ゴルフの打ち方

高い弾道と低い弾道を打ち分けるテクニック|アイアンとドライバー

更新日:

 

構えを変えるだけで高い球を打つ

ドライバーでもアイアンでも、球の高さを打ち分けられれば、ゴルフの質が変わるでしょう。

ドライバーの場合、ティーグラウンドの状況は毎回それほど違わないので、高低の打ち分けは比較的容易ですが、アイアンの場合、そうはいきません。

コースに行くと、高い球で止めたり、低い球で木の下を抜いたりと、いろいろなシチュエーションが求められますので、高低を打ち分ける技術があれば、スコアメイクがとても楽になります。

高い球を打とうとして、無理矢理すくい上げようとしたり、低い球を打とうと必要以上にフェースを閉じたりしますが、実はそんなことをする必要はありません。

左右の曲がりの打ち分けだけでなく、弾道の高さについても「動きは変えず、構え方を変えるだけ」というのがひとつのセオリーなのです。

高い球を打つなら、ボールを左に置き、少し離れて構え、ややハンドダウンにし、重心位置を真ん中か、ちょっと右くらいの感覚になるところにします。

ボールと重心が離れすぎると違和感があって動きを乱すので、ボールはわずか半個分ずらすだけで大丈夫です。

重心が右といってもほんの少しにとどめてください。

これで自然にアッパーブローになり、球は高く上がります。

室内練習場で高い球を打つ練習をする

室内練習場など、打席からネットまでの距離が15ヤード程度と距離がないロケーションの場合、球がネットに当たる位置がわかりますので、高い球を打つ練習に適しています。

前述の打ち方で高い弾道を打つので、ボールの当たる位置が通常より高くなるはずです。

ただ、あまり小細工はしないでください。

高く上げるということは、アブローチでいえばロブショットと同じです。

やることは、手首やヒジを使って、いつも以上のへッドのリリースを促してやることだけです。

高く上げようとして、すくい打つような動きにはしないことが大切です。

この打ち方ができれば、2番手分くらいは打ち出し角度を高くすることができるでしょう。

10メートル先のネットならば、1メートルくらい高い位置に当たることになります。

これができれば打ち上げホールのティショットでキャリーを伸ばすことができます。

 

低い球を打つ方法

高い球以上に、コースで使う機会が多くなるのがアイアンの低い球です。

前方の障害物を超える、または風の影響を軽減できるメリットがある上に、低い球を打つためにはコンパクトに振る必要があるため、インパクトのズレを少なくでき、その結果として打球のブレを小さく抑えることができるのです。

つまり、低い球が打てれば、ショットの精度が向上するのです。

アイアンの低い球は構えが重要

アドレスでは、ボールを1個ぶん右に置いてください。

そしてグリップを短く持ちます。

それによって自然にボールとカラダの間隔が狭まるので、スタンス幅も狭くしてアジャストします。

振り幅が小さくなるだけでも打ち出しは低くなりますが、さらに短く持つことで一層低い弾道になります。

さらにボールを右に置き、重心をちょっとだけ左にすることで、ヘッドの入り方が通常より鋭角になり、ロフト角は立ってインパクトするため、打ち出しが強く、そして低くなります。

ただし、ここで「へッドを上から入れる」意識は持たないことが必要です。

既に、この構えでにより、「上から入る」準備はできているので、あとは普通に振ればいいだけです。

それ以上の操作を無理に加えたり、ヘッドを上から入れる意識が強すぎると、上体が左に突っ込んだり、インパクトに必要以上の勢いが加わって、過剰にスピンがかかったフケ球になってしまうことがあります。

操作を加えるなら、単にコッキングを抑えるだけです。

手首の角度をホールドした感覚で打ってください。

フィニッシュでも左ヒジがたたまれずフォロ―スルーの途中で止まることになります。

ボールの位置で更に低い球を打つ

ボール1個右に置くことで打ち出しは1番手分低くなります。

10ヤード先でやはり1メートルくらいは低くなるでしょう。

もっと低く打ちたければ、ボールを2個半右にしてください。

これで3番手ぶんくらい低くすることができます。

コンパクトに振ったぶんキャリーは5〜10ヤード減るのが目安になりますが、5番くらいのロフト角であれば、低く強く出たぶんランが伸びて、トータルとしてはあまり変わらない飛距離になります。

ロフトの大きな番手を使った場合、上手くインパクトし、そしてフェ―スを起こすように使うと、低く出たとしてもスピンが強くかかるので、ブレーキがかかったように止まる球になります。

プロのブレーキがかかったようなアプローチは、この打ち方です。

左足体重をキープする

左右の足への体重配分は、打ちたい距離と出したい弾道の高さ、それにクラブなどによって変わりますが、概ね左足7割~6割、右足3割~4割といったところでしょう。

但し、かなり低い弾道を打つのであれば、もっと左足に体重をかける場合があります。

例えば、7番アイアンで強く低い球を打たなければいけない場合なら、極端な左足体重(左足9割)に構える必要があります。

同じ7番アイアンでも、少しだけ低めの球を距離を抑えて打ちたいのなら、左足6割、右足4割程度の配分になりますので、飛距離、高さ、強さなどを勘案して、体重の分配を確定してください。

フォローを長くする

低い球は打ち込むようにスイングにしてはいけません。

ダウンブローのように打ち込むようなスイングをしてしまうと、いつもと同じようなバックスピンが入ってしまうため、その揚力で球が浮き上がってしまいます。

低い球は、あくまで払い打つイメージが大切です。

アイアンで低い球を打たなければいけない場合は、低く長くフォローを出すようにスイングしてみてください。

軽く打つことで弾道を低くする

さらにシンプルな方法は「番手を上げて軽く打つ」というやり方です。

いつもなら7番アイアンの距離を6番アイアンでハーフスイングする打ち方で、アゲインストの風の場合、グリーン手前から転がしたい場合、OBがあり絶対に曲げたくないといったシチュエーションで有効な方法です。 

軽めに打つことによりバックスピンが減るので、フケ上がる球になりません。

さらに、ロフトの少ないので、弾道を低めに抑えることもできます。

この打ち方であれば、スイングを変える必要もありません。

また、ボールの位置や構え方なども変える必要がないので、よりシンプルに低いボールを打つことができ、プレッシャーもかかりません。

より慎重さを求められる場面であれば、グリップを短めに握ると、より効果的でしょう。

 

おすすめのゴルフ関連サイト

肩こり腰痛でお悩みの方へ【雲のやすらぎプレミアム】

テレビや雑誌で大絶賛!『浮いてるような感覚』で満足度度抜群の敷布団「雲のやすらぎ」です。
◆体圧分散の常識を覆した体圧拡散製法「クロスクラウド式」採用
◆凹凸加工のアルファマット採用で体圧を拡散し腰痛に効果的
◆厚さはなんと17cmと極厚ふんわりボリューム敷布団
◆最高級フランスロレーヌダウン仕様で冬は温かい
◆リバーシブルで春夏は通気性抜群
◆SEKマーク取得のマイティトップIIを採用で防ダニ・抗菌、防臭効果
◆安心の日本製

電話1本で査定完了の高価車買取【カーネクスト】

電話1本で査定完了。どんな車も高価買取カーネクスト

①来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能
②一括査定のような複数業者とのやりとりはなし
③どんな車も高価買取
④全国どこでも引取り・手続き無料
⑤還付金あり(※普通車のみ)



ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

-ゴルフの打ち方
-, ,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンのおすすめランキング , 2021 All Rights Reserved.