。

日頃からこのイメージトレーニングを実行していると、必ず理想のスイングに近づいていきます。

自宅でできる素振り練習器具

 

初心者は打つクラブを限定して練習する

練習するクラブの順番

初心者ゴルファーは、練習場で使うクラブの順番も考える必要があります。

ピッチングウェッジだけで練習

初心者はどうしてもドライバーを振り回す傾向がありますが、これが上達の妨げになる場合があります。

まずやるべきは「フォーム固め」です。

スイングを固めるためには、力まないで振れるクラブがおすすめ。

練習場には、飛距離がでないピッチングウェッジ1本だけを持っていき、ひたすら打ち込みましょう。

高い球や低い球、スライスやフックなどを意識して打つようにしているうちに、自然とスイングが身に付いてきます。

ドライバーからサンドウエッジまでを使う練習

同じクラブを使うのではなく、あくまでコースをイメージした練習方法もあります。

コースでは同じクラブを2度続けて持つことはないので、練習場からクラブをシャッフルして打つようにして、コースと同じ環境に慣れておくのです。

ドライバーから7番アイアン、グリーン周りからアプローチウェッジなど実際のコースで打ちそうな順番をイメージして、一球ずつ真剣に打つ練習を取り入れてみましょう。

ゴルフは毎回使用するクラブが変わるスポーツなので、クラブをシャッフルすることにより、それぞれのクラブに合わせて振る感覚が養われます。

クラブの長さや重さのギャップを埋められるようになれば、コースでの対応力が上がるのです。

問題意識を持って練習する

ゴルフ上達の秘訣は、自分のスイングについて、絶えず関心と問題意識を持つことが大切です。

この関心や問題意識もイメージトレーニングの一種だと言えます。

絶えず考えることによって、そこに「ひらめき」が出ます。

ハンデを減らす過程では、たくさんのひらめきを経験します。

ひらめきのないゴルフには上達もありませんし、このひらめきこそがゴルフの面白さだと思います。

練習場で、ただ漫然とボールを打っていたのでは何の進歩もありません。

「今日はどこをチェックして、こういう練習をしよう」とその日の課題を持ち、1球1球、理想のスイングをイメージしながら丁寧に打つことが大切です。

そしてボールが曲がったら「なぜ曲がったのか」を考え、「では、こういう感じで振ってみよう。そうしたらボールはどう飛んで行くのか」を見極めるのです。

いろいろ試行錯誤してボールが真っ直ぐ、自分の思うように飛んで行くまでチェックします。

これこそがビギナーに必要な練習です。

これをコースで行っていたら、スコアはまとまりませんので、練習場だからできる試行錯誤を大いに行うべきです。

練習場で数多く打っていると納得のボールが出ることがあります。

この時の振り方や力の入れ方などの感触をインプットし、それをイメージとして植え付けるのです。

そして、その後はそのイメージを思い出すのです。

それを体で覚え込むまで打ち続けると、いつでもそのボールが打てるようになります。

このときに、自分が上手くなっている実感が持てるでしょう。

 

初心者用ゴルフスクールでレッスンを受ける

ゴルフ初心者はスイング理論を学ばず、見様見真似の自己流で始めてしまうことが多いため、結局遠回りをしてしまうケースがほとんど。

ある程度練習をして、自己流の限界を感じ、そこからゴルフスクールでレッスンを受けるくらいなら、最初からレッスンプロに付き、基礎を学んだ方が確実に成長は早いのです。

有名なのは「ライザップゴルフ」です。

「結果にコミットする」で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップコミットに特化したゴルフスクールです。

スライスが治らず、悩んでいる方、スコア100の壁にぶつかっている方、ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない初心者の方、短期間で結果を出したい方におすすめ。

専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築、1人1人に合わせたカリキュラムで指導してくれます。

特にスコアに直結するショートゲームの技術を磨き、短期間で飛躍的に技術とスコアを向上させてくれます。

さらに、オンラインでのサポートも充実しているので、レッスンで発見した課題をクリアしていくための実践的な宿題を練習ドリル&オンライン動画で指導してくれます。

レッスン日以外も専属のプロコーチが個別アドバイスしてくれるので、確実に上達するのです。

初心者の女子ゴルファーの練習にもおすすめ

もちろん、ゴルフ女子にもおすすめ。

完全室内練習なので、日焼けの心配はいりません。

冬も寒くないので、安心してゴルフの練習に打ち込めます。

 

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフ練習方法
-,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.