ゴルフの打ち方

ドライバーもアイアンもパターもスイートスポットで打つ|ミート率向上で飛距離アップ

更新日:

 

スイートスポットはどこにあるのか?

クラブへッドの形状や重量などによって、そのクラブの重心位置は異なってきますので、スイートスポットがどこにあるかは一概に言えません。

近年、大型ヘッドのドライバーややさしく打てるキャビティアイアンの登場で、ドライバーもアイアンもヘッドが大型化しているため、いずれもスイートスポットは、クラブフェースの中央よりややシャフ卜に近いヒール側に位置するといわれています。

正面から見たフェース面を4等分して、ネックの上側から時計回りに第1象限、第2象限、第3象限、第4象限と数えた場合、ボールが当たったときの振動が最も少なく、エネルギー効率が最大になり、最も飛ぶといわれるところは、中心から第4象限に入ったわずかにトウの上側にずれたところにあると考えてください。

よくゴルフ雑誌などでは、芯よりも飛ぶので「激芯」などと表現していますが、ここでボールをとらえたときが、最も抵抗感がなく、最大飛距離が出ることになります。

とはいえ、大型ヘッドでは、スイートスポットは1力所の点ではなく、ある程度の面積を持ったスイートエリアと呼ぶほうが正確でしよう。

アイアンの芯

芝の上のボールを打つアイアンは、ティーアップするドライバーと事情が異なってきます。

アイアンフェースの4分割面で見ても、スイートスポットの位置はほぼ同じで、第4象限、中心からややトウ側の上に位置していますが、クラブがボールより先に地面に当たった場合、たとえ同じポイントでボールをとらえるとしても、へッドはきちんと戻ってきていない状態でボールとフェースが衝突することになり、本来のショットは望めません。

また、フェースの高い位置でとらえればとらえるほど、芯から外れるので、ボールのキャリーは落ちます。

プロや上級者がよく口にする「嚙んだ」という表現は、これに相当します。

これを避けるための理想のヒットポイントは、それより下の中心寄りの部分ということになります。

いわゆる「スコアラインの2本目」くらいがベストなポイントです。

第3象限にある中心近くでとらえられれば、ボールにはドロー回転がかかります。

そして、第2象限だとフェード回転になります。

一般に「アイアンショットが上手い」と言われるショットメーカーは、中心線より内側やや下のスイートエリアでボールを叩き、ストレートに近いフェード系の球でピンを攻めていると思って間違いではありません。

このポイントでボールをとらえたほうが、コントロール性が高くミスの確率も少なく抑えることができるからです。

フェースの向き

とはいえ、これは、フェース面がボールとスクエアに当たった場合に限られます。

少しでも開いて当たったり、インパクトでフェースがかぶったときには、事情は一変します。

いわゆる、芯で打つという表現の中にも、さまざまなケースが考えられるわけです。

フルショットではもちろん、より遠くへ、より正確に飛ばすため、芯でボールをとらえることが最重要課題になります。

 

アプローチのスイートスポットとは

ー方、微妙なタッチが要求されるアプローチでは、芯の考え方も違ってきます。

すべてのショットを芯に当て、スピンの効いた球にする必要はありません。

むしろ、芯を外すことでボールをコントロールする場面の方が多いかもしれません。

例えば、深いラフから、ある程度の距離も必要なアプローチのケースでは、ヘッドのトウでソールするくらいのつもりでアドレスして、フェースの第3象限下側に当てることで、ボールを脱出させるテクニックが有効になります。

この状況でボールを芯でとらえようとしても、深いラフがフェースに絡まって、ボールのコントロールが難しくなりますし、芯に拘りすぎるとかえってミスショットになる場合があります。

球の勢いを殺したり、敢えてスピンをかけないなど、アプローチでは多彩なショットが求められます。

絶対、スイートスポットに当てる必要はないのです。

要はピンに寄ればいいのです。

 

パッティングの芯

パットにおいても、上級者ほど芯を外して打うクニックを駆使しています。

ここは絶対にショートしたくないという場面でわざとへッドのトウ側で打つプレーヤーが多いのは、へッドの外側で打つことによって遠心力が作用してボールの球足が通常より伸びるからです。

このケースで、ヒール寄りで打つ上級者はいません。

パターのスイートスポットで打てない原因

プロや上級者は、あえて芯を外すような打ち方をしますが、多くのアマチュアゴルファーは、そもそもパターの芯で打つことができません。

主な原因は「下半身が不安定であること」と「目線」です。

特に多いのは、下半身の弱さから足がふらついてしまい、グラグラすることで打点がばらついてしまう打ち方になっているパターンです。

松山英樹プロのパッティングをイメージしてみてください。

ドッシリとして安定感があります。

パターに関しては、土台である下半身がなにより重要です。

安定するスタンス幅は人それぞれですが、少しスタンスを広めにとり、ドッシリと構えることが理想ではないかと思います。

この安定感があれば、正しい目線も確保できます。

目線のミスは、ショートパットの時に起こりやすく、どうしても目線がカップに向いてしまうという、いわゆるヘッドアップ(ルックアップ)です。

目線をボールから切って、カップを見てしまうことで打点がズレてしまい、結果として芯に当たらなくなるのです。

カップが視界に入るショートパットでは、絶対に目線を動かさず、ボールを打った後も、ボールのあった位置を見続けること。

決して、頭を動かさないようにしてください。

安定した下半身に動かない視線があれば、身体がブレずに、打点が安定します。

するとストロークもスムーズになり、しっかりと芯で打つことができるようになります。

 

プロでも芯に当たらない

トッププロでも1ラウンドのうち、芯に当たる納得のいくショットは30〜40パーセント程度だと言います。

芯を食うショットが半分以下でも、それなりのスコアは出るものです。

ゴルフは完璧を求めるスポーツというよりは、最悪の事態だけは絶対に避けるという危機回避のスポーツです。

つまり、ある程度のミスは許容範囲ということです。

そう考えると、芯で打つ、芯を喰う。

そしてナイスショットを連発したいというのは、ゴルファーの自己満足にすぎません。

特に最近のクラブの進化は素晴らしいので、スイートスボッ卜を外しても、振り切ってさえいれば、ある程度は飛んでくれますし、方向性も悪くなりません。

結果として、ナイスショットと比べても、遜色ないショットになるのです。

「大体、あのあたりに行けばいいや」と思っていれば、芯を食わなくてもいいのです。

必ず芯でとらえなければいけないという固定観念にこだわりすぎて、力みすぎたり、納得のショットが打てないとストレスを溜めて、スイングを乱すことのほうが問題かもしれません。

 

芯を食わない理由と練習方法

プロでも芯を食わないというものの、やっぱりある程度はナイスショットがしたいですよね。

では、スイートスポットに当たるスイングの条件を考えてみましょう。

ゴルフは再現性のスポーツとも言われているので、アドレス時とインパクト時のフェイスが同じ位置に戻っているのが必須です。

これが再現性の意味です。

これは腕や脚の位置が同じということではなく、あくまでヘッドのフェイスが同じ向きや位置であると言うことです。

グリップエンドの位置を確認する

クラブヘッドの再現性を求めるときに確認すべきは「グリップエンド」です。

インパクト時に自分のへその延長線上にグリップエンドがきていれば、フェイスは適正な方向と位置にあるはずです。

グリップエンドがへそから外れないよう、手と体を同調させるのです。

但し、スイング中にクラブの向きを正確に確認するのは難しいので、簡易的にグリップエンドの穴にロングティを挿してみてください。

フェース面がどこを向いているかがわかりやすく、短い時間の練習でも再現性のレベルが確認できるはずです。

おすすめのゴルフサイト

ゴルフ場検索・予約サイト じゃらんゴルフ

一部上場企業のリクルートが運営する日本最大級のゴルフ場予約・検索サイトです。
日本全国のゴルフ場を日程、エリア、料金など様々な検索軸で探せます。
じゃらんゴルフ限定プランがある上に、予約人数全員が使える1000円オフクーポンもあるのでコンペの幹事さんに最適です。

ゴルフ買取アローズ

ゴルフ用品を売るならゴルフ買取アローズがおすすめ。ダンボールに詰めて自宅で待つだけで無料で集荷に来てくれます。送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料です。
【選ばれる10の理由】
1:業界最高クラスの高価買取 
2:コストカット分を買取査定額へ上乗せ 
3:商品の買取価格公開中 
4:買取専門スタッフによる厳密査定 
5:送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料 
6:カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント 
7:ご自宅まで集荷でらくらく宅配買取 
8:当日集荷、スピード対応 
9:スピード査定・即日入金をお約束 
10:キャンセル可能

スコアコミット型ゴルフスクール【RIZAPゴルフ】

「ライザップゴルフ」は「結果にコミットする完全個室パーソナルトレーニングジム」の展開で一躍有名になった、ライザップがプロデュースするスコアアップにコミットすることに特化したゴルフスクールです。 大好評により店舗も拡大中です。
専属プロコーチがマンツーマンで最適なレッスンメニューを構築。専属トレーナーが1人1人に合わせたカリキュラムで指導します。
「スライスが治らず悩んでいる方」「100の壁にぶつかっている方」「ゴルフを始めたいが何をすればいいのかわからない方」「短期間で結果を出したい方」「ショートゲーム技術を磨き短期間で飛躍的にスコアアップしたい方」に最適です。
オンラインでもサポートも充実!返金保証付きです。

-ゴルフの打ち方
-, ,

Copyright© 飛ぶドライバーとアイアンの選び方 , 2020 All Rights Reserved.